Into the Wild Future

奥多摩にほど近いスゴいショップ鈴木オートさんに行き、購入済みだった次世代のバイク、電動バイクのSUR-RONのLIGHT BEE  L1eを引き取ってきた。

フレームワークやスイングアームを見れば見るほど、これバイクなの?と思う新しい乗り物だ。これまでのバイクと同じ視点で見るならば正直カッコいいとは言い難いが、いろんなバイクに触れてきた自分は理解の幅が広い。これはモトクロッサーとして作られたのだから利便性よりも運動性能が命で、とにかくパワーウエイトレシオのみを追求し、かつ電動なのだからこのシルエットにも納得がいく。むしろ研ぎ澄まされた機能美をビリビリ感じてしまう。ここまで振りきったマシンは日本の企業じゃ作らない。さらに振りきれまくっている俺は、このバイクの作り手が全く想定していない地球規模のロングツーリングに挑む。

ガソリンもオイルも無いから横っ倒しにして平気なのが新感覚、自転車のようだ。フロントタイヤを外せば二列目以降をフラットにしたエクストレイルに一人でも積み込めるから、トランポ要らずなのも嬉しい。これまでのバイクに必要なガソリンタンク、キャブレターorインジェクター、エアクリーナー、エンジン(ピストン、バルブ、カム、コンロッド、シリンダー、プラグ、クランクなど)クラッチ、ギアボックス、オイル系統が無いので、とにかくコンパクトな印象。コアパーツはバッテリー、モーター、コントローラー、レギュレターの4つとシンプル極まりない構造だ。

鈴木さんが、スペアタイヤやスペアリアフェンダーをサービスしてくれた!そして普通はエンドユーザーには渡さないという車両に関する様々な情報もくれた。この最高の鈴木オートについては、また追って紹介記事書きます。

バッテリーはこのぐらいの大きさで、重さ11kg。週末の雪中ライディングで少しでも長く走るために、鈴木さんの私物を予備バッテリーとしてお借りしてきた。
左が鈴木オート代表の鈴木正彦さん、出会えてよかった!この頼りになる御方を通じて、今後SUR-RON Japanさんにスペアパーツ提供の協力を依頼したいと思っている。

初ライディングは今週末、雪山の中でのシェイクダウン!エンジンにあたりをつける慣らし運転とかないから、いきなり乗れる。行くぜ!

Keep on Rolling.

The Plan of Riding Mongolia in this Summer

1/22の投稿で少し触れたが、この夏はモンゴルをバイクで走ることも計画している。 原始からこの景色は変わらないんじゃないか?無限に続くんじゃないか?という風景が待つ、きっと誰もが感動する世界だ。

ツアラテック社長の水谷さんから、日本からモンゴルへ自分のバイクを送ってこのオフロード天国を走る体験をさせたい、という相談を受けて手配を進めている。

海外ツーリングにトラブルはつきもの。水谷さんがこの人なら人間的にも技術的にも大丈夫、ようは何が起こっても文句を言わない人だけに声をかけて参加者を募る。SSERのRally Mongoliaと組んで、松山からバイクをウランバートルへと送る。

そして、自分もコーディネーターとして参加を予定している。日程は、8/6~14だから、Vladivostok to Magadan challenge の直後になる。だから、ロシアから日本に帰らずウランバートルに飛んだ方がいいな!と思っている。

計画どおり、熱い5月~8月を実現すべく一歩ずつ、久しぶりに海外とのやり取りとネゴシエーションがんばります!

Ready to ride RUSSIA and MONGOLIA 2022

依然としてコロナに翻弄され続けている世界ではあるが、人生は一度きり。いまこの瞬間にも減っていく命の時間が惜しいから、ワクチン接種やPCR陰性証明で入れる国があるのが現状なので、春から出かけていく準備をしている。

今日はその計画を練る時間がけっこうとれた。

まず、電動バイクで東へと走るロシアの方は、ウラジオストク~ゴールのマガダンまでのルートを決めた。当初は道が存在しないところも走るつもりだったが、荒野の中で食料を確保すること、寒さに負けず生き抜くことだけでも死ぬほど大変なのに、そんな中で電気を作らないと前に進めないなんて、うまく想像できない。なので、かなり遠回りにはなるが、既存の道(といっても未舗装区間や穴ぼこだらけで相当ラフ&タフなのは間違いない)を走ることに決めた。おおまかには下の地図の赤いピンで、一番南のがウラジオストクで、黄色いピンが今年のゴールのマガダンになる。

2017年、ロシアの路上にてこのルートを走ってきたと思われるライダーと出会っている。

とても印象的でよく覚えている。出会ったロシア人ライダーのほとんどが、みなスピードが出るスポーツタイプのバイクばかりだったのに(とにかくデカいロシアをなるべく早く移動したいからだと思う)、この人はデュアルパーバスモデルのスーパーテネレを駆り、大陸横断ライダーばりの重装備&大荷物だったから。きっとどこかのMCのボスだろう、と一目で感じさせる番長オーラを感じた。 

後から写真を見て、着ているベストに『PRESIDENT』の文字を見つけ、それが本当だとったんだとわかったのは、つい最近のことだ。

俺「Where are you from?」

番長「Magada—–n!!!!!」(かなり誇らしげに)

俺「OH! Magada—n!!」

彼の勢いにのまれて一瞬で「やるじゃない!」的なリアクションを返したのだが、実は西に向かっていた俺には聞いたことが無い地名で、心の中では「へ?マガダンてどこよ!?」って思ったものだった。そして別れた後に地図で地名を検索したらカムチャッカ半島の手前ぐらいにある町だと知り、こんなに東から来たのか~と驚いた。

彼がバイクで来れたのなら、俺も絶対に行けるはずだ。同じガソリンバイクならば当然、でも電動バイクならばできるかどうかわからない。だから挑戦してみたい。

またもう一つ、8月にモンゴルを走るツアーの企画も考えているのだが、それも今日一気に進展させて現実味を帯びてきた。こちらについては、このまま続けて書くと長くなるから、また近々紹介したい。

こうして、5月~8月の4ヶ月間を海外ツーリングに注いでやろうと企んでます!

Keep on Rolling.