05-15 March @Benin days #3 Japanese language school

ベナンに関して事前に唯一知っていたこと、それは『ゾマホン』という四文字だけだった。

1998年〜2002年の間やっていたTBSのテレビ番組、『ここがヘンだよ日本人』を見たことがあれば知らない人はいないと思われる。艶やかな民族衣装を身に纏い、他の外国人出演者よりワンランク上の深く鋭い発言をして、討論が激しくなると誰よりもヒートアップ!早口で叫んで何を言ってるのかわからなくなり、反対派に対して「黙れーーっ!!!」と絶叫したりと、その強烈なキャラに笑わせてもらったものだ。

正直、「おもしろい変なアフリカ人」という印象しかなかったので、ベナンに来てからネットで彼のことを調べてすごく驚いた、、!貧しい家庭に育ちながらも勉強を頑張り、ベナン初の国費留学生として日本へやって来ていて、TVタレントとしてもブレイクを果たし、最近では駐日ベナン特命全権大使、大統領特別顧問などを務めていた。また、私費でベナンに学校を建てたり医療機関への援助をしていて、国際青年会議所の『世界最優秀青年賞』や、ベナンの国民栄誉賞を受賞していた。そして何よりも驚いたのが、日本とベナン間に正式な国交が樹立されたのはゾマホンさんの活躍のおかげだそうな!つまり、国家を動かす力を持った、偉大なお方だったのだ。

普段は日本にいるらしい(ビートたけしの付き人も務めている笑)ので、本人には会えないとしても彼が建てた「たけし日本語学校」は見に行きたいと思っていたところ、首都コトヌーにある『Daruma』という日本食レストランにて学校の先生とばったり出会い、明日お邪魔します!と伝えた。

10 March 午前中は水上集落ガンビエへ行って(内容は前回の投稿を参照)参照)、午後に学校を訪問する。

表札は、ゾマホン/象真翻

所ジョージさんが寄付した車は、やっぱりアメ車!DODGE

日本語の習得に励む彼らにとっては自分の話を聞くことも良い勉強になるということで、ありがたいことに先生役になり自分の旅や考えについて話し、また彼らからもベナンについて教えてもらい、3時間ぐらい交流する時間を持てた。

中でも印象的だった生徒の話は、ベナンの大学では教師によるストライキがよく起こり、その期間が半年以上となるとその一年間は無かったことになってしまうそうだ、、つまりはまた同じ学年のやり直しで、学費も、時間も、まるまる無駄に、、、!!あと数日ストが続くとそうなってしまう生徒もいた、なんてかわいそうなんだ。。。後で調べてみると、大学に限らず公務員業界全般でストが多発しているとのことで、この国が抱える大きな問題だった。

アフリカの若者たちはイカツく見えるけど、話すと真面目な人が多いという印象だ。彼らもとても礼儀正しく、おとなしく、熱心に話を聞いてくれた。そんな彼らが目指している明るい未来が、ストによって左右されない日が来ることを強く願った。

そして何と、ゾマホンさんがちょうど今ベナンに来ているという!数日は生まれ故郷の町に行っているが、戻ってきたら学校に来るから会えるかも??とのことなので、ベナン滞在最終日にダメもとでもう一度学校を訪ねると、ちょうど帰ってくる日だという。そしてしばらく待っていると、、、会えたー!!!

奥さんのポンヌさんにも会えたー!何と東大の教授で日本語ペラペラ、ゾマホンさん以上にベナンにいないレアキャラらしい。幼くして親を亡くし、生前に教えてもらっていた料理を自分で作って売り歩き、学費を稼いで学校へ通ったというスーパー努力家だ。そこから東大教授にまで登りつめ、夫は外交官、、、!ちょっとスゴすぎるけど、この二人の存在は生徒たちにとっての最大のお手本ではないだろうか。

ゾマホンさんの甥っ子も登場!一番右

こうした機会を与えてくれた石田先生(右から二人目)、本当にありがとうございました!!

翌14日、ベナンと日本がより良い友好関係で結ばれることを祈りつつ、この国に別れを告げてナイジェリアへ向かった。

Keep on Rolling.

05-15 March @Benin days #2 Sightseeing

09 March Cotonou(コトヌー)から40kmほど西にあるOuidah(ウィダ)という町を訪ねた。
ブードゥー教の聖地であり、また奴隷貿易に関する史跡が数多く残る町。奴隷貿易が行われていた時代はベナンを始め、南サハラからの多くの奴隷がこのウィダから船に乗せられ、北アメリカやカリブ諸島、ブラジルなどに連れていかれたという。この説明は、ベナンのNPO法人IFEのウェブサイトより拝借。より詳しく知りたい方は、下記サイトをご参照!

http://npo-ife.jp/benin/guide/highlight/ouidah.html

写真を載せる。

ブードゥー教の神々の像、皆ヘンテコな姿をしている。

かつて奴隷達が船積みされ場所に建てられたモニュメント。二度とアフリカへと帰って来られない、彼らにとって最後の旅。

奴隷たちがヨーロッパの品々と交換で買われていたという広場。大きな木陰がまるで悲しい歴史を優しく包み込むかのように広がっていた。

町の見所であるこれらの場所よりも、一番思い出に残ったのは、昼間の暑さから逃れるためにビールを飲んだBarだった。

「アフリカよ、平和、愛、団結に生きよ」

こじんまりとした簡素な建物だがそれがにとても居心地良く、オープンエアな空間にBob Marleyが流れる。静かで優しくのんびりとした時間とレゲエの組み合わせは最高で、ここでの昼寝は超気持ちいい至福の一時だった。

10 March コトヌーの北のノコウエ湖にある、水上集落Ganvie(ガンビエ)へ。以下の説明は、またIFEより拝借。

アイゾ人という民族が集落を形成し、なんと人口は4万5千人という!1717年頃から、奴隷になるのを恐れて湖上に住み始めたらしい。多くの人は漁で生計を立てている。家はもちろん、学校、病院、警察、銀行も全て水上で、アフリカのべネツィアとも言われている。

ファンキー野郎がガイド!

ちびっ子は水に落っこちないか心配だ、、!

サンタ帽が特徴的な漁師少年、船の上に小さ〜い魚がとれてる

↑ 陸へと向かうガソリン調達船、黄色いのは全てガソリンを入れるポリタンク

↑ こちらは地下水を配布する給水所、真ん中の青い服を着たオジさんが右手にホースを持ち水を入れてる

羊も水上生活

モスクもある

美容院だって。こちらは女性用

そして男性用

手作りの帆が付いてる船も

べネツィアは島のようなスケールの海上都市だが、こちらガンビエは建物単位で水上に浮かぶその名の通り水上集落で、がぜんワイルドだ。似てはいないが、どこを写真に撮っても絵になると思わせる点は共通しており、満足度大でした!

Keep on Rolling.

Burkina Faso’s Big memories #1

21 February Mali最後の町となった、Sikassoの一角の様子。変なオブジェ!笑

市場から裏路地、そしてまた市場へ。

お次は、Burkina Faso(ブルキナファソ)という聞き慣れない名前の国へ。ここの税関の流れが何だかとても面倒で、国境から先3ヵ所で停まりバイクの登録をして、うち1ヵ所にて書類を発行してもらい、登録料5000CFA(約1000円)支払った。 そこにすごくピカピカでアフリカらしからぬ、しかしアフリカツインが停まってた笑

しかし、町中でこんないいバイクに乗ってる人など誰もいない。大体みんなスクータータイプに乗っていて、こんな風にデカいガスタンクをワイルドに積んだりするからちょっと怖い。。

この日はBobo-Dioulassoという町に泊まる。Maliと比べて店や道が整っている印象で、少しだけ発展しているように感じる。しかし、そのせいか安宿探しに苦戦し、4〜5軒訪ねるもなかなか予算に合う宿が見つからない。郊外を突っ走っている時はまだ平気なのだが、混み合う町中でストップ&ゴーを繰り返し、バイクウェアフル装備で乗ったり降りたり訪ねたりの動きを繰り返すと暑くてしんどい。辛くなってきたところで、レストランの店員さんがミッションカトリック = 教会なら安いぞ!と教えてくれて、そこを見つけて泊まった。教会内といっても宿泊棟は独立していて完全に普通の宿で、ツインベッド.トイレ&シャワー付き.朝食付きで7000CFA(約1400円)と相場より断然お得、以降この国ではミッションカトリックばかりにお世話になった。

ベッドの上に浮かぶ白いのは蚊帳で、マラリア対策。『Lalium(ラリアム)』ってマラリア予防薬も飲んでいる。

当初のプランでは、Burkina Fasoを通る予定は無かったのだが、2月下旬から3月上旬にDedougouという町にて、西アフリカの6つの国(ブルキナファソ、コートジボワール、セネガル、トーゴ、ベナン、マリ)3000以上のマスクが集結する、2年に一回のフェスティバルがあると教わり、ぜひ観たい!!と思ってやって来た。つまり、マスクフェス『Festima』(Festival International des Masques et des Arts de Dédougou)のためにこの国へ来たのだ。

24日が初日でセレモニー的内容が多く、25日から本格的なマスク&ダンスが始まった。この日は自分の誕生日で、とても楽しく思い出に残る記念となった。生意気にもMCの横で、PAセットの上に座って楽しむ。

このマスクはマリのドゴン族、本来ならば高いツアー代を払って現地に行かねば観れず、しかしそれ以上に今はマリ北部の治安悪化によって彼らの村へ行くこと自体難しいので、観れてラッキーだった!

以下はどの部族のマスクかはわからないけど、いずれも見応えありだった。

夜まで続く。

誇らしげに観客を椅子がわりにして座るマスク。座られたオジサン喜ぶ!

11日間続くお祭りだけど、2日間で大満足できました!!

Keep on Rolling,

Made Tokyo – Dakar

07 February セネガルに入り、正確にはモーリタニアの後半からそうだったが、砂漠のような乾燥帯から緑の多いサバナ気候に。道行くバイクが多いのは、ガソリンが確実に売っている証拠で安心する。人々の服装は自由きまま、「ダッラー」という民族衣装だらけで保守的な雰囲気のモーリタニアと違い、セネガルはなんとなく開放的な気分にさせてくれた。実際、モハメド・アリ攻撃(前回参照)から開放されたんだけど笑

貧しそうな子供の姿やゴミ集積所から物を拾う人々も目にして、経済的な厳しさも感じる。

Richardと合流を約束していたキャンプ場「Zebra Bar」を目指す。シーサイドの気持ちのよい広いキャンプ場で、文字通りBarもあり、(モーリタニアは基本酒がNGで探せば見つかるがビール一缶で6〜7ユーロと高い)前日のガススタ横の空き地でキャンプから一転、何とも快適でRichardと一緒にモーリタニアの出来事を肴に酒を浴びた!

ここで、カッコいいランクルで犬と旅をするドイツ人のMike(マイク)とも親しくなった。

ナンバープレートの下に、「I’m not lost , just playing Geocaching」と書かれていたので気になって尋ねると、『Geocaching(ジオキャッシング)』

は世界規模で行われ、誰でもプレイヤーになれる宝探しゲームだという。宝といっても高価な品では無い、過去の発見者が残していったおもちゃ的な物で、見つけた宝箱(小さなプラスチックボックス)から気に入ったアイテムを一つ取り、新たに一つ入れる、物々交換スタイルだ。そしてなんと、「どうやらここにも一つ隠されているみたいなんだ」と言うではないか!おもしろそうだ、探そう!

公式サイト https://www.geocaching.com/ から隠し場所のGPSログを入手し、その周辺を探すがなかなか見つからない。俺はこのトラックのガレージを調べた。

ん?

なんだこのG袋??

トラック関係の物じゃなさそうだ、、、!

見つけたー!!!

発見者は中に入っているメモ帳に日付と名前とコメントを書き、物々交換をして元の場所に戻す。どこかの国の誰かが入れたアクセサリーを選び、代わりに自分のステッカー(あげられる物がこれぐらいしかなかった、、)を入れた、裏に軽いメッセージを添えて。

いずれまたどこかの国の誰かが見つけるだろう。日本にもタップリ隠されているらしいので、皆さんの家の近くにもあるかも。

08 February とても居心地が良かったZebraBarだったが早く先に進みたい気持ちの方が勝り、一泊だけして首都のDakar(ダカール)を目指した。

ひと休みしてるところに移動販売のアイス屋さんが通りかかったので、喉も乾いてたし食べる。近くにいた子供たちもほしそうな目でみていたので、買ってあげた。

途中までは心地よい田舎道を快調に飛ばせたが、Dakarに近づくにつれて渋滞が激しくなり、50kmほど手前からは酷く、トラックの多さが西アフリカ屈指の大都市で商業の中心地であることを実感させる。これで想定外に遅くなり、日が落ちてから突入したDakar中心部での運転は、久々に怖さを感じた、、車とバイクが、多い、近い、速い!特に流れが混ざり、交差するロータリーに突っ込んでいく時は一回一回が勝負!!って気分に。道中、ダカールでバスに突っ込まれて大ケガしたドイツ人ライダーの話を聞いたが、なるほどこれなら納得だ。

そんなスリルをスリぬけてたどり着いたのは、日本人の原田さん夫妻と小林さんが経営する『和心-Wagokoro-』という名の日本食レストラン&宿、モンゴル以来5ヶ月ぶりに日本人が作る美味しい日本食を食べることができた!!

日本家屋を感じさせる内装、大人数で囲める掘りごたつ席もあり、宿泊者は全員が日本人と、まるで日本にいるような気分だった。

宿の近くには一食100円ほどの屋台もあり、ここもお世話になった。

09 February パリ·ダカールラリーのゴール地点、ピンク色の湖『Lac Rose』(ラック·ローズ)へ。

Made Tokyo – Dakar

そして鳥取から日本を出たので、パリ·ダカならぬトリ·ダカできた!

12 February 日本に戻ったような日々を過ごした和心を出発。Dakarを出る前に、港の税関に行ってバイクの滞在期間の延長手続きをした。入国ボーダーでは5日間分の走行許可しかもらえない不親切なシステムなのだ。6日目になってしまっているがまぁ問題ないだろう。この手続きも本当に必要なのか?ほんとにどっかで確認されるのか??と思うも、正しい書類でもお金目当てでイチャモンをつけてくることがあるのがアフリカだから、念のためやっておかなくては。中に入ってもどこで何をするかわからないので、声をかけてきた俺みたいなのを手続って稼ぐ人に1000円ほど支払い、力を借りた。それでも一時間ぐらいかかったので、自力でやろうとしたらどのぐらいかかったのだろう。

Dakar からMali(マリ)に向かって、内陸に進んで東へ走ると急激に気温が上がり、がぜん暑くなった!また、土や藁などの天然素材のみで造られた、おそらく何千年も変わってないであろうシンプルな家々も登場。

電気もガスも水道も通ってなく、燃料は薪や炭で、水は井戸から汲んでいる。

デカい蟻塚も発見!

国境では、バイクの税関書類チェックは無かった。。ますますアフリカらしくなってきたな!

Keep on Rolling.

How is Mauritania?

**基本的に宿のwifiでブログをアップしてますが、西アフリカを進むに従ってどんどん通信速度が遅くなり、今は自分が貼り付けた写真も表示されないレベルに。。というわけで、情けないことにどの写真をどこに入れたらいいかわからなくなってしまった状態なので、今回はいつものように写真を文章に織り交ぜず、最後にまとめて載っけます。字面が多くてスンマセンッ!!見れるようになったら、然るべき位置に差し込んだり、キャプション付けたりしたいと思います。***

03 February 何一つ知らない国Mauritania(モーリタニア)に入り、変な言い方だけど「おおっ!いよいよマジなアフリカが始まった!!」と感じた。それほど印象が変わった。最初の町Nouadhibou(ヌアディブ)の景色を見て頭に浮かんだ言葉は、カオス!道端に溢れかえる人々、失礼だがボロボロに見える建物たち、灯りが無く暗い町、そこら中に落ちているゴミとその臭い、それをあさるヤギたち、馬やロバもそこら中にたくさん、信号もロータリーも無い大きな交差点、などなどなど。車も人も自分のことしか頭に無いような動きをするので、いつも以上に気を引き締めながら砂だらけの町を走る。

人々は素朴で穏やか、いい意味でマイペースだ。やたらと話しかけてきたり、からかってきたり、押し売りしてくる人はおらず、食事や買い物でぼったくられることもなく、危険な目にあったり不快な思いをすることはなかった。見た目は荒れてる町だけど。

ただ、ほとんどがディーゼル車でバイクなど滅多に見ない国ゆえ、ガソリンの入手が難しい。ちなみにフランス語圏のアフリカ諸国では、ガソリンはEssence(エッセンス)、ディーゼルはGas-oil(ガスオイル)と呼ぶ。ウズベキスタン以来のサブタンク(といってもただのペットボトルたち)も準備し、ここで満タンにして600km近く無給油でも走れる状態にした。

04 February 首都のNouakchott(ヌアクショット)へ。泊まった宿Auberge Menataは屋上にモンゴルのゲルより大きなテントがあり、部屋よりは安く泊まれる(一泊3,000MRO=約900円)のでそこへ入ると、教師をリタイヤした旅好きな斎藤さんと、イギリスからSUZUKIのDR350でやって来たライダーのRichardに出会った。翌日には斎藤さんと入れ替わりで、自分より一つ年下の雄大(ゆうだい)がやってきた。まさかモーリタニアでこんなに共通点のある人達に会えるとは思わなかった!

05 February 次の国Senegal(ビザ不要)の次に行く国、Maliの大使館に午前中に行って申請すると午後には発行してくれて7,500MRO=約2,300円、Senegalで取るより約半額とお得だった!

06 February 同じくセネガルへ向かうRichardと一緒に、国境へと向かった。メインロードが走るRosso国境は金が欲しい人々がわんさか群がってくることで悪評高いので、マイナーなDiama国境の方を目指す。道中の景色や町や道はアフリカが存分に感じられて、すごく楽しかった!

RossoとDiamaの分岐点を過ぎた後の、国境まで約150kmほどのポリスチェックで、旅の経験値が試される出来事が起こった。

この時点で17時前だった。ポリスは、「国境は18時で閉まるから今日は間に合わない、途中で泊まって明日行け」と言う。それは納得した。そしてポリスの親友で、モハメド・アリ(笑)と名乗る男が、「2km先にキャンプできる場所がある。安全でタダだ、案内しよう」と言ってきて、ポリスもそれがベストだという。俺はポリスも含めて簡単には信用しないが、この先国境まで町らしい町は無くキャンプするのは確定なので、とりあえず場所を見て判断することにした。

そこは道路から少し入った広い空き地で、良くも悪くも無い印象。アリは、「疲れてるし腹も減ってるだろう。今日は家でキャメルミート = ラクダ肉のスペシャル·クスクス(クスクスは西アフリカの伝統料理)を作ってるから、食べたかったらここに持ってこようか?」と言い、Richardは大喜び!しかし依然として警戒している俺は断った。さらに、「セネガルから先のバイクの保険には加入しているのか?もし無いならセネガルには入れないし、国境では保険は買えないぞ?」と言ってきた。セネガルから先のアフリカ各国を広くカバーする『ブラウンカード』なる保険があることは知っていたので、それかと尋ねるとそうだと言う。しかし国境で買えないのはおかしい。じゃあどこで買えるんだと聞くと、アリが保険を発行できるという。金額は、1ヶ月間有効が75ユーロで、3ヶ月間有効が150ユーロ。ヨーロッパのグリーンカードよりは安いが、アフリカの保険にしては高い気がする。初対面のコイツの話をいきなり信用できないし、国境の手前で向こうから近づいてきて手を差し伸べてくる輩は金目当てが多いという経験則があったから、俺は保険を買わなかった。Richardはアリの話=「ここで保険を買わないで国境へ行ってもセネガルには入れないから、結局またここへ保険を買いに帰ってくることになって、往復300km無駄に走ることになるんだよ!?」を信じて1ヶ月分買った。手持ちが無かったため、明日銀行へ金を下ろすためだけに往復80kmほど違う方向へ走ることになるのだが、それでも300kmの無駄走りをするよりは全然マシという本人の判断だった。

しかし!俺が「ヤツは怪しい!」という見解を崩さなかったことにRichardも感化され、気が変わり、アリから逃げることにした笑 当初のキャンプ予定地から100kmほど進んだ小さな村でRichardのバイクがバッテリーあがりでストップ、仕方なくここで寝る場所を探していると、保険証券を持って追いかけてきたアリに捕まった笑 ヤツが怖い顔して「お前の友達はどこにいる!?」って来た時は、あちゃ〜って感じだった。。

そして翌朝。俺は保険は国境で買えるはず、しかももっと安く!と信じて国境へ直行、Richardはまずアリに払う金を下ろしに国境とは違う方向にある銀行へ。少しだけ同じ道を一緒に走り、ちょうど俺たちが別れるポイントにポリスチェックがあった。

ポ「どこへ行くんだ?」

俺「Diama国境だ」

R「銀行だ」

そして俺たちがそれぞれ違う方向へ走り出すと、ポリスはすぐに誰かに電話で報告を入れた。たぶんアリだろう。不当と思われる金額の支払いから逃げるため、Richardも一緒にDiamaへ行こうとしても、ポリスは彼を通さなかっただろう。事実、俺が単独で通過した次のポリスチェックでの会話は、こうだった。

ポ「お前の友達はどこだ?」

俺「銀行へ行っている」

ポ「OK」

そして。国境にてあっさりと保険は買えて、しかも金額は3ヶ月で40ユーロだった!(アリの金額は1ヶ月が75ユーロ)

幾多の国境を越える中で培った経験値が、アリのボッタクリから俺を守ったのだ。嬉しかった!

次に小さな建物に入り出国スタンプをもらう。係員が処理手続き費として4700MRO(約¥1400)を請求、払わないとパスポートが戻ってこないので仕方なく払う。しかしどうも引っかかる。外に出て先ほど保険を買った男を探して伝えると、やはり必要のないお金だった!よし、取り返す!建物に戻る、俺の血相を見た係員が目を丸めている。そしてあえて一言も発せず、代わりに本気で怒っている表情と、金返せこの野郎!!というジェスチャーのみ彼にぶっつけた。このサイレント作戦がうまく成功し、お金は戻ってきた!

セネガル入国時にかかった費用は下記の通り。

①セネガル川を渡る橋の通行料 : 4000CFA(約¥800)

②自身の入国手続き : 2500CFA(約¥500)

③バイクの持ち込み手続き : 6500CFA(約¥1300)

うち、レシートをもらったのは①だけだったが、②も③もモーリタニア側で保険男が教えてくれた金額の通りだったので、おそらく賄賂ではないと考えて支払った。アフリカの国境越えはこの先も何かしら起こりそうだが、そのぶんクリア後の達成感が強そうだ!

Keep on Rolling.