2019.8.3(土) 今年も出ます!夏祭り12時間エンデューロ

朝から晩まで走って(ちゃんと交代しながら)、
死ぬほど汗かいて、疲れるけどそれが楽しくて、
ついでに花火大会も特等席から見れて、
かなりアツい夏の思い出が残ります!!🔥

そこで、チームメイト募集中!
我こそはという方、7/23(火)までにご連絡ください!

【Facebookの風魔プラス1のイベントページへのリンク】

↓ ↓ ↓

https://www.facebook.com/events/757166088019774/

2019.7.8 朝日新聞夕刊の一面記事

5年近く前。当時の職場に、
「キリマンジャロを登頂したい」と、
不自由な体を支える恋人と二人で、
文字通り二人三脚で現れた、本田充くん。

あれからどのぐらい筋ジストロフィーが進行したのかは知らないが、
現代医学において不治の病と闘い、
誰かの力ではなく自分の力で克服しようとしている。

体が動かなくなるのが先か、治療法を見つけるのが先か。
誰も登ったことが無い山頂が見えない山を、
彼が越える日が来ることを信じている。

スクリーンショット 2019-07-15 23.18.05

【朝日新聞デジタルへのリンク】

↓ ↓ ↓

https://www.asahi.com/articles/ASM76001HM75PLBJ008.html?fbclid=IwAR0YNi-9XQlM4j6D8RrPLRftEhxWPe1PBTgI3DTnIhxrgzxLqXMPHtjFFwg

 

道祖神 マン島TTレース観戦ツアー2019 IOMTT2019

_20190602_010247

今日、マン島へと渡る。
歴史上最も偉大なレースの一つに会いに行く。

連日の悪天候で予選のキャンセルが続きまくってるから、さてどうなることやら。
でも、TTウィーク中のマン島では、楽しみ方はいくらでもある。
どうなっても、間違いなく「来てよかった」と思えるだろう。

その歴史を学べば学ぶほど、特別なレースであることがわかった。

特に、つい先日発刊されたバイク誌「Rider」vol.24では、そのスピリットや歴史、レギュレーションやコース、特徴や是非を、叙情的かつ情熱的な口調で、かつわかりやすく簡潔に書き上げている。
再掲載の記事だけど、112年間続くレースに宿る普遍的な真理に迫っているから、まるで色あせず新鮮に感じる。
興味のある方はぜひ読んでみてください!

記事内で見つけた一文
「自分の情熱をスピードに変えて、精一杯生きて、、、(以後割愛)」

燃やした命で、エンジンをさらに加速させる。
熱くならないはずがない。
楽しみで仕方ない!

バイク情報誌『グー バイク』首都圏版に金本の記事が載りました!

gb_syuto.jpg

5/17(金)発売 2019.7月号のテーマは
「路を選ばない走破力!世界が広がるオフロード」

その特集トップの見開きに寄稿してますので、よろしければぜひご覧ください。

お求めやすい¥260、全国の書店・コンビニで販売中です。
https://www.goobike.com/info/magazine/

みなさん、中古車探しはグーバイクで!

 

Motorcycle tour in CAMBODIA

海外ツーリングの道祖神《4/29発 カンボジア メコン川とアンコール・ワット オフロードツーリング 6日間》

行ってきました!

メコン川を渡り、
ジャングルを抜けて、
アンコール・ワットなどの遺跡群を目指す旅。

DSC01116DSC01142DSC01147DSC03091DSC01200DSC01159DSC01250

蒸し暑さと戦いながら、汗だっくだくで走った。

移り行くカンボジアの景色や村々、そして人々とのふれあいで、
一日走っていても飽きることは全くなかった。

5/3に無事ゴールして、
アンコール・ワット、
アンコール・トム(バイヨン)、
タ・プローム
を訪問。

DSC01390DSC01427DSC01416DSC01475DSC01470DSC01462DSC01481

ゴール後にこんな素晴らしいご褒美が待っているのが 、このツアーのオイシイところ。

参加しないとわからない魅力がタップリの、6日間ながらも充実確実のツアーなのだ🇰🇭🏍️

今年度あと5回(いずれも下期になりますが10・11・2020年1・2・3月)も設定があるので、
今後のお申込みお待ちしています!!

(ツアーの詳細ページ)

https://www.biketour.jp/tour/00056-cambodia-offroad/