Rider’s House HAKUBA

三年前に知り合った、世界をバイクで旅するチェコ人のMaylo(マイロ)。

チェコをバイクで旅立ち二年半後に日本へたどり着き、スノーボーダーがゆえ白馬の雪に心を奪われてそこに住みたいがために傷んだ家を買い、自分でリフォームして今年から宿泊施設としての許可を取るまでに漕ぎ着けた。三年前に泊まらせてもらった時は床板や壁を剥がしている途中だったから、完成してどうなったのかぜひ見てみたい。

そんな彼が、「半年ぐらいチェコに帰るから、その期間中白馬の家に住んでくれる人を探してる。なんならこの家を使ってAir BnBで稼いでも構わない」と連絡があったから、彼がチェコに帰る前に立ち寄りたいと言ってきたAraiヘルメット本社@大宮で待ち合わせて、詳しく話を聞いてみた。

隣接するショールーム
我々の訪問を快く受け入れてくださったアライ社員の悠平くん。感謝!

川崎から移り住もうと思っている身として、夏は自然豊かな白馬でライダーズハウス経営も悪くないな、と思ったり。じっくり考えようと思う。

帰り道はのんべえ街、赤羽で下車。歩き回っているうちに「まるます家」という店が目に止まり、入った。するとこれが老舗の有名店だったらしく、アタリ!

左上が鯉のあらい(温水ひたし)、右上がマグロぶつ、下がもつ煮。鯉のあらいは酢味噌をつける、美味しすぎてすぐ食べた。

鯉の刺し身にもチャレンジ。臭みはまったくなく、プリップリの歯ごたえでめちゃくちゃウマかった!!これで600円、珍しいものを美味しく食べられる名店でした。

MayloとはGW中に俺が白馬に行ってまた会う約束をした。マジでライダーズハウスのオーナーをやるか?真剣に考えて、行って建物や白馬村をじっくりと観察してから、結論を出したい。といっても、誰かとやった方が準備や掃除とかラクだし、8/5〜19はモンゴルに行く予定だから居ないし、一緒にこのライダーズハウス経営を楽しんでくれる相棒も探してみよう。

久々にガッツリ英語で話したら、Mayloが言ってることはほぼわかったが、話すとなると言葉がなかなか出てこなかった。英語もっと鍛えたいなー。

CHIBA Touring

タイムトンネルで働く仲間たちと、千葉を走ってきた。久里浜港に朝6時半に集合し、7時20分のフェリーで浜金谷港へと渡る。季節外れの暖かさ、むしろ暑いぐらいで千葉沿岸部を走る時は夏の香りを感じるほどだった。

最近話題の「燈籠坂大師の切通しトンネル」にも立ち寄る。なるほど確かにバエる!
先輩二人のバイクはDUCATI 750 F1(右)と、BMW R75/5(左)
勝浦タンタンメンの名店「こだま」でランチ。10時半OPENの少し前に到着、家を5時過ぎに出たからこの時間でみんなハラペコ
想像を超えた激ウマ!
精肉店もやってるから肉炒めやレバニラも絶品だった

写真はそんなに撮らなかったが、「へー、こんなのどかな文化がここにはまだ残ってたんだ」と感じる、地域コミュニティが生きている優しい景色にたくさん出会えた。神奈川や東京の隣りながら、内陸部は信号のない田園風景が広がり、海がぐるりとり囲まれた千葉の自然に改めて魅了された。

もともと、今住んでいるマンションの契約更新となる7月末で、ガレージを建てている千葉市緑区付近に引っ越そうと考えているのだが、今回走って海山両方にアクセスしやすい場所がいいなぁとも思った。千葉という地がもっと好きになったポジティブツーリングでした!

MIKABO Super Offroad

とても暑くなった今日、風魔プラス1のお花見林道ツーリングにスーパーテネレで参戦してきた。今年は開花が早かったからもう見れないかな〜と思っていたが、むしろ満開レベルで残っていた。林道には一部残雪もあったから、秩父周辺は俺が思っていた以上に寒い場所のようだ。

総勢27台のオフ好きライダーたちが集結
100% & DEUSコラボのオシャレ系ゴーグル、バーストゥを初めて使ってみたが、林道ツーリングレベルでは充分実用的だった
今やなかなかお目にかかれないTDRのモタードカスタム車もご参加
ランチはサバサンドと、カラシマヨネーズチキンサンドを作り持ってった

難所の少ない御荷鉾スーパー林道だったから、ゆるフワ気分で走っていたところ、、、

前を走っていたTDRが突然ストップ。見るとリアサスペンションリンクが真っ二つに割れちゃっている!!ウギャー
リアサスがスイングアームから外れちゃているから、リアタイヤとリアフェンダーがくっつき、こんなに低いシャコタンバイクになっちゃった、、、エキパイ接地してるし!
一緒にヘルプした方のアイデアで、スイングアームとタンデムステップステーの間に丸太をぶち込み、タイヤが回るクリアランスを確保。その後、三人で協力しながら林道の脱出を試みる。
途中、自分のスーパーテネレとTDRをロープで結び、牽引したりもした。めったにできない、バイクを引っ張る感覚と緊張感が、終わったあと不思議な充実感をもたらした。

何事もなく林道を走り終えたら決して味わえない、おそらく一生忘れられないいろいろと熱い一日になりました!

Tank Badge for TRIUMPH

ebayのオークションで$29で落札したエンブレムが届いた。実物は新しくてチープな感じだったらどうしよう!?とドキドキしていたが、1960年代の純正エンブレムをカスタマイズした当時物だと一目でわかる味と重厚感。イメージ以上にかっこよくて、大満足!
こんな宅急便コンパクトみたいな箱で届いた、梱包もしっかりしていた
載せ替えるタンクに付けてみたらこんな感じ

別件。

ロシア行きは断念したところだが、電動バイクのサポートカーがもしかしたら手に入る可能性が出てきた。そうなると、アタックせずにはいられない。チャレンジに値する別の場所はどこがいい?と考えていくうちに、南米大陸最南端のパタゴニアを目指す旅ならば目標に足る、と思った。強風吹き荒れ寒さ厳しい、最果ての地といわれるパタゴニアは以前から行きたかった。スタートはもっと北から、たとえばボリビアのウユニ塩湖やチリのアタカマ砂漠などを経由すれば素晴らしい映像や写真が撮れ、サポートカーにとっても最高のプロモーションになるだろう。

南半球なので実施時期は10月以降になるが、夏はモンゴルを走り、冬はパタゴニアを走るのも悪くない!いつもいろいろ蛇行、展開したことばかり書いてすいません。

Ride,Drive,New,Old,On,Off,I don’t Care

世界が困難に包まれている状況の中で、自分のことしか考えてないこんな野郎でいいのかな、、と後ろめたさを感じつつ、、すごく良い一日となりました。

まず、2/17に買った電動バイクSUR-RONを公道デビューさせた。最初の目的地はタイムトンネル、ある意味このバイクが最も似合わない場所かもしれない。最先端の電動バイクに乗り、もはや化石に近い旧車を修理に行く。自分の興味の幅広さがちょっとおもしろい。ミラー付けるのを忘れてしまったから、そこまで見ちゃいないとは思いつつも道中でパトカーに会うたびにドキドキだった。見つかったらつまんない違反になっちゃうから。最近やたらとパトカーが多いのだ。

60年以上前のトラカブとツーショット。

ありもののナット二つを溶接でくっつけて特殊工具を作った。うまくできて良かった〜🔩

これを使ってクランクベアリングにクランクを圧入。そしてクランクケースの接合面に液体ガスケットを塗ってドッキング!ようやく、ようやくエンジンの核となる部分の治療が終わり、腰下が決まった。

時間がなかなか取れなかったことが一番の原因だが、エンジンをバラし始めてから実に一年半の月日が流れている。ドイツやイギリスからパーツを取り寄せ、内燃機屋にクランクとケースを持ち込んでで研磨やワンオフパーツを作ってもらう過程で、一つ進んだと思ったら新たな問題が見つかって苦労の連続だったから、この一山超えた感はとてつもなく大きい。次の作業はこの腰下を車体に乗せて、プライマリーやミッション、ギアボックスを組み、そしたら腰上を乗せて、、、復活への道が見えてきた!

ちょっと遅くなってしまったが、17時半にタイムトンネルを出発して横浜の日産グローバル本社ギャラリーへと走った。SUR-RONの走行モードはECOとSPORTSがあるが、自宅からタイムトンネルへ行く間はほぼSモードにして基本最高速度の70km/hで20kmほど走ったら、バッテリーが半分減った。Sモードはスタートでガバ開けすると簡単にウイリーするほどパワフル。それに比べEモードは加速がゆるやか(それでも充分よく走る)で50km/hまでしか出ないから慣れないとかったるく感じてしまうが、Sモードだと世田谷⇒横浜⇒川崎の40kmオーバーの完走は不安だったのでオールEモードで走った。徐々に慣れていき、遅いのも気にならなくなった。

日産グローバル本社ギャラリーは、そこにいるだけで気持ちいいし、楽しい、素晴らしい空間だった!今回は時間が無かったから、また近いうちにじっくりと見に行くつもりだ。

お目当てだった完全EVのSUV、ARIYA
ラゲッジスペースの広さチェック
運転席はこんな感じです
LEAFのレントゲンも見れた

ここで得た情報も踏まえた結果、このEVのARIYAをロシア冒険行のサポートカーにするプランは無しにした。違うやり方でこうすればいけるぞ!?という実現への道が見えてきた。このまま書き続けると長くなってしまうから、次回書く予定!

Keep on Rolling.