Dead or Alive? in Monkey Island

1月9日(日)、関東のオフローダーやキャンパーの聖地ともいえる「猿ケ島」をビッグオフで駆け回る企画、その名も『デスマッチツーリング』がTOURATECH JAPANで開催されたので、参加した。

先にクライマックスの風景を。ラスボスステージのゴロゴロ石ガレ場はこんな感じだったけど、コケずに突破できた!

以下、年末にツアラテックが配信したメルマガより笑

2022年の走り初め 猿ヶ島縦断一気走りツーリング企画(別名デスマッチ)
最後まで走りきれるのは誰か? スタッフによるヘルプ等は一切ありません
こけたりハマったりすると置いて行かれるデスマッチ企画です。
店長曰く「怪我と弁当は自分持ち」だそうです(笑)
参加資格は2気筒以上のバイクまたは200キロ以上のバイクで相模川のガレ場とサンドを
1人でなんとか走り抜けられる体力と精神力を持った人です。^^
雨天中止です。1月9日7:00~10:00で、ツアラテック駐車場スタート/ゴールとなります。
主催者(先導車)もコケて立ち直れなかったら置いていって下さい(笑)
ただ走るだけの企画です

土曜はツアラテック前泊組10名以上と前夜祭兼新年会で大盛り上がりして、6時半になんとか起床。シートにガッツリ霜が降りてる寒い朝7時にツアラテック駐車場を出発、キンと冷えた澄んだ空気で残っていた酔いも消えていき、猿ケ島に着く頃にはすっかりシャキッと目覚めていた。

走行風景の写真は撮れなかったから、停まってる時の写真ばかりでおもしろくなくてスンマセン。

20名以上が出場し、ラスボスステージまでクリアできたのは半分強、意外にも自分も生き残れた。ビッグオフの世界は極めてマイナーだけど、その中で名の知れている上手い人たちの後ろに着いていけたのはとても嬉しいかった。

最後の最後にコケてサイドカバーの一部が割れちゃったけどぜんぜんオッケーで、むしろ傷一つ無くこの日を終えるよりずっと残る思い出をバイクに刻めた感じで、なぜか嬉しさにも似た気持ちになった笑。割れたのを直したと一目でわかる感じで、黒いボンドとかでリペアする予定。

クソ重たいスーパーテネレだけど、その分ドッシリと安定感抜群だからちょっとやそっとの悪路でも弾かれたり乱されたりせず、うまく扱ってやればオフもかなり行ける。エンデューロやトレールバイクよりも体全体を使って乗りこなす感じで、操るおもしろさや充実感も大きい。

いい経験になりました!

Keep on Rolling.

My Way

1月5日の今日、奥多摩林道ツーリングに行ってきた。バイクはスーパーテネレで。

リアブレーキがほとんど効かなくなってフロントしか使えない状態だったから、前日にパッド交換とピストン掃除とフルード交換。安心して使えるリアブレーキに1ヶ月ぶりに復活させてから走る。しかもパッドはもう完全にアウトで、ディスクローターアタックまでほんとあとわずかだったから、やって良かった~。フロントも時間つくって早いうちにやろう、まだ効くけどフルードが古すぎるし。

正直、朝出る時はけっこう憂鬱だった。重いテネレでの林道走行はただでさえ勇気がいるのだが、この時期の奥多摩は非常に寒くて舗装路も未舗装路も凍結が潜む。でも、ロシア最東端に挑むつもりならば、こんな程度で尻込みしてる場合じゃないという気持ちで飛び出した。

結果、凍結箇所はそれほどなく、予想していた苦戦や転倒なく走り切ることができた。まぁ、優しいコースということもあったけれど、一応うれしい。案内してくれた人や一緒に走った人たちに感謝だ、楽しかった。

走りながら、俺はバイクで何がしたいのだろう?と考えた。

もともと、行きたい場所へ自由に移動したい、という気持ちが原動力で乗り始めたバイク。走りまくり行動範囲がどんどん広がり、気がつけば地球規模で道なき場所も走るようになり、結果としてオフロードライディングが必要となった。だから、自分がオフロードライダーだとは思ってないし、そう言っては本気のオフロードライダーに失礼な気がする。

俺はなぜ、何のために走るのだろう?と考えた。

答えは出なかった。ただ何となく走りたいから、としか思い浮かばなかったし、全てのものに答えがあるわけではないことが今はわかっている。

そして、俺は技術的に優れたライダーではないから、そんな俺にできることはバイクという乗り物を地球スケールで描き、無理とか限界とかいう決めつけを恐れずに走らせることだけだ、と改めて心に刻んだ。

それ以外のことは、俺以外の人がやればいいのだ。

Song 『Walk on the Wild Side』/ Lou Reed より

She says, “Hey, babe. Take a walk on the wild side”

Said, “Hey, honey. Take a walk on the wild side “

A Happy and Stormy New Year 2022!

新年明けましておめでとうございます。

2022年がはじまった。ゆく年くる年のセレモニーには年々鈍感になっていたけど、今年は強烈に意識している。目標に向かって全てを捧げる生活をはじめるのだ。

ふだんは神頼みしない気質だけど、2022-23の二年計画で実行する決意のユーラシア大陸最東端への冒険は命懸けになるので、今年はなんとなく願掛けがしたくなり、山頂や離島を除き日本一早い初日の出が見れる犬吠埼へと自然と気持ちが向いた。東の端っこというロケーションもバッチリだ。

初日の出時刻は6時46分、自宅から犬吠埼までは約140km。周辺の混雑を見込み、3時半に対極寒装備で出発。年越し寒波はなかなか手強く、ひたすら高速を走ってると指先と足の裏が痛すぎて感覚がなくなる。到着時間がはっきり読めた残り10km地点で、暖をとるためコインランドリーにピットインし、缶コーヒーブレイク。 久々だ、こういう感じで走ったのは。

あ、ちなみに乾燥機に飛び込んだわけじゃないですよ!笑

復路にて、大陸横断ツーリングの恩人である浅井明さんのお墓と、親父に戒名をくれたアントニオさんが生前立ち続けた場所に寄り、二人にもう一度だけでいいから力を貸してください、とお願いした。明日は親父の墓にも行ってくる。

元旦から、 明るく楽しくでなくどちらかといえば重たく冷たい感じだが、今年はそれでいい。

静かに燃えてます。

Normally I don’t pray to God but did today.

Next challenge, that reach to East edge of Eurasia by electronic moto and bicycle, is so so far and tough enough so my soul move to pray.

Running toward INUBO-SAKI to see and pray the fastest sunrise in Japan(except for mountain peeks and islands). And toward my benefactors in heaven, too.

Give me your power one more time, don’t need any more…

Slowly Burning and Keep on Rolling.

100,000$ Motorcycle!

ちょこちょこブログに登場するヴィンテージバイクショップ【TIME TUNNEL】の大掃除で、第二次大戦ドイツ軍用車のZUNDAPP(あだ名は「戦車」)を外に出す機会があったから、またがっちゃいました。 後ろにはハーケンクロイツが。。

ネオナチあらわる!?

あと、BIG NEWS!!

プロの撮影隊によるお店のPV的なYoutubeできたから、ぜひ観てください!正直そこら中に溢れるバイク系動画の中でもバツグンにセンスがいい、ドキュメンタリームービーレベルの作品になってます。

俺も当日先導バイク役で参加したけど、修理中のトライアンフ=旧車じゃなくてスーパーテネレ=現代車だったからほとんど写ってなく、けど最後の方にけっこういい感じで登場します♪

これはお世辞じゃなくて、誰が観ても絶対におもしろいムービーに間違いないです!

Year-end Party in the Secret Base

ガレージを建てている場所で、DIY雑誌ドゥーパ!の忘年会を12/18(土)に開催。雑誌に関わっている人々が集まった。

ガレージから始まり、敷地内には今やいろんな設備が手作りされている。アースオーブンやファイヤーサークルやサウナ小屋がフル稼働し、楽しいアウトドアパーティーとなった。

以下の5枚は、長野修平さんが撮影した写真を拝借してます

ティピーの中で焚き火をしているところを撮影したら、謎の発光体がたくさん写った!ティピーの外にこんなイルミネーションみたいな光は全く無かったのに、不思議だ。

年が明けたら少しずつ、ここで一人焚き火で煮炊きしながら泊まる時間を設けていき、次なる旅で必須となる野営力を高めていこうと思ってます。 あと、使わなくていいから鈍っていた英語力も。

The forest zone that I’m building garage now have Earth oven, fire space, Sauna lodge and so on.

I will stay here sometimes from now for improve my wild ability toward next adventure.

Keep on Rolling.