TRIUMPH 5TA Speed Twin Cafe Racer Special 1960

トライアンフ初となる、ユニットエンジン(ミッションとエンジンが一体型)を積んだ500ccモデルで、マイナーながら、実は革新的だったマシン。

1

2
3

4

5

ノーマルの5TAは上記の写真の通りで、通称「バスタブフェンダー」と呼ばれるバスタブをひっくり返したような深く大きなヤボったいリアフェンダーが特徴だった。雨の多いイギリスでは泥除け効果が高くて実用的ではあったものの、ぜんぜんスポーティーではない見た目の重苦しさが不評で、買ってすぐに交換する人も多かったそうだ。それに留まらず、当時イギリスで全く別スタイルのカフェレーサーにカスタマイズされたこのスペシャル5TAを、2012年、旧車専門店タイムトンネルで手に入れた。この時代のトライアンフのカフェレーサーといえば、NORTON(ノートン)のフレームにエンジンを載せ替えて「TRITON」(トライトン)に仕上げるパターンが非常に多かったらしく、このように純正フレームのままで作り上げたカフェカスタムは貴重だと聞いた。

6
正直、めちゃくちゃ乗りにくいバイクだ。。!通常のタンデムステップの位置にライダーのステップが取り付けられている、後輪の途中まで足が下がる鬼のバックステップ仕様。激しく垂れ下がったセパレートハンドルは腕を上げ続けて握らなければならず疲れまくり、すごく短いためほんのちょっとしかハンドルが切れない。Uターンなんか地獄。。。また、右足シフトの左足ブレーキのため、足の操作だけいつもとは逆になる。

7.これで500cc?と思うぐらいコンパクトなエンジンは、当時のトライアンフの高い設計力を物語ります

8.チェンジするとカチッと動くアナログのギアポジション表示がいい味出していて、お気に入り部分の一つです
でも、こうした苦労よりも魅力と楽しさの方が数倍上回るし、乗っている時のドキドキ・ワクワク感がたまらない。旧車全般に言えることだが、重厚な部品一つ一つが連動して動く機械の塊であることが心底実感できるのだ。静粛性など考えない時代のエンジンが奏でる純粋なメカノイズや、大きく激しい振動がもたらすバイクの存在感、そしてスポイルされていないバイク本来の野太いサウンドが味わえる。トラクションコントロールやABSなどありえない鉄の塊は、操って走るという行為が限りなくダイレクトだ。最近のバイクはコンピューター制御が多くコスト重視型パーツを多用しているため、この感覚がどうしても薄まってしまう。
そして何よりも、60年間という時を刻んできた絶対的な希少価値がある。購入価格は正直、高級な最新モデルが買える金額で、旧いが故のトラブルもたくさん経験してきたが、手がかかる子ほどカワイイという心境で大切にしている。
以前、残暑の中央道をハイスピードで飛ばし続けていたら、旧いエンジンが耐えきれずにブローしてしまい、ここしばらくは眠れる獅子、いや眠れるトラだったのだが、ちょうど今月末からバイト先のタイムトンネルに運んで自力で修理に挑戦する。またコイツと一緒に走れる日が来るのがくるのが楽しみだ。

9

2019.8.3(土) 今年も出ます!夏祭り12時間エンデューロ

朝から晩まで走って(ちゃんと交代しながら)、
死ぬほど汗かいて、疲れるけどそれが楽しくて、
ついでに花火大会も特等席から見れて、
かなりアツい夏の思い出が残ります!!🔥

そこで、チームメイト募集中!
我こそはという方、7/23(火)までにご連絡ください!

【Facebookの風魔プラス1のイベントページへのリンク】

↓ ↓ ↓

https://www.facebook.com/events/757166088019774/

道祖神 マン島TTレース観戦ツアー2019 IOMTT2019

_20190602_010247

今日、マン島へと渡る。
歴史上最も偉大なレースの一つに会いに行く。

連日の悪天候で予選のキャンセルが続きまくってるから、さてどうなることやら。
でも、TTウィーク中のマン島では、楽しみ方はいくらでもある。
どうなっても、間違いなく「来てよかった」と思えるだろう。

その歴史を学べば学ぶほど、特別なレースであることがわかった。

特に、つい先日発刊されたバイク誌「Rider」vol.24では、そのスピリットや歴史、レギュレーションやコース、特徴や是非を、叙情的かつ情熱的な口調で、かつわかりやすく簡潔に書き上げている。
再掲載の記事だけど、112年間続くレースに宿る普遍的な真理に迫っているから、まるで色あせず新鮮に感じる。
興味のある方はぜひ読んでみてください!

記事内で見つけた一文
「自分の情熱をスピードに変えて、精一杯生きて、、、(以後割愛)」

燃やした命で、エンジンをさらに加速させる。
熱くならないはずがない。
楽しみで仕方ない!

Motorcycle tour in CAMBODIA

海外ツーリングの道祖神《4/29発 カンボジア メコン川とアンコール・ワット オフロードツーリング 6日間》

行ってきました!

メコン川を渡り、
ジャングルを抜けて、
アンコール・ワットなどの遺跡群を目指す旅。

DSC01116DSC01142DSC01147DSC03091DSC01200DSC01159DSC01250

蒸し暑さと戦いながら、汗だっくだくで走った。

移り行くカンボジアの景色や村々、そして人々とのふれあいで、
一日走っていても飽きることは全くなかった。

5/3に無事ゴールして、
アンコール・ワット、
アンコール・トム(バイヨン)、
タ・プローム
を訪問。

DSC01390DSC01427DSC01416DSC01475DSC01470DSC01462DSC01481

ゴール後にこんな素晴らしいご褒美が待っているのが 、このツアーのオイシイところ。

参加しないとわからない魅力がタップリの、6日間ながらも充実確実のツアーなのだ🇰🇭🏍️

今年度あと5回(いずれも下期になりますが10・11・2020年1・2・3月)も設定があるので、
今後のお申込みお待ちしています!!

(ツアーの詳細ページ)

https://www.biketour.jp/tour/00056-cambodia-offroad/

 

NZ MOTORCYCLE TOUR

添乗員兼サポートカードライバーとして、ニュージーランドへ行ってきた。

8名分の荷物を載せて、南島をドライブ。

『世界最速のインディアン』BURT MUNROのバイクや自作パーツ(実物!)をこの目で見ることができて、感無量、、、!!

そしてそれ以上に、トラブルはありつつも皆さんが終始楽しい雰囲気で、無事故で終わったのが良かった。

観光しやすく走りやすいニュージーランドは、海外バイクツアー初心者でも安心して楽しめるので、どなたでもオススメのコースです!