CHIBA Touring

タイムトンネルで働く仲間たちと、千葉を走ってきた。久里浜港に朝6時半に集合し、7時20分のフェリーで浜金谷港へと渡る。季節外れの暖かさ、むしろ暑いぐらいで千葉沿岸部を走る時は夏の香りを感じるほどだった。

最近話題の「燈籠坂大師の切通しトンネル」にも立ち寄る。なるほど確かにバエる!
先輩二人のバイクはDUCATI 750 F1(右)と、BMW R75/5(左)
勝浦タンタンメンの名店「こだま」でランチ。10時半OPENの少し前に到着、家を5時過ぎに出たからこの時間でみんなハラペコ
想像を超えた激ウマ!
精肉店もやってるから肉炒めやレバニラも絶品だった

写真はそんなに撮らなかったが、「へー、こんなのどかな文化がここにはまだ残ってたんだ」と感じる、地域コミュニティが生きている優しい景色にたくさん出会えた。神奈川や東京の隣りながら、内陸部は信号のない田園風景が広がり、海がぐるりとり囲まれた千葉の自然に改めて魅了された。

もともと、今住んでいるマンションの契約更新となる7月末で、ガレージを建てている千葉市緑区付近に引っ越そうと考えているのだが、今回走って海山両方にアクセスしやすい場所がいいなぁとも思った。千葉という地がもっと好きになったポジティブツーリングでした!

Hand work Days

昨日はNPO法人地球元気村のイベントで山中湖へ行き、鹿の角を使ったアクセサリーづくりワークショップをやった。

東富士五湖道路でウラルに出会う。富士山との横並びが見事で思わず写真を撮った。
薄着で走る姿が暖かい日だったことを物語る。
慣れないワークショップの講師ということで、ちゃんと準備していろんな道具を持っていった。
プロでもない自分のゆるフラ講座にご参加してくれた方々に感謝。こっちも楽しかった!

その後新宿に移動し、㈱道祖神仲間の飲み会に出席。7人中自分含めて4人が退職メンバーだったが、それぞれの近況や会社の現状の話で盛り上がった。辞めても縁が切れずに仲良くできるのはありがたい。

今日4月24日はトライアンフの修理を少し進めた。

交換するオイルタンクに合わせて、フレームに穴を開ける。これで上部を固定するための加工は完了
続いてオイルタンク下部の固定へ。
純正ステー(下の黒いやつ)は調べると3000円ぐらいして、買うのはもったいないと思い自作することに。タイムトンネルにあった端材をカットして上のような形にする。
3箇所に穴を開けて
突起はボルトで代用し、完成
穴位置もバッチリでした!
また、交換するハンドルを探す。バイクの操縦のみならず、印象やルックスを決定付ける超重要なパーツだ。暫定だけどこの写真の一番下のやつにする予定、写真では伝わらないけどワイドで程良くカチ上がってて相当カッコいいぜ!

オイルタンクの取り付け加工が終わったのとハンドルを選んだことで、実際には大したことない工程だけど、気分的にはかなり進んだ感がある一日でした!

Everything is on the Road

かつては暇さえあればどこかへソロツーリングに出かけ、一人で自由に走ることが最重要で、よほど仲の良い奴としか一緒に走らなかった自分。

今は逆に、よほどのことがないと一人でふらっと走ることはなくなり、誰かから誘われたり、走りたいと言う人を誘って行くことがほとんどになった。

もちろん変わらずバイクには乗りまくってるが、それは「目的地へ行くために乗る」手段であり、かつてのような「バイクに乗るために目的地を探す」つまりは目的そのものとする意欲が、自然と落ち着いた感がある。

今日は、これからバイクを買おうとしている知人に付き添った。バイクをレンタルする葛飾のショップで待ち合わせ。自分が知っているお店だった。

いま一番乗ってみたい、ハスクNorden901が!ツーリング終了後に試乗をお願いするが、日没後はダメとのこと、、、チーン。まぁそりゃそうか。

店の前の国道6号に乗り、まずは牛久にあるラーメンショップ業界最強店と名高いお店を目指し北東へ進む。

大学時代に実家から筑波へ向かって何度か走った6国は、なんだか懐かしい。こうしてかつて走った道に戻った時、「あの時たしかに俺はここにいたんだ」と過去の自分と再会でき、時にシンクロし、積み上げてきた経験値が感じられて、嬉しくなる。

到着!

ネギチャーシューメンをオーダー、うまかった!たっぷりの肉厚チャーシューだが脂身はないので胃もたれせず、箸で簡単にくずれるほど柔らくて絶品。スープの味は自分にはちょっと濃いめに感じたが、まぁ許容範囲のうちかな。
20年ぶりの牛久大仏。空の色と雲の躍動感が良い写真を撮れた。

その後、とりあえず海に出たら到達感があるから九十九里浜へ。道中は車が多く道も単調で楽しくなかったが、やはり海に着いたら気分は晴れた。

感まかせで、九十九里浜の中の不動堂海水浴場という場所に行き着いたが、きっとここがベストだった。そう思える景色が見れた。

葛飾のレンタルバイク店へと帰還して知人と別れた後は、久しぶりにMAX FRIZ本店に顔を出し、代表の佐藤さんと店長の佐田さんに挨拶。道祖神を退職したことは人伝いで知っていると思いきや、知らなかったようで驚かれた。行ってよかった!

いろんなことを話し合い、めちゃくちゃかっこいいいブーツも買えました。本当は売り物じゃなかったけど、佐藤さんが売ってくれた。感謝!

実物はこの写真より100倍カッコいいっす!

海外を走ることに想いを馳せる日々の中、かなり楽しい一日になりました。バイクが生む出来事や絆の大きさを改めて感し、今日歩んだ道と、これまで歩んできた道に感謝する。

DAYDREAMER

この2~3年間で、世界史に残るレベルの新型ウイルスパニックと戦乱が発生し、世界が激震している。あと半年もすれば両方とも終結し、世の中落ち着くはずだ、、、とか考えていない。むしろ新しい大きな問題があといくつか発生する気がする。そういうタームに入っている気がなんとなくするのだ。

ロシアの石油や天然資源を頼らない覚悟を決めることは、大々的なエネルギーシフトを加速させることであり、人々の常識と行動と日常が激変していくはずだ。いや、そうならないと実現できない。そのためのカギは、日本はもちろん特に西欧諸国がこれ以上の経済発展や便利さ・豊かさを追い求めず、消費型社会から脱却し、バックステップできるかどうか?にあるだろう。俺はそう生きる方向に舵を切っていきたい。

まずはささやかながら、ソーラーチャージングシステムを自作して、電動バイクの充電は100%自給を目指す。同時に、7月末にはガレージを建てている千葉市へと引っ越して、土地付きの住居を手に入れてある程度の食料の自給をはじめる。

本来ならば緩やかに訪れるはずだった変遷が、急激に起こることになる。時代が、歴史が転換するすさまじく大きな潮目が出現していて、その中へと巻き込まれている今。逆らわず、目をそむけたり他人事だと思わずに、むしろ飛び込んで新しい潮流を進む方がおもしろい。

決して悲観はしてなく、むしろどう変化していくか楽しみでならない。過去の延長線上におぼろげながら想像できていた未来は、もう無い。新しく生まれる世界と秩序の中を力強く生きて、できればそれを創り出せる側の人間になりたい。

そんな世界の動きに呼応し、考え込む時間が増えた。空想の読み物も増えた。

これは相当におもしろい。好きな映画のひとつ『ブレードランナー』の原作を初めて読んだ。作者は強烈なイマジネーションとインテリジェンスの持ち主であることが、読み進むほどにビシビシと伝わってくる。
大げさすぎる表現だが、バガボンド終盤の武蔵の気持ちがよくわかるお年頃になってきたので、いまさらながら全巻一気買いしちゃいました。
暴れまくり天下無双の階段を駆け上がったのち、農業に没頭して生きる。日本漫画史上に残る名作は、農業編に突入して全く方向性が変わったのち(バトル漫画から農業漫画になった、、)休載に至る。世間からは全く理解されない意外で異常な結末だが、むしろ共感できる。それほど農業は「生きる」ことと直結し、描きようがないほど大きすぎるテーマなのだ。

やはり、という感じだが。1977年のSF小説と、1998年からはじまった日本の人気漫画を並列する自分の振り幅は、我ながら不思議なものがある。なんでこんなあっちこっちにいけるのか?

でもそれこそが、俺という人間の強みであり個性なのかもしれない。

Manage of Riding Mongolia

もともとはトライアンフ修理の続きをしようとしていた今日だが、夏のモンゴルバイクツアーの件で調べたい事が昨日いろいろと思い浮かび、予定を変更した。現在5名の参加が決定していて、俺はコーディネーター兼添乗員として同行予定。自分のバイクをウランバートルへと送ってモンゴルを走る計画だが、俺はそうせずにWR450Fとかを現地で借りたいと思っている。

バイクの輸送を相談している会社に、用意すべき必須書類を教えてほしいと聞いているのだが、返答がいまいち腑に落ちず曖昧なこともあり、ちゃんと調べないとヤバい!と考えた。渡航や国際間輸送には書類がつきもので、正確な情報のもと正確な書類を用意しておかないと、取り返しのつかないことになる。そして発行は申請機関のペースや判断に委ねられるから、基本的に取得には時間を要すると考えるのが前提だ。これがないとバイクが送れない、戻せないという書類が後からわかり、間に合わなくて終了という思いはしたくない。

まずは陸運局へ。いつもバイクの車検やナンバー取得で利用している行きつけの川崎陸運局は、家からバイクで10分程度の場所にあるから近くて助かる。

5年前の海外ツーリング時に登録証書を取得する際、大変お世話になった加藤さんがいたら気軽に相談できたが、残念ながら退職していた。しかし、年度最終日の忙しいタイミングながら、吉野さんという方が親切に対応してくださり、調べたい情報は入手できた。

次に、これまでやり取りしてきたところとは別の輸送会社の事務所に行って相談をした。コロナ禍でストップしていたこの老舗でモンゴルに強い会社が4月からまた輸送を再開するという情報を聞きつけ、連絡をとってみたところ、モンゴル人が社長を務めるこの会社はなんと、俺の自宅から自転車で10分ほどの近所にあった!

詳細は割愛するが、ここでとても有意義な話ができた。俺が必要ないと思っていたATAカルネを取得した方が(手に入れるのには小細工しないといけないが)通関がスムーズになること、中国の天津からコンテナを乗せる列車は40フィートコンテナのみであること(20フィートだともう一本の20フィートを積むまで待たねばならない)、など。

他にもたくさんの良い情報と条件を出してくれて、見積り的にも問題ないし、エアチケットの予約もやってくれるからとても頼れる会社だとわかった。いまやネットで航空会社から直で買えるけど、状況によっては旅行会社に依頼した方が良いケースもあり、比較検討した結果今回の場合はそうした方が良い。旅行会社で働いていたからわかる。

さらにこの会社の一番大きなメリットは、バイクを港へ持ち込むのは5月11日(他社は4月14日)でよく、港は川崎(他社は大阪の岸和田)と断然便利で、準備時間的にも移動の手間的にも非常に助かる点だった。送る日が遅くなれば現地到着も遅くなるリスクが上がり、最悪ツアーまでにバイクが到着しないという結果も無きにしもあらずだが、諸々考えた結果この会社を信じることに決めた。モンゴルに住む知人の日本人や、知人のモンゴル人とビジネスをしてきている点も、信頼するに足る理由だった。

夏のモンゴルバイク旅が、一歩前進した。実現してみせるぜ!

モンゴルを走って見た景色を、いくつか。

改めて、空の青さがヤバい。

そして、夜は星空の美しさがヤバいのだ!