友人に会いにGrazへ

5 December  4年前にゴビ砂漠を一緒に旅した友人、スラニー京子さん夫婦に会いにAustriaはGraz(グラーツ)を目指す。

この時期の北上は凍結や雪のリスクもあり少し迷ったが、こんな機会でもないとなかなか会えない。それに多少のリスクなら乗り越えて進む旅の方がおもしろい。山岳国家のオーストリアにあって、グラーツが山中に位置していなくてラッキーだ。

途中で一泊したCroatiaの首都Zagreb(ザグレブ)の夜はなかなかきれいだった。

そして翌日、無事二人に会うことができた!京子さんは翻訳家、旦那さんのWolfgangさんは大学教授。ビールが有名なオーストリアで、ビールに合う美味しい料理をご馳走になってしまいながら、思い出話や旅のこれまでとこれからに花が咲いた。

町歩きも楽しんだ。ザグレブでもそうだったけど、屋台のビールとソーセージに惹かれて吸い込まれる〜。

町のシンボル、時計塔は高台にあって町を一望できる。

グラーツ駅の天井はド派手!

さすがはKTMの祖国オーストリア、メチャメチャでかいバイク用品専門店があった!

しかし、売り場の3分の2はウェアやヘルメットなど人間用のアイテム=ファッション重視な印象で、工具やスペアパーツ類といったバイクのための品揃えは正直いま一つに思えた。例えばオイルドレンボルトのワッシャーリングが無かったり、パンク修理キットはチューブレス用しか無かったり。こんなに大きなお店なのに置いてないとは意外だった。

やっぱ、日本のバイク用品店の品揃えってすごいぜ!!と感心、 in オーストリアでした。