Good bye Eurasia!! Hello Africa!!

17 January この日、Cabo da Roca(ロカ岬)にたどり着き、Europe + Asia = Eurasia の旅が終わった。(到達時の写真)

走ってみて、この大陸はほとんどアジアなんだな〜!と実感としてわかり、アジア人であることが何だか誇らしく思えた。

ツアー客が次々やってきて混み合ってる日もあるらしいが、この日は水曜日だからか人は少なく、写真を撮ったり景色を眺めてゆっくり過ごす。無事に第一目標地点に到達できた安堵感を味わいつつ、次なるアフリカステージの始まりに気持ちが高鳴る。

翌日は、10月にイランの宿で会ったポルトガル人のRenato(レナト)に会いに、スペイン一歩手前の海の町 Vila Real de Santo Antonio(長い)へと向かった。

Renatoファミリー。彼はかなりがっつりタトゥーを入れている(そして親父さんも)がとても心優しく、学生に旅の授業をする仕事で長期間町から離れる数日前だったが、

「俺が仕事に出た後も、ここにいたかったか好きなだけいていいんだぜ!?」

と言ってくれた。 最初は一晩だけお世話になる予定だったが、Renatoと人生観を熱く語り合い、名物BARで地元の人々と一緒にワイワイ飲み、美しい町の景色を眺めて過ごす時間はとても楽しく、なんとも居心地がいい町だったので、もう一泊延長!

名物BARでは、常連さん達が持ち回りでまだ飲み切ってないうちから次々とビールをおごり合い、こんな状態に、、!ここではこれが普通らしい!

散歩してたら超かわいいハリネズミの子供に会えたりして、2日間とても楽しみ、リラックスできた。Obrigado、ありがとう、Renatoファミリー!

21 January ユーラシア大陸最後の日。Melilla(モロッコにある面積わずか20km²のスペイン領地)行きの船が出る、スペインのMotril港を目指す。赤線の航路、上がユーラシア大陸で下がアフリカ大陸。

本当は、青線のジブラルタル海峡を渡る航路の方が距離も時間も短くて便利なんだけど、マドリードで1ヶ月近く泊めてくれたAlfonsoはMelilla出身でこのルートを猛プッシュしてきたので、お世話になった身としてその気持ちに答えた。

ハイウェイを走り、Motril出口のサインを視認したのでさぁ降りようと思った。しばらく淡々と走り続け、注意力が落ちていた。出口と思って入ったゾーンはその手前の工事中の区画で、完全に不意打ちで大きめの砂利の中に突っ込んだ。。!

幸いにもある程度スピードを殺し、ガツンとガードレールにぶつからず上手くコケたので、自分もバイクも無傷で済んだ。本当に良かったー!!

港にある船会社のカウンターへ直行し、明日14時半発のMelilla行きチケットをくれー!と伝えると、パスポートと登録証書(いわゆるバイクのパスポート)を見せただけで、わずか5分で買えた!人が36ユーロ+バイクが27ユーロ = 合計63.45ユーロなり〜。

22 January 乗船時にチケットを一回確認するだけで、あとはバイク乗せる時も下船の時もノーチェック!日本の国内フェリーの方がまだ厳しく、さすがは外国だぁ〜。バイクがあるぶん手間も値段ももっとかかるかなと思ってたので、どちらも予想以下で嬉しかった!

船内はすごく綺麗で快適だった。 14:30に出港して4時間半後の19時にアフリカ大陸着、しかしここMelillaはまだスペインだ。Alfonsoの友人でこの町に住むJavier(ハビエル)が迎えてくれて、銀行や両替屋よりレートが良い闇両替屋(見ため普通の日用品店舗)を案内してくれた。お店の前にて。

Javierの自転車に先導されてモロッコ国境へ。周りにはたくさん人がいて、入国手続きのヘルプをする人々が近寄ってくる。

彼らを使うのはここでの正当なルールらしい。イランでもこういうサポーターがいた、シャツやジャケットにブリーフケースでもっとちゃんとした身なりだったけど。4ユーロほどの御礼を支払って、無事入国!ついでにJavierも、「この旅人の友人で見送りだけだから!」と言って、パスポートも見せずに入国!笑

Albania #1

23 November 俺も含め、アルバニアってどこよ?な人も多いはず。

ルート上にある通過国としてなんにも知らないで行ったけど、美しいアドリア海と山々の自然景観が素晴らしく、予想以上に気に入った!写真はSarandeという町とその周辺で撮影したもの。

ギリシャとの国境からSarandeへの道中はアップダウンやワインディングが楽しめて、とんでもなくキレイな水を生む神秘的な泉、BLUE EYEもある。

天気よし景色よし道たのし、いや〜いいじゃんアルバニア!しかし、良いことばかりそう長くは続かないものだ。注意力散漫になってしまっていたのだろう、緩やかな下り坂の右コーナーでコケてしまった。

良くないのは承知しているが、ブレーキパッドの消耗スピードの関係で、旅の途中からリアブレーキは本当に必要な時以外使わないようにしている。荷物もあって後ろが重いので、フロントと比較にならないぐらい早くリアパッドが減りまくるからだ。またタイヤの減りも同じで、リアは早々に死んでカザフスタンで一回交換したが、フロントはユーラシア横断まで待つかも?と無交換、しかしもう限界は近い。ライディングに集中していれば、進入スピードとコーナー角度と下り坂とタイヤ状況を考慮し、リアブレーキも使ってクリアしたはずだったが、フロントのみで行ってしまった。しかも、コーナーに入ってから少し先の対抗車線の車の存在に気付き、膨らまないようにと途中でよりブレーキを強めバイクを寝かせた結果、一瞬でフロントタイヤから滑った。バイクごと対抗車線まで流れたが、幸いにも車の手前で停まって体もバイクも無事、しかし大切なライディングウェアが破けてしまった。

こんなこともあろうかと日本から針と糸を持ってきていたので、補修する。右膝部分が10cmぐらい縦に裂けたズボンは(足はプロテクターのおかげで無傷)縫い合わせ、小さな穴で済んだジャケットの袖はアルバニア国旗のパッチを縫い付けて塞いだ。

カッコいい国旗のデザインでよかった。アルバニアでやっちまったことを忘れないために!

Turkey’s big memory #4 @Istanbul days

12 November

(前回のキックスターターの回より時間的に前の出来事です)

日本を旅立ってちょうど3ヶ月目のこの日、ボスポラス海峡を渡って、アジアと別れヨーロッパと出会った。

イスタンブールには、14年前21歳の時にピースボートで来たことがある。その時はちょうど3ヶ月間船に乗り、地球を一周したが、同じ時間を使って今回はアジアが終わっただけ。これは進化か?退化か?とちょっと笑ってしまったが、同じ場所に今度は自力で来たと思うと、海峡を前に胸が熱くなった。

橋を渡った時のムービーが撮れてなかった(マラソンの通行規制で超渋滞してたから撮れててもつまらない映像だったと思う)ため、これは違う日に橋ではなくてトンネルで海峡をくぐったムービー。

イスタンブールなら日本人がやってる宿がありそうだと調べ、Agora Guesthouseという宿へ行く。あいにく日本人経営者はもういなかったが、多くの日本人が宿泊していて(6日間の滞在で計16人の日本人と会った)日本語を話しまくり、ちょっと日本に帰ったようなな気分だった!その中で、特に印象的だった二つの出会いを書く。

★☆世界一周中の日本人ライダー國枝資文(くにえだもとふみ)さん☆★

ウラジオストクを出発して以来初、ついに日本人ライダーと会えたー!!

元YAMAHA社員の國枝さんは、世界一周を目指して6月に日本を旅立ち、ユーラシア横断を終えてヨーロッパを走り回り、トルコからエジプトに渡って東アフリカの縦断に挑むところだった。 同じヤマハのエンデューロタイプマシン、年齢も一コ違いと、すごく近い仲間ができた感じで嬉しく、お互いの旅やバイクについて語りまくった。何よりも、ヨーロッパのライダー含めて多くの人が避けて通るアフリカに、しかもコースは違えど同じ縦断にチャレンジする点で、戦友を得た気分で嬉しかったー!お互いの健闘を祈る!

★☆18歳のワールドトラベラー伊藤玲央(いとうれお)くん☆★

「どんな旅してるの?」の質問に、『15歳からバックパッカーしてます。20歳までに目標は91ヵ国です、日本は4周してます』という返事!学校の勉強よりも旅の体験を選び高校を中退、ネット販売や旅先でも写真やカラアゲを売って稼ぎながら旅に生きる、ガッツある若者だ。歳は倍近く違うが何となく波長が合うのか、宿にいた6日間ほとんど一緒に過ごした。その中で一軒の犯罪酒場(いわゆるボッタクリバー)の被害に遭ったが、金を取り返し店を潰すという一生の思い出も作った!玲央が隠し撮った動画によって警察は店員総逮捕に踏み切った。東京オリンピックの2020年に大きな挑戦をしたくてシーカヤックで日本縦断する気で、おもしろそうだから俺も一緒にやらせて!と伝えると、いいっすよ!!と言ってくれた。帰国後の新たな目標ができて嬉しい!

イスタンブールは、宿から歩いてすぐのブルーモスクとアヤソフィアしか観光していないが、この二人をはじめAgora Guesthouseで出会った人達と過ごした時間は最高の思い出だ!

ブルーモスクの中①

ブルーモスクの中①

ブルーモスクの中②

向かいに見えるアヤソフィア

October 20-23 Russia Georgia Azerbaijan

Oct 20 Russia →Georgia

何だか良い評判(洗練された街並み、治安良し、食べ物良し、物価安しなど)を聞いたので、アゼルバイジャンの前に寄り道感覚でジョージアへ。

ロシアとの国境は山間部にあり、ジョージアへ入るとしばらく登りが続き、雪が積もる中を走る。この日は天気が良くてよかった。

途中、思わず停まりたくなる古い教会などの見所もあった。

キレイな建物が多い便利な都会、首都Tbilisi(トビリシ)へと着く。

Oct 21 Georgia

Tbilisiから北へ約25km、古都Mtskheta(ムツヘタ)をちょこっと観光、のどかなフンイキに癒やされた。

Tbilisiでの二晩を過ごしたHostel「Soul Kitchen」は、客とオーナーで毎日「ダバイ!」(ロシア語の乾杯)を言いまくる、文字通りアツい宿だった。アルコール度数が50%あるジョージアの名物酒「チャチャ」と、5Lのワインボトル(ワインがとても安い)が空になるまで続き、寝たのは朝6時!

Oct 22 Georgia →Azerbaijan

起きた途端に、

「今日もチャチャタイムだろ?」「もう一泊だろ?」

と甘い誘惑を浴び心揺さぶられるも、予定よりも進行が遅れている状況のため、名残り惜しくもこの宿を後にする。

午後からのスタートだったが、ジョージアからアゼルバイジャンへと入国し、Ganja(ガンジャ)というインパクト大な名前の町まで進んだ。

ジョージアもアゼルバイジャンも、正直さほど違いは感じられない。これまでのシベリアゾーンロシアや中央アジア諸国と比べ、どちらも開発されている国という印象だ。国土が小さいから手が行き届くのもその理由に違いない。

Oct23 Azerbaijan

カスピ海に面した首都のBaku(バクー)を見てみたくて、この旅で初めて東へ向かって進む。青空のオーシャンビューロードを鼻歌まじりで気持ちよく走り、約20kmほど手前まで来た時、突然「ブワァーーーン!」と大きな空吹かし音を出した後、駆動力がゼロになった。力無く惰性で進むバイクを路肩に停め降りて見ると、ドライブチェーンが切れていた。

伸びてると知りつつもうちょっと!と欲張って使ってきたが、切れたチェーンが引っ掛かり後輪がロックしなくて良かった。。

携帯していた新品との交換をその場で行っていると、車が停まり、「俺もHONDAのCBRに乗ってるんだ、手伝わせてくれ!」とアンドレという男が降りてきた。チェーンの強力なベッタリオイルで手がめちゃくちゃ汚れるのを気にもせず、明るいノリと笑顔で手伝ってくれるアンドレのおかげで、時間短縮はもちろん凹んだ気分も消してくれた。

そして再び走り出し、無事Bakuへたどり着いた。

ありがとう、アンドレ!

9/12-13 この旅2回目のロシアを行く

9/12 「さぁ、ほんの数日だけどまたロシアを走るぜ!!」と、Kosh-Agachという町の宿を鼻息をフガフガさせながら出発したわずか10秒後、最初の右コーナーでリアタイヤがズルッ!と滑った。リカバーして「石かオイルか踏んだかな!?」と思い再び寝かせたところ、今度はズルズルッ!!となった。「こりゃパンクっぽいなぁ。。」と路肩に停めてタイヤを見ると、手で押せるほど柔らかくなっていた。どこかで必ずパンクに遭うと思っていた日が来たのだ。すぐ横の開店前のお店のベンチに荷物を全部置いて、予備チューブとの交換作業を行う。

原因は、小さな小さな針が刺さってた。

外国人が何かやってるよ!と子供達が集まってきたので、携帯用の小型ポンプゆえ100回以上は押さねばならない最後の空気入れ作業を手伝ってもらった。スパシーバ!(ありがとうのロシア語)

ちょっと一息つきたいな、とも思っていたので、この日はアンラッキーデーなのだ!と割り切り、同じ宿に戻ることに決めた。この宿にはキッチンがあるので自炊をしていると、昨日は普通だった宿のおかみさんが入ってくるが、目が明らかにイッちゃってるので、危険を感じて追っ払う。そういえば昨晩、女性の鳴き声やわめき声がうるさく、どの客だ!?と思っていたが、オーナーじゃん。。

その後エディというイギリスからやって来たライダーが泊まりたいと入ってきたので、「おかみさんヤバイよ」と忠告してあげた。モンゴルからロシアを抜けて日本へ行く彼と、互いに来た道の情報交換をガッツリした。また、エディは俺が昨日モンゴル国境を抜けてすぐに会った、俺と同じTT-Rに乗るイギリス人のダニエルとキルギスで会っており、連絡先を知りたがっていたので教えてあげた。「ライダーはみんな家族みたいなもんだな!!」と笑った。

9/13の朝、おかみさんは普通だった。。躁鬱病か何かかな?

Biyskという町まで来る山間部のルートには雪が積もっており、走ってる最中にも雪が降った。もう少し遅かったら通れなかったかもしれない、ラッキーだ。

雪ゾーンを抜けた後寒さでヘコんでいたガススタで、給油している牛(給水だけど)を見て、笑わせてもらった。

あと、こんなのにも。

早ければ明後日にはカザフスタンに入ります!