ONE GIANT STEP 

3月13日。バイク用語では「腰下」と呼ばれるクランクケースの治療が終わったので、車体に乗せました!ちなみにシリンダーから上が「腰上」になる

しかしシンプルなフレームだな〜。このスカスカの車体に、、、
クランクにコンロッドを付け(ここまでが本当に長〜い道のりだった、、、)液体ガスケットを塗って閉じたクランクケースを乗っけた!!!
ついでにフレームやリアタイヤ周りなどを洗車、きれいになりました!

たった一つの行程が進んだにすぎないが、抜け殻だったバイクにまた走り出す力の源が戻った。小さな一歩を踏んで大きく前に進めた気分!

夜は高校時代の友人たちと久々に飲んで、学生時代に戻ったような楽しい時間を過ごすと同時に、いい刺激ももらえた。

また、2月に更新手続きをしたパスポートを受け取った。写真が10年という歳月を物語ってきた。

←左 2012 JTB営業マン時代

→右 2022 風来坊となった今

どんどん社会からズレていってる感じだけど、それで構わないし、その方がおもしろい。

Keep on Rolling.

ELECTRIC FOREST RIDE

3月10日、電動バイクSUR-RONではじめて林道をがっつり走ってきた。目的地までは車で運び、走行時は11kgの予備バッテリーを背中にしょって。ドラゴンボールの超初期で、亀の甲羅を背負って修行していたシーンを思い出した🐢

こんな道ばかりだから走りごたえがある
お昼休憩時の光景。見慣れない形の乗り物にやっぱりみんな興味津々だ
午前中で自分のバッテリーが無くなったので、購入店の鈴木さんから借りたREDBULLデカールの予備バッテリーに交換したら、カッコ良さ3割増しになった気が!赤フレームとの相性がいいかな

持っていたDAKINEの小ぶりなバックパックが、偶然SUR-RONのバッテリーにシンデレラFIT!!バッテリーを体に完全に密着させられるから暴れず、重さや疲れをほぼ感じなかったのは嬉しい。

一般的なオフ車に混じって走り、その良し悪しがよくわかった。

◎GOOD◎

とにかく軽い、足つきがいい、足での操作がいらないから簡単、疲れにくい、エンジンバイクに負けずパワフルな走り、250ccクラストレール車と負けず劣らず、小さくてどうにでもなるという安心感、バイクとの比べて平面が多いし小さいから洗車がラク(ガンガン水かけて問題なし!)

⇒狭くてヌタヌタな道とかも何の心配もなく走れる。エンジンバイクのほとんどが苦戦した滑りやすいチュルチュルな登り坂もグイグイ上がった。細いタイヤのトラクションの弱さを心配したが、それよりも車体の軽さのメリットの方が大きくて滑っても後退せずに進んでくれた。基本的に道幅が狭くほぼタイヤ一本分のラインしかないシングルトレイルの今回のような千葉の林道では、パワフルな突き出しのSPORTSモードではアクセルワークを誤ると崖落ちするリスクもあったのと、節電のためECOモードで走ったが、充分バッチリ走ってくれた。自分レベルの腕でスピードを求めなければ、狭い林道ならば終始Eモードでもいいかなという感じたほど。

◉NOT GOOD◉ 

①軽さとホイールベースの短さゆえの弾かれやすさ。連続した根っこでは弾かれ続けれて車体が暴れまくり、ぜんぜん思い通りに走れなかった。トラ車の乗り方ができる人ならば問題ないかもしれない。また、その時は気合い入れてSPORTSモードにしてたから、加速がよくてなおさら弾かれてしまったのかもしれない。 

②ハンドルのステムマウントが自転車と同じシステムだからバイクとしては弱く、強い力がかかると前後に回転してしまう。スロットルホルダーもろとも回るからその瞬間スロットルをガバ開けしちゃったり、ブレーキシステムに干渉してブレーキが一時的に効かなくなったりと、一瞬ヒヤッとする出来事が何度かあった。

③これは慣れだと思うが、やはりバイクとは挙動が違うのでイメージ通りの動きにならない時が稀にあった。やはり弾かれてしまうのが最大の要因と思う。

★その他わかったこと★

①想定どおりだが、林道をほどほどの速さで走る場合、バッテリー消耗ペースはとても緩やか。舗装路をエンジンバイクと同じペースで走るにはSモードを多様することになり、バッテリーはガンガン減る。

②SモードはアクセルOFFにするとエンブレのような減速があるが、Eモードでは無い。Eモードはアクセルを全閉にしても惰性で進行し続けるから、下り坂ではどんどん加速する。SモードはアクセルONOFFだけでキビキビ走れ、Eモードは惰性でも進んだ方が電費が良いから、そうなっているんだなと思う。

③バッテリー残量が10%以下になるとSモードに入らずEモード固定になる

経験豊富な林道ライダーたちが多かった今回、一人だけ電動バイクでドキドキ・ワクワクしながら走った、林道と林道の移動区間の舗装路はやはりエンジンバイクに軍配が上がるが、山に入るとこちらの走破性の方が高かったと思う。バッテリーが持たず途中離脱するイメージだったが、2個駆使することで、何とか一日遊ぶことができたのだった。

また、乗らせてと言う人とは途中でバイクを交換したから、SUR-RONの他にXR400、WR250R、SEROW250でも走ることができ、それぞれの特性を味わえたのも良い経験だ。SEROW250が想像以上の良い走りで、ノーマルサスでもなかなか良い仕事してくれた。さすがはトレール車の王者!

それなりに難易度のある林道ツーリングをしてバッテリーを2個丸々空にする経験の中で、バイクについてもいろいろと考えることがあった。

サポートカーの話と合わせて次回書きます。

Keep on Rolling.

Ride,Drive,New,Old,On,Off,I don’t Care

世界が困難に包まれている状況の中で、自分のことしか考えてないこんな野郎でいいのかな、、と後ろめたさを感じつつ、、すごく良い一日となりました。

まず、2/17に買った電動バイクSUR-RONを公道デビューさせた。最初の目的地はタイムトンネル、ある意味このバイクが最も似合わない場所かもしれない。最先端の電動バイクに乗り、もはや化石に近い旧車を修理に行く。自分の興味の幅広さがちょっとおもしろい。ミラー付けるのを忘れてしまったから、そこまで見ちゃいないとは思いつつも道中でパトカーに会うたびにドキドキだった。見つかったらつまんない違反になっちゃうから。最近やたらとパトカーが多いのだ。

60年以上前のトラカブとツーショット。

ありもののナット二つを溶接でくっつけて特殊工具を作った。うまくできて良かった〜🔩

これを使ってクランクベアリングにクランクを圧入。そしてクランクケースの接合面に液体ガスケットを塗ってドッキング!ようやく、ようやくエンジンの核となる部分の治療が終わり、腰下が決まった。

時間がなかなか取れなかったことが一番の原因だが、エンジンをバラし始めてから実に一年半の月日が流れている。ドイツやイギリスからパーツを取り寄せ、内燃機屋にクランクとケースを持ち込んでで研磨やワンオフパーツを作ってもらう過程で、一つ進んだと思ったら新たな問題が見つかって苦労の連続だったから、この一山超えた感はとてつもなく大きい。次の作業はこの腰下を車体に乗せて、プライマリーやミッション、ギアボックスを組み、そしたら腰上を乗せて、、、復活への道が見えてきた!

ちょっと遅くなってしまったが、17時半にタイムトンネルを出発して横浜の日産グローバル本社ギャラリーへと走った。SUR-RONの走行モードはECOとSPORTSがあるが、自宅からタイムトンネルへ行く間はほぼSモードにして基本最高速度の70km/hで20kmほど走ったら、バッテリーが半分減った。Sモードはスタートでガバ開けすると簡単にウイリーするほどパワフル。それに比べEモードは加速がゆるやか(それでも充分よく走る)で50km/hまでしか出ないから慣れないとかったるく感じてしまうが、Sモードだと世田谷⇒横浜⇒川崎の40kmオーバーの完走は不安だったのでオールEモードで走った。徐々に慣れていき、遅いのも気にならなくなった。

日産グローバル本社ギャラリーは、そこにいるだけで気持ちいいし、楽しい、素晴らしい空間だった!今回は時間が無かったから、また近いうちにじっくりと見に行くつもりだ。

お目当てだった完全EVのSUV、ARIYA
ラゲッジスペースの広さチェック
運転席はこんな感じです
LEAFのレントゲンも見れた

ここで得た情報も踏まえた結果、このEVのARIYAをロシア冒険行のサポートカーにするプランは無しにした。違うやり方でこうすればいけるぞ!?という実現への道が見えてきた。このまま書き続けると長くなってしまうから、次回書く予定!

Keep on Rolling.

KS750

トライアンフの修理がきっかけで、ハーレー時代のようなチョッパー熱がジワジワと再燃している。

6月にロシアに渡ったら、正直死んでしまう可能性もなきにしもあらずだから、その前になんとか復活させてあの乗り味をもう一度感じたいと、作業日を増やしていく。

以前ブログでも書いた、タイムトンネルで販売中のナチス軍バイクだったZUNDAPP KS750が、ハイセンスなチョッパー誌『ROLLER magazine』#42に掲載されたので、よかったらご購入・ご覧ください。あ、バイクの方じゃなくて雑誌の方です!笑

※ウクライナ問題でこういう話題はタブーかもしれないけど、これはこれで過去の事実を物語る大切な遺産だから書きます

本物のマシンガン(ちゃんと無力化済み)、MG34が獲物を狙っている!こんな横を通るのは嫌だな〜、、よく通報されないな!

以下、ROLLER誌より。

KS750以外にも、めちゃくちゃかっこいい写真とセンスいいバイクが見れるいい雑誌で、ほんと久々にこういう系のバイク本を買ういいきっかけになりました!

沖縄でスクーター高校生が警官に殴られ失明した事件をおもう

1月27日に発生し、若者約400人が暴動を起こしてニュースになったこの事件の展開を、注目して見守っている。

(Yahooニュース)

https://news.yahoo.co.jp/articles/fe78086e13bf0c99afa6a3aeb2f769f0fa4507c3

単なる職業の一つにすぎないのに、正義の味方とか特別な権力があるとか偉いとか勘違いして、どうでもいい交通違反などを執拗に取り締まったりする一般常識から外れバランスの欠けた警察全般がもともと大嫌いだが、もしも失明した高校生の証言通り、バイクで走る少年の顔面めがけていきなり警棒でぶん殴ったなら、殺人未遂に問うべきだ。死んでもおかしくない。

きっとこの警官は器が小さくて、子供相手でも怖くてたまらなくて支給された素晴らしい武器の力に頼ったのだろう。そんな精神的に未熟な小物が町や市民を守る立場につき、税金で生活をしているなんて。。。あきれてすぎてアホくさくなる。こんな平均点以下の人間が警察にいることを認めるのが恥ずかしくて、都合の悪いことは例え一方的な暴行や冤罪であっても正当化したり隠蔽したりするのは、最低だろう。

「静止を求めたが無視して自分から突っ込んできて警棒にぶつかった」という警察側の証言は、どう考えてもおかしくてこいつ何言ってんの?だ。こんな酷い目にあわせておきながら、自分の身を守るために嘘をついて罪から逃れようとしているのだから、クズ以外の何者でもない。公平なジャッジメントの結果、警官が裁かれることを強く願っている。

バイク免許取ったばかりで楽しく走っていただけの17歳の目玉を殴り潰して眼球破裂させた罪は、業務上過失ではなくて明らかに故意、許されるべきではない。同じ目を味あわせるべきだ。一人のバイク乗りとして心底悲しい気持ちになり、今後の展開次第では募金とかやって被害者を応援したいと思っている。