Next Dream/ Hard Expedition

北極圏野生動物保護区の深淵なる自然美を愛し、幾度となくアラスカをカヤックで旅している中島和也さんの話を聞きに、北杜市へ。会った瞬間「よく来てくれたね!!」と言ってもらえてとても嬉しかった。

アラスカを旅する中島和也さん

最初に登場した地図には、アラスカの対岸にロシア最東端のデジニョフ岬が映っていた。左上のRUSSIAのAのあたりになる。

たとえ命懸けの遠征になったとしても、ウラジオストクからスタートして今度は東へと走り、到達してやろうと自分が夢見ている場所だ。ここを踏んでこそ初めて、ユーラシア大陸を完全に横断したことになるのだ、二分割だけど。

カムチャッカ半島の手前にあるマガダンという名の街以東、つまり全行程の半分以上は純粋な荒野の世界が待っている。ようは、道はもちろん何もない。

アラスカを知りたくて来たが、途端に次なる挑戦のイメージとシンクロさせていた。

熊の対策や補給をどうするかなどの話を聞けたり相談できたりして、想像以上に得る物が大きく、行って良かった。中島さんありがとうございました!

——–

もう一度、夢を実現させる勝負の旅に出ようと決めた。必ず挑戦してみせる。

2022年の夏に、現地に行ってテストランを目指す。

ユーラシア最東端へバイクで到達した日本人の話は、聞いたことがない。

ウラジオストク→ロカ岬→アフリカ大陸縦断のバイク旅は、自分にとってあくまでも壮大なるロングツーリングとしておさめてあるが、

次なる挑戦は”冒険”という言葉を使っていいと考えている。

久々に、心の底から狂熱がたぎってきたのを感じる、、、!!!

Keep on Rolling.

LIVE with FIRE and KNIFE

LIVE with FIRE and KNIFE

というテーマで、シンプルなものづくりをしながら、結局いつの時代でも失われることはない人間の生き物としての”原始の本能”を楽しむワークショップを、夏から秋にかけて複数回開催したいと思っている。

鹿の角で作るナイフ(もちろん切れ味や強度はメタルの足元にも及ばないけど)教室なんて、興味あるかな??と思い削ってみた。

あとは刃を研ぎ出して細部を整えればとりあえず完成という段階

結論、ワークショップとしては、、、、自分で地味にやるレベルじゃん!と思ったのでもっといいの考えます!

MSR ZOIC3

テントをMSRのゾイック3に新調したー!!

前からずっと欲しかった、MSR。

定番のエリクサーシリーズを考えていたけど、

シームテープが無いゾイックを知り、

2も3も収納サイズは同じだから3に、やっぱり広々!

10年以上愛用し続けてきたNEMOエスプリ2は本当に大好きだったんだけど、

各所痛みと劣化(特にシームテープが粉々に)が激しく、

いい加減もう休んでもらうことにした。

せめて全くヤレていないDACポールだけでも流用したいけど、

独特なテント形状だからポールも特有のカタチのため、今のところノーアイデア。

せっかく良い物を買ったんだからケアをちゃんとして、

(時間とともに雑にならずに)

長く使い続けたいと思います。

Got A GAS TANK for TRIUMPH

いまエンジン全バラの状態にあり、復活させるための時間とパーツを求めている我がトライアンフ。

この機にカフェレーサーからトラッカースタイルに変えるか!と考え

とりあえず当時物のタンクをebayも含めて探したら、ヤフオクでいい感じの1965年T100タンクを見つけ、迷わず落札!

想像以上の美品で、タンク内のサビもほとんどなくて良い買い物だった!

元々はこんなバイクに付いていたタンク。エンブレム、パッド、キャリア、モール、キャップも探さねば。

↓俺のトライアンフ。このスタイルから、、、

こんなカタチや、、

こんな感じにしたいな〜!と目論んでいる。

組み上げる時間を生み出すのが何よりも大変だけど、

目指せ10月までに完成でがんばります!!

Wanna see the real World

3年前の5月、コンゴ民主共和国を走っていた時に撮影したもの。

一番大変だった国、と言っていいかもしれない。

当時はなんとも思わなかったけど、

この我々にとってはカオスな日常は、

新型ウイルスでどうなっているのだろうか。

きっと、さほど変わっていないのではないだろうか?

と、気になった。