How is Mauritania?

**基本的に宿のwifiでブログをアップしてますが、西アフリカを進むに従ってどんどん通信速度が遅くなり、今は自分が貼り付けた写真も表示されないレベルに。。というわけで、情けないことにどの写真をどこに入れたらいいかわからなくなってしまった状態なので、今回はいつものように写真を文章に織り交ぜず、最後にまとめて載っけます。字面が多くてスンマセンッ!!見れるようになったら、然るべき位置に差し込んだり、キャプション付けたりしたいと思います。***

03 February 何一つ知らない国Mauritania(モーリタニア)に入り、変な言い方だけど「おおっ!いよいよマジなアフリカが始まった!!」と感じた。それほど印象が変わった。最初の町Nouadhibou(ヌアディブ)の景色を見て頭に浮かんだ言葉は、カオス!道端に溢れかえる人々、失礼だがボロボロに見える建物たち、灯りが無く暗い町、そこら中に落ちているゴミとその臭い、それをあさるヤギたち、馬やロバもそこら中にたくさん、信号もロータリーも無い大きな交差点、などなどなど。車も人も自分のことしか頭に無いような動きをするので、いつも以上に気を引き締めながら砂だらけの町を走る。

人々は素朴で穏やか、いい意味でマイペースだ。やたらと話しかけてきたり、からかってきたり、押し売りしてくる人はおらず、食事や買い物でぼったくられることもなく、危険な目にあったり不快な思いをすることはなかった。見た目は荒れてる町だけど。

ただ、ほとんどがディーゼル車でバイクなど滅多に見ない国ゆえ、ガソリンの入手が難しい。ちなみにフランス語圏のアフリカ諸国では、ガソリンはEssence(エッセンス)、ディーゼルはGas-oil(ガスオイル)と呼ぶ。ウズベキスタン以来のサブタンク(といってもただのペットボトルたち)も準備し、ここで満タンにして600km近く無給油でも走れる状態にした。

04 February 首都のNouakchott(ヌアクショット)へ。泊まった宿Auberge Menataは屋上にモンゴルのゲルより大きなテントがあり、部屋よりは安く泊まれる(一泊3,000MRO=約900円)のでそこへ入ると、教師をリタイヤした旅好きな斎藤さんと、イギリスからSUZUKIのDR350でやって来たライダーのRichardに出会った。翌日には斎藤さんと入れ替わりで、自分より一つ年下の雄大(ゆうだい)がやってきた。まさかモーリタニアでこんなに共通点のある人達に会えるとは思わなかった!

05 February 次の国Senegal(ビザ不要)の次に行く国、Maliの大使館に午前中に行って申請すると午後には発行してくれて7,500MRO=約2,300円、Senegalで取るより約半額とお得だった!

06 February 同じくセネガルへ向かうRichardと一緒に、国境へと向かった。メインロードが走るRosso国境は金が欲しい人々がわんさか群がってくることで悪評高いので、マイナーなDiama国境の方を目指す。道中の景色や町や道はアフリカが存分に感じられて、すごく楽しかった!

RossoとDiamaの分岐点を過ぎた後の、国境まで約150kmほどのポリスチェックで、旅の経験値が試される出来事が起こった。

この時点で17時前だった。ポリスは、「国境は18時で閉まるから今日は間に合わない、途中で泊まって明日行け」と言う。それは納得した。そしてポリスの親友で、モハメド・アリ(笑)と名乗る男が、「2km先にキャンプできる場所がある。安全でタダだ、案内しよう」と言ってきて、ポリスもそれがベストだという。俺はポリスも含めて簡単には信用しないが、この先国境まで町らしい町は無くキャンプするのは確定なので、とりあえず場所を見て判断することにした。

そこは道路から少し入った広い空き地で、良くも悪くも無い印象。アリは、「疲れてるし腹も減ってるだろう。今日は家でキャメルミート = ラクダ肉のスペシャル·クスクス(クスクスは西アフリカの伝統料理)を作ってるから、食べたかったらここに持ってこようか?」と言い、Richardは大喜び!しかし依然として警戒している俺は断った。さらに、「セネガルから先のバイクの保険には加入しているのか?もし無いならセネガルには入れないし、国境では保険は買えないぞ?」と言ってきた。セネガルから先のアフリカ各国を広くカバーする『ブラウンカード』なる保険があることは知っていたので、それかと尋ねるとそうだと言う。しかし国境で買えないのはおかしい。じゃあどこで買えるんだと聞くと、アリが保険を発行できるという。金額は、1ヶ月間有効が75ユーロで、3ヶ月間有効が150ユーロ。ヨーロッパのグリーンカードよりは安いが、アフリカの保険にしては高い気がする。初対面のコイツの話をいきなり信用できないし、国境の手前で向こうから近づいてきて手を差し伸べてくる輩は金目当てが多いという経験則があったから、俺は保険を買わなかった。Richardはアリの話=「ここで保険を買わないで国境へ行ってもセネガルには入れないから、結局またここへ保険を買いに帰ってくることになって、往復300km無駄に走ることになるんだよ!?」を信じて1ヶ月分買った。手持ちが無かったため、明日銀行へ金を下ろすためだけに往復80kmほど違う方向へ走ることになるのだが、それでも300kmの無駄走りをするよりは全然マシという本人の判断だった。

しかし!俺が「ヤツは怪しい!」という見解を崩さなかったことにRichardも感化され、気が変わり、アリから逃げることにした笑 当初のキャンプ予定地から100kmほど進んだ小さな村でRichardのバイクがバッテリーあがりでストップ、仕方なくここで寝る場所を探していると、保険証券を持って追いかけてきたアリに捕まった笑 ヤツが怖い顔して「お前の友達はどこにいる!?」って来た時は、あちゃ〜って感じだった。。

そして翌朝。俺は保険は国境で買えるはず、しかももっと安く!と信じて国境へ直行、Richardはまずアリに払う金を下ろしに国境とは違う方向にある銀行へ。少しだけ同じ道を一緒に走り、ちょうど俺たちが別れるポイントにポリスチェックがあった。

ポ「どこへ行くんだ?」

俺「Diama国境だ」

R「銀行だ」

そして俺たちがそれぞれ違う方向へ走り出すと、ポリスはすぐに誰かに電話で報告を入れた。たぶんアリだろう。不当と思われる金額の支払いから逃げるため、Richardも一緒にDiamaへ行こうとしても、ポリスは彼を通さなかっただろう。事実、俺が単独で通過した次のポリスチェックでの会話は、こうだった。

ポ「お前の友達はどこだ?」

俺「銀行へ行っている」

ポ「OK」

そして。国境にてあっさりと保険は買えて、しかも金額は3ヶ月で40ユーロだった!(アリの金額は1ヶ月が75ユーロ)

幾多の国境を越える中で培った経験値が、アリのボッタクリから俺を守ったのだ。嬉しかった!

次に小さな建物に入り出国スタンプをもらう。係員が処理手続き費として4700MRO(約¥1400)を請求、払わないとパスポートが戻ってこないので仕方なく払う。しかしどうも引っかかる。外に出て先ほど保険を買った男を探して伝えると、やはり必要のないお金だった!よし、取り返す!建物に戻る、俺の血相を見た係員が目を丸めている。そしてあえて一言も発せず、代わりに本気で怒っている表情と、金返せこの野郎!!というジェスチャーのみ彼にぶっつけた。このサイレント作戦がうまく成功し、お金は戻ってきた!

セネガル入国時にかかった費用は下記の通り。

①セネガル川を渡る橋の通行料 : 4000CFA(約¥800)

②自身の入国手続き : 2500CFA(約¥500)

③バイクの持ち込み手続き : 6500CFA(約¥1300)

うち、レシートをもらったのは①だけだったが、②も③もモーリタニア側で保険男が教えてくれた金額の通りだったので、おそらく賄賂ではないと考えて支払った。アフリカの国境越えはこの先も何かしら起こりそうだが、そのぶんクリア後の達成感が強そうだ!

Keep on Rolling.

Getting older? I wanna think it’s growing up!

25 February was my 36th birthday, I was so excited big mask festival “FESTIMA” in Burkina Faso!

出発前に立てたスケジュールだとBenin(ベナン)という国にいる予定だった2月25日は、ほど近いBurkina Faso(ブルキナファソ)にて迎えました。ちょうどその時期やっていた、2年に一度の大きなマスク祭り”FESTIMA”とともに。いい思い出です!

Western Sahara to Mauritania

01 February モロッコの南半分は国連未承認の「事実上の国家」で、現在モロッコの支配下にある『Western Sahara 西サハラ』に入る。

国境は無いが文化やルールが変わるかもと少し構えていたが、特にモロッコと変わらなかった。ただしその名の通り完全なる砂漠地帯なので、町や生物の営みを目にする機会は一気に少なくなり、代わりに荒野をひたすら突っ走る時間が増える。意外にもモロッコでほぼ毎日といっていいぐらい降られた雨(時間は長くないが、時にはとても外にいられないゲリラ豪雨もあった)はここに来て終わり、乾ききった世界へと変わったのがはっきりとわかる。

道端にはこんな植物が生えてる。

ラクダはよく見るが、こんなに真っ白なやつは初めてだ!子供だからまだキレイなのかな?

また、モロッコ内の至る所にあるポリスチェックにて、ずっとノーチェックだったのが西サハラの少し手前あたりから必ず停められて、パスポートとバイクの情報を記録されるようになった。一回につき5分ぐらいの待ち時間だが、頻繁なので地味にストレスだった。

道は、工事中の未舗装区間もたまにある程度で、あとはアスファルト。ガソリンスタンドもロシアより多く、無補給区間の最長でも200kmは離れていなかったと思う、確か。

そして嬉しいことに、西サハラ地域のガソリン価格はモロッコのリッター約140円より30円以上も安く、これに関してはほんと国が違うぐらいの差があった。不毛な大地を相手に先人達がインフラ整備をがんばってくれた結果、今こうして俺が一人でも安心してサハラを越えていける。感謝だ!

西サハラ南部にある唯一の大きな町、Dakhla(ダフラ)を目指す道中、日が落ちても走り続けてたら、前方右の路肩から突然フラ〜ッと大きな影が道路に入るのが見えた!慌てて急ブレーキをかけて停まるとそれはデカいラクダで、見上げた時の大きさにゾ〜ッとした、、、大きさも重さも相手が上だ、もしぶつかってたらこっちが負けてただろう。

ラクダに注意の標識は本当だ。

これはオブジェ

02 February Dakhlaで安くて快適な宿にありつけ(シングルで一泊500円台!)、しかも目の前においしい魚が食える食堂もあったので、一泊だけするつもりが二泊に。暑いので昼間は皆おとなしく、夜から町が賑わう。

好きな食材をチョイスして料理してもらう。

ほしかった青のターバンをゲット!

25DH(約300円)の品だが、巻き方を教えてもらったあとテンション上すがってオッチャンと一緒に写真撮ったら、オッチャン嬉しかったのか20DH(約240円)にしてくれた!値切らずにディスカウントできたのは初めてだ。

気持ち良い景色を求めてDakhlaのある半島の先端へ行ってみたが、そこにあったのはスラムだった。。

03 February さて、サハラと海が交わるこの地でリフレッシュし、次なる国はMauritania(モーリタニア)。何にも知らない国だしどうなることやら。。と思っていたら、予想を裏切らずビックリさせてくれた!

ここは月面ではなくて、西サハラを出国してモーリタニアの入国イミグレーションへ向かう国境エリアだ。西サハラを巡る領土争いは未だに終結はしておらず、停戦中なのでここは国連が監視する軍事境界線、緩衝地帯なのであえて乗り物が進みづらいボッコボコな地面なのだろう。しかも周囲には地雷も埋まっている。どこへ進めばいいのかすらわからないから、車のタイヤ跡を手がかりに多分3kmぐらい進むと、建物が見えてきた。

着くとさっそく、出入国手続きのサポートで小銭を稼ぐヤツが近づいてきた。断っていつも通り自力で突破を試みるも、かつて一度だけコイツらに頼らざるをえなかったアゼルバイジャンからイランへの入国イミグレ同様、ここもどこで何を行えばいいのか全然わからず、役人には英語も通じない。(アフリカの公用語は旧支配国のフランス語)自分自身に加えてバイクの持ち込み手続きもあり、ここはかなり時間を浪費する国境越えになると判断し、さっきのヤツと値段交渉して5ユーロで手を借りた。他にも、バイクの登録で10ユーロ、バイクの保険で8ユーロ(加入日数によって値段が変わるので3日間にした、過ぎても誰もチェックしないはずだから)支払った。

このように入国時にお金がかかると何だか嫌だが、「お邪魔します!」とお願いするのはこっちなんだから多少は仕方がない。不要なお金を払ったりボッタクラれたりしないよう、冷静に状況を見極めながら落ち着いてリラックス、それでいてナメられない毅然とした態度をとることが大切だと思う。

無事モーリタニアに入国すると、そこに待っていたのは砂と風と夕陽だった。

Keep on Rolling.

Going to the wild

27 January リアタイヤを手に入れるため、Casablanca(カサブランカ)へ「俺のタイヤや〜い!」と呼びながら走る。

RabatにあったYAMAHAが自信満々に「ここなら手に入るぞ!」と言っていたMIFAという店にはタイヤ自体無く、そこが教えてくれた Taki Moto Pieces に行くも合うサイズが無い。いよいよ見つからなかったらどうしよう?と不安になりつつ、Taki〜 から聞き出した Moto Plus Sarl を訪ねると「あるよー!」と言ってくれて嬉しかった〜!!

とりあえずここで交換は可能だがとても大事なパーツだ、どんなタイヤがあるのか。。カタログを見ながら検討し、MITAS(ミタス)というスロベニアのタイヤメーカーの E-07 に決めた。正直このメーカーは知らなかったが、性能やブロックパターンを見る限り問題ないと考えたし、スロベニアも通ってきたし笑

(Before)

(After。製造国はチェコとタイヤには表記)

費用は910DHで約10,900円ぐらい。(タイヤ9,700円 + 交換工賃1,200円)いくつものショップを訪ねる中でウェアやパーツの価格も見たが、モロッコのバイクアイテムの物価は意外と日本と変わらない印象だった。これでようやく一安心!ということで、ここからは一気にモロッコを南下していく。Marakesh(マラケシュ)を過ぎてアトラス山脈に突入すると、雪が降った。

31 January Tiznit(ティズニット)という町を過ぎると、モロッコはがらりと姿を変える。サハラ砂漠の始まりだ。

俺が走っている西側の海沿いルートは、多くの人がイメージする砂丘は少なく、低い木や植物がある。内陸へ行くほど乾きサラサラの砂になるのだろう。

ラクダに注意の標識。

時には東に海を臨みながら走る。

船が見えると思ったら、座礁していた。同じARMASって会社の船でアフリカへと渡ってきたので、ちょっと悲しかった。。

夕暮れも始まった頃、向かってくる二人のライダーにすれ違った。珍しいので互いに嬉しかったのだろう、互いにUターンして合流する。

ドイツ人メカニックのTobias(トビアス)とJorg(ジョージ)。アフリカを新旧Africa Twin二台で走る、これぞまさしくAfrica Twinだ笑 ドイツ人のロングツーリングライダーはBMWじゃないの?と聞くと、トラブルが少ない日本のバイクがナンバー1さ!とのこと。

もともとはJorgと別のライダーで旅をしていたが、その人がセネガルでバスに後からから追突されて大怪我、ドイツへ帰国入院。残されたバイクを修理してドイツまで持ち帰る助っ人として、Tobiasがやってきたという。彼はかつて、ドイツ→エジプト→南アフリカ→モロッコ→ドイツというアフリカを時計回りにぐるりと一周し、南米も走ったことがある経験豊富な旅ライダーだった。

そんな彼が、「君の準備はパーフェクトだ!軽いバイクに少ない荷物、でも必要な物はちゃんと一通り持っているし、PackSafeで盗難対策してるのもナイス。タイヤは、、オーマイガッ! MITAS!!ベストだ!! 」と言ってくれて、とても嬉しかった!このタイヤは俺が本来履き換えたかったHeidenauのK60と比較しても何ら遜色なく、多分コスパが理由だと思うがむしろMITASがいいという。

楽しい彼らと意気投合し、目的地はお互い逆方向だからその場でキャンプして、情報交換をした。ボーダーやこの先の国の道の状況などとても有益な情報も手に入った!Tobiasは座礁船マニアだったらしく、俺が途中で見たと伝えると大興奮し、絶対に行くぜー!!!と喜んでくれた。

夜と朝がっつりと雨に降られて寒かったけど、ライダーのハートは熱い!

地球一周船旅仲間と10数年ぶりに再会!

23 January モロッコの人々の顔立ちやイスラムの服装、アラビア語による表記、やたらとたむろしている人々、埃っぽくて乾いた空気は、通過してきた中央アジアやイランとよく似た雰囲気で、どこか懐かしさを感じた。

せっかく東寄りなモロッコに渡ってきたんだから、アルジェリアに寄り道しちゃおうかな!?って思ったけど、よく考えたらビザ持ってなかった。。ので入国は諦めるも、せっかくだから国境線だけでも拝むか!と西へ行かず東へ向かう。いきなりの予定変更だ!

(直進すると国境でっせ、のサイン)

結果、国境は閉まっていた。

(赤丸に白い横棒、進入禁止の標識は世界共通)

ここOujda(ウジダ)─Maghnia(マグニア)間がメインの国境ぽいから、モロッコからアルジェリアへは入れないということだ。出てきた警備員に「通れないの?」とジェスチャーを送ったら、「ごめんね〜」って感じで丁寧に謝られた。当然、通りたくて来たヤツと思われたんだろう笑 閉まっている国境は初めて見たので、普通に開いてるよりも何だか得した気分になり、自分的には貴重な体験ができた寄り道だった!その後は一転して西へと舵を切る。

次の国Mauritania(モーリタニア)のビザと、ツルツルになってきたリアタイヤを履き替えるため、首都のRabat(ラバト)を目指した。

24 January 観光都市Fez(フェズ)で一泊。年末のMadrid滞在中、モロッコ旅行に来ていた姉に会うために飛行機で一度来て観ていたため、何も見ずに出発する。「青の町」Chefchaouen(シャウエン)には寄ろうか迷ったけど、また今度!と寄らずに、Rabatへと直行したのは大正解だった!

もう10年は会っていない日本の友達が一日違いでRabatに来て、合流できたのだ!!

彼の名は安部健佑(あべっち)。俺たちは15年前の2003年、地球一周の船旅がしたくてPEACE BOATの横浜事務局で一緒にボランティアスタッフをがんばり、あべっちは6月の船に、俺は9月の船に乗ってけっきょく一緒には地球一周できなかった仲だ笑 しかし、長い時がたった後にそれぞれの旅先が交わり、まさかモロッコで会えるとは!飲むぞ!!ということで、道行く人を捕まえて酒屋を聞き出し(イスラム教国家なので普通には売っていない)、再会を祝して盃を交わし、街を楽しみ、人生観や生き方について深く語り合った。最後に会ったのはいつだか忘れたが10年以上はたつ。懐かしき仲間を呼び寄せ今を共有する機会を与えてくれて、年末には姉にも会わせてくれたモロッコの旅の空よ、ありがとう!

(一つだけ垂れ幕が深く下がっている場所が、酒屋。隠しつつ隠しきってはいない、そのグレー加減が笑えた。以下、Rabatの風景)

26 January RabatのMauritania大使館では、申請翌日にビザをくれた。金額は690DH(ディルハム)=約8,300円なり。

リアタイヤはバイク屋を何軒もはしごしたがゲットできず(スクーターが主流なので18インチのオフロードタイヤなど需要が無くて扱ってない)、YAMAHA Rabatも訪ねるも単なるショールームでしかなくここも✕、なので次に通るモロッコ最大の都市Casablanca(カサブランカ)で探すことにした!