Move Forward 

今朝セントラルエキスプレスの事務所に行くと、5/11にモンゴルへ向けて送ったバイク6台が、最大の難関であった中国の天津港(6000本のコンテナが先に進まずスタックしているというウワサ!)の順番待ちをうまくすり抜け、ウランバートル行きの列車に乗ったという吉報をいただけた。

約1ヶ月前にバイクを預けた川崎港の風景。やはり海は地球上あらゆる場所へとつながっているという当たり前のことを身を持って実感する。

中国からモンゴルへと国境を越え、ウランバートルで輸入通関が完了するまでまだまだ油断はできないが、とりあえずホッと一安心だ。とにかく一番の悩みのタネであった渋滞ポイントをクリアできたので、8/5からスタートするモンゴルツーリングでバイクが無事到着している可能性がかなり高まった!

その吉報を受けて、参加者から預かっている6台分のバイクのキーと、一時的な輸入品であることを証明して無関税にする書類カルネを、ウランバートルのサポートチームへと送る。タイミングよくモンゴル行きのEMSが6月から復活し、DHLだと25000円かかるものが2800円で済んだ!

6台分のキーとカルネが入った大切な箱。無事ウランバートルに届きますように!
続いてタイムトンネルへ。お店では使わない純正シート(要するに売り物としては使えるレベルじゃないもの)をもらってぶった切って、ワンオフのシングルシートを製作する。まずレザーとアンコを外してシートベースを取り出す。
グラインダーでぶった切って、、
真ん中を落として詰めて、、

溶接でくっつけて短くして、、
こんな感じになりました。が、詰めた部分にはどうしても高低差があり絶壁になってしまい、ちょっと厳しい感じに。。
優しい店長が、なんともう一つ「これ使わねーからあげるよ!」とシートをくれた!前のやつよりサビサビだけど贅沢は言っていられない、感謝だ!気を取り直して今度こそ!
フィニッシュのアールをうまく切り出す技術が必要になるが、鉄板の整形にもずいぶんと慣れたからいけるはずだと考えて、今度は単純に後ろを切り詰めることにした。
ちょっと大きめに切って
サンディングマシーンで削り、最終的な形に整えていく。
さらにベルトサンダーで切り口をなめらかにして、完成!引き続きサビ止め塗料をほどこす。

赤サビが黒サビへと変化していく。この上にさらに黒の塗装をほどこして、デザインイメージと一緒にシート屋さんに送ってアンコとレザーをワンオフで製作してもらい、オリジナルシートへと変化する。自由自在にオーダーできるからカッコよく仕上げるので、ご期待ください♪

TRIUMPH Restore Diaries

ここ2週間でフロントタイヤの19インチ化と、タンクステーの製作&取り付けが完了して、自分の中ではBig Changeを遂げたMyトラ。その過程を記します。

バイクたちが格納された閉店後の店内にて、いま18インチのフロントタイヤを19インチ化すべく、なんとかスペースをつくりフロントタイヤを外す。
完了!
次にハブを取り出す。アクスルシャフトを万力に固定して回らなくし、インパクトでブレーキパネルのロックナットを外す。
ブレーキパネルを外し、
バラしたついでにブレーキのオーバーホール。シューとブレーキドラム内の錆取りと、接着部位をグリスアップした。
タイヤを外し、
リムからスポークを外してハブを摘出する。スポークはステンレスだから錆なし、リムはまぁまぁ錆びてるけど磨けばそれなりに綺麗になるレベル。英車のホイールはまぁまぁ貴重だから、リムとスポークとタイヤのセットでヤフオクに出そうと企んでいる。
ハブがバレた。
前オーナーによるハンドメイドのエアインテークカバーのボルトが錆びてるため、塗装すべく外す。舐めやすいマイナスネジでかなり強くとめられているため、ショックドライバーを駆使してで外した。
ブレーキシューはまだ使える厚みがあったから、表面の錆取りだけペーパーで削って再利用することに。
ブレーキパネルは表面を磨いて綺麗にしてあげた。エアインテークカバーを外したから穴が目立つ。
ひと通りチェックを終え、19インチのNEWリム&NEWスポークでフロントを組んでいく。英車のスポークパターンは国産車と比べて単純だから、仮組みまでは簡単だ。しかしその逆に、、芯出し=リムの触れ(フレ)が無いようにスポークを本締めすること=は難しいイメージがある。リムの精度が低いのか、スポークのパターンが単純がゆえにスポークの緩急が敏感にリムに反映されるのか。理由はわからないが。
とりあえず仮組みまではササッと完了!
そして、いざ本締めへ。タイムトンネル流、ペール缶に渡して、
リムを回転させて、フレを割り箸とのズレで見極めポスカでマークし、締め具合をコントロールしなかがら少しずつニップルレンチを回して、フレが極力少なくなるようにスポークを張っていく。
今回、一回では決まらず一度全部緩めてやり直し、2回目で芯が出た!何回やってもフレまくりどツボにハマッてしまうこともありがちなスポーク張りにおいて、特にリムの製品精度が低いことが多い英車を相手に、二回目で納得いくレベルに組めたのはまぁ最短時間で済んだと思っていいだろう。
スポークが決まったから、タイヤを付ける。タイムトンネルに中古のDUNLOP K70が余っていたからとりあえずこれを履き、 そのうち好きなやつに変えよう。
お次はタンクステーの製作にうつる。鉄板をぶった切るところからスタート。
NEWタンクは下からボルト4本で留めるタイプなので、前後に付けるステー二本を切り出す。
ボルト位置に合わせてボール盤で穴をあけていく。まず細いドリルで小さな穴をあけ、それを徐々に太いドリルにして拡張していく。
最終的に16mmまで広げた。
ステーが完成!
フレームに溶接する。
タンクのボルト位置とズレないように前後左右を合わせつつ、ねじれないように、傾かないようにキッチリと付ける作業は、シンプルながら実はとても難しかった。
仮り付けして、確認して微妙にズレていてやり直して、を繰り返しようやく決まった頃には日も暮れていた。
こうした作業を経て、冒頭のこの姿になりました!

Triumph Restore Diaries

時間が取れずにちょっとの間ストップしていた作業を再開。これからはほぼ毎晩の勢いでやっていく!

エキゾーストバルブのカーボン落としから。ベルトサンダーで荒削り。
次にボール盤にバルブを装着、ステム部分はガムテープぐるぐる巻きにしてチャックの噛む力から保護。回しながらサンドペーパーを上下から当てて、傘の底と上もツルツルに仕上げていく。
キズや汚れは完全に取れないから、まぁこんなもんで上出来でしょう!
ヘッドのボルト穴にバルブを刺して並べてみた。左の黒い二本が外したインテーク(交換する)、真ん中上の二本が外して磨いたエキゾースト(再利用する)、右上の一本が入れ替える新品のインテーク(写真は一本だが二本買ってある)
そして!先々週オーダーしたエキゾーストパイプとフロントフェンダーとフロントゼッケンプレートがやってきた!
俺のイメージとおりのパーツを製造していたAce Classics。外装に進んだ段階でここを発見できてマジで良かった、妥協せずに好きな形で仕上げられる。
送られてきたパーツたち。エキゾーストパイプはBare Metal、何のコーティングもされていない生鉄だ。その質感が予想以上にカッコよく、耐熱クリアだけ吹いてとりあえずそのまま付けちゃおうかな!?と迷うほど。でも予定通りマットブラックに塗ろうかな!
外装パーツはとりあえず置いておいて、優先順位的にフロントホイールの19インチ化に着手する。
こんな中でなんとかスペースを確保し、フロントホイールを外す。
アクスルシャフトを万力にセットし、インパクトを使ってブレーキパネルの固定ナットを緩める。
成功。ブレーキシューとドラム内部のサビが、乗れていなかった年月を物語る。
内部冷却のための手作りエアインテークはワイルドな感じでお気に入り部分の一つ。
タイヤ取って、
ハブを取り出せた!
ニップルはステンレスだから全く錆びておらず、切らずにニップルを緩めて外す。英車のパーツは基本的に貴重だから、もう使わないこのスポークとリムはもちろん、タイヤもヤフオクで売ろうかなと思案中。

今日の作業はここまで。

Triumph Restore Diaries

5/14㈯、エンジンのヘッドの掃除からはじめる。

ひっくり返したヘッドと、バルブが4本。
燃焼室内部にはカーボンがガッチリこびりついている。
コリコリ削る。少しずつ、しかし確実に落ちてキレイになっていくから地味に楽しい作業。
擦っても落ちない段階まできたら、キャブクリーナーをかけてブラシでゴシゴシ。
さらに灯油で洗い、
ガンコな油汚れも落としてくれるバイク用の特殊な洗剤で洗って、
ここまでキレイになりました!
本来はこっちが上の面。ロッカーが入る部分を見ると、インテーク側よりも圧倒的にエキゾースト側が汚れるのがわかる。
エキゾーストバルブにこびりついたカーボンも落としていく。インテークバルブの方は状態が悪かったため新品交換することにした。
ヘッドとバルブの掃除が一区切りしたから、タンクの装着に入る。といっても違うトライアンフのタンクを流用して取り付けるからステーを自作しないといけなくて、なかなかの大仕事だ。しかしこれをやらないと全体のバランスが見えずシート製作にも進めないから、始めなければ。このタンクが1960年代のものなんだから、我ながらほんと掘り出し物をゲットしたな〜と思っている。今はまだ何も付けてないから良さが伝わらないけど、エンブレムやニーグリップラバーらをちゃんと取り付けたヤバいぐらいにカッコよくなるから、ご期待ください!!
とりあえず乗せてみた。が、セパハン&ヘッドライトの位置が低いため(セパハンのクリップの下にライトステーがある)、なんかイメージと違うし見えてこない。そこで先にハンドルを変えてライトを上げることにした。
長年連れ添ったこのスタイルともいよいよお別れし、新しいかたちへと生まれ変わっていく。
フロントフォークのインナーチューブはサビサビだ。ライトステー次第では見えなくなる箇所だが、ここも交換するかもしれない。
じゃーん!!ワイドなハンドルのバイクに生まれ変わりました!

今日はここで時間切れ、タンクの取り付けはまた次回に。

帰宅してネットでパーツを探していると、、、ほしくて探し続けていたこのマフラーを、ついにAce Classicsというショップで発見!!大物だから送料だけで£100もしたけど、迷う余地無く即購入!在庫ラスイチでした

俺のバイクはシルバーフレームにゴールド&クリーム色のタンクと全体的に色が薄くなるから、マフラーはマットブラックに塗ってやるぜ!!

Triumph Restore Diaries

5/8㈰、ピストンとシリンダーを装着した。7月いっぱいで川崎から引っ越すから旧車屋タイムトンネルでのアルバイト&トラ復活もそれまでにやり遂げねばならない。ペースを上げるため、今後は就業後にも毎日居残りで作業も進めていくことにする。

結局ピストンも交換することにし、先日イギリスから届いた。右上がもともとのピストン、すでにスタンダードよりも+060インチ大きいサイズが入っていて、これ以上オーバーサイズのものは残念ながら存在しないから、同じく+060の新品を入れる。これまで何度も何度も腰上をオーバーホールしながら使われてきた証拠だ。それに合わせて左上のシリンダーもすでに限界サイズまで拡張されているので、状態が悪くなかったのでそのまま使用することにした。
新品のピストンとピストンリング。
ピストンクリアランスのチェック。やはりシリンダー内壁が摩耗していてワークショップマニュアルの既定値よりは若干大きかったが、いけるレベルだっから良かった。エンジンの圧縮=パワーに直結し、オイル上がり問題にも関わる重要な箇所。
シリンダーとクランクケースの接合面にまだ古い液体ガスケットが付着していたから、オイルストーンでキレイにする。乗せる前にやっとけば良かった。この時クランクケース内部にシリンダーの固定ナットが一個落下しているのを発見!!!見つけてホントによかった、気づかずにそのまま閉じてエンジンかけたらぶっ壊れるところだったぜ。。。
ピストンをコンロッドに装着!
ピストンピンが横スライドして外れないように固定するサークリップは、クランクケース内に落下しないようウエスでガードしながら装着。
そして先輩と協力しながら、いざシリンダー装着へ。伸縮するピストンリングは縮めないとシリンダーの内壁よりも大きいから、シリンダーを落とすにはコツが必要ですごく慎重な作業だ。
コンプレッションキープ目的の上のリング2つは問題なかったか、3番目のオイルリングをシリンダー内部におさめるのがとても難しかった。しかしそれだけ外側に張り出してテンションがかかっているということであり、オイル上がりを防いでくれるから嬉しいんだけれど。
30分ぐらい格闘した末、できましたー!!!!あとはヘッドを装着すれば、ついに!エンジンのオーバーホールが終わる。
シート制作にも着手。店長の好意でタダでくれたT100Rの純正シートをカットして、自分好みのシングルシートを作る計画だ。
こんな状態だが、ベースを再塗装し、アンコと表皮を張り替えれば新品に変わる。
表皮を剥がしたらこんな感じ。アンコは一部完全にグズグズになっていたが、全体的には良好なコンディションで、やはり昔のモノ作りには良い素材が使われているな〜と改めて関心しました。