9/12-13 この旅2回目のロシアを行く

9/12 「さぁ、ほんの数日だけどまたロシアを走るぜ!!」と、Kosh-Agachという町の宿を鼻息をフガフガさせながら出発したわずか10秒後、最初の右コーナーでリアタイヤがズルッ!と滑った。リカバーして「石かオイルか踏んだかな!?」と思い再び寝かせたところ、今度はズルズルッ!!となった。「こりゃパンクっぽいなぁ。。」と路肩に停めてタイヤを見ると、手で押せるほど柔らかくなっていた。どこかで必ずパンクに遭うと思っていた日が来たのだ。すぐ横の開店前のお店のベンチに荷物を全部置いて、予備チューブとの交換作業を行う。

原因は、小さな小さな針が刺さってた。

外国人が何かやってるよ!と子供達が集まってきたので、携帯用の小型ポンプゆえ100回以上は押さねばならない最後の空気入れ作業を手伝ってもらった。スパシーバ!(ありがとうのロシア語)

ちょっと一息つきたいな、とも思っていたので、この日はアンラッキーデーなのだ!と割り切り、同じ宿に戻ることに決めた。この宿にはキッチンがあるので自炊をしていると、昨日は普通だった宿のおかみさんが入ってくるが、目が明らかにイッちゃってるので、危険を感じて追っ払う。そういえば昨晩、女性の鳴き声やわめき声がうるさく、どの客だ!?と思っていたが、オーナーじゃん。。

その後エディというイギリスからやって来たライダーが泊まりたいと入ってきたので、「おかみさんヤバイよ」と忠告してあげた。モンゴルからロシアを抜けて日本へ行く彼と、互いに来た道の情報交換をガッツリした。また、エディは俺が昨日モンゴル国境を抜けてすぐに会った、俺と同じTT-Rに乗るイギリス人のダニエルとキルギスで会っており、連絡先を知りたがっていたので教えてあげた。「ライダーはみんな家族みたいなもんだな!!」と笑った。

9/13の朝、おかみさんは普通だった。。躁鬱病か何かかな?

Biyskという町まで来る山間部のルートには雪が積もっており、走ってる最中にも雪が降った。もう少し遅かったら通れなかったかもしれない、ラッキーだ。

雪ゾーンを抜けた後寒さでヘコんでいたガススタで、給油している牛(給水だけど)を見て、笑わせてもらった。

あと、こんなのにも。

早ければ明後日にはカザフスタンに入ります!

9/12-13 この旅2回目のロシアを行く」への7件のフィードバック

  1. 子供たちとのふれあいはうれしいね! あんなごっついタイヤでもパンクするんだね。 びっくり! ( ゚Д゚) 道中さらに気をつけて。 これからは寒さとの戦いだね。 気をつけて! \(^o^)/

    いいね: 1人

  2. ダブル・サイドスタンドのメンテナンス貢献度、絶大だね~
    環境を考えると、1ヶ月目にして初めてのパンクは運がいいかもね♪
    アウターの方の磨耗度はどうですか?

    いいね: 1人

    • 右側にセットするつっかえ棒、地面が柔らかいと効かないんですが重宝してます!初パンクは遅かった方かなと自分でも思ってます。リアタイヤのセンターだけ減りが超早く、もうスリップサイン一歩手前です。。来週半ばには着く予定のアルマトイって町にFREERIDERって何でも売ってるデカいバイクショップがあるそうなので、そこでヨーロッパのライダーが履きまくってる、ハイデナウのセンターブロックがつながってるロングツーリング向けタイヤに交換しようと目論んでいます!

      いいね

  3. >佐藤建一さん
    一度投稿を消した関係で、佐藤さんのコメントも消えてしまいました。せっかく頂いたのに申し訳ありません!
    葉っぱだったかもです、次の日は普通でした笑 パンクはつきものですが、精神的な負担は日本よりも大きいですね、知らない国で全財産と言える大荷物を路上に置きっぱなしで気にしながらの作業は。雪気を付けます!

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中