My TRIUMPH Revives!!

7月21日㈭、いよいよエンジン始動を試みる。

まずはオイルラインのチェックから。オイルタンクにエンジンオイルを入れて、オイルポンプがちゃんと機能してオイルを送り、戻してくれるか確認するため、ひたすらにキックを踏みまくる!

けっこうな回数蹴って心配になってきたところで、オイルがクランクまで送られてきたことは確認できて、ひと安心。

続くリターンオイルが確認できるまでが、実に長かった、、、。汗かきまくり蹴りまくってもぜんぜん出てくる気配がないから、オイルホースを外してどこまで来てるか確認するが、どうやらそもそもクランクケースから出てきていないようだ。まいったな、こりゃあオイルポンプの故障かもしれない。。とタイミングギアカバーを開けてチェックしようかどうか迷っていると、クランクケースからオイルが出てきた!そしてホースを繋いで再び蹴りまくると、ようやくセーフティラインまでオイルが戻ってきてくれた!

たぶんリターンオイルホース中にエアか何かが噛んでつまっていたのだろう。いろいろバラさずに解決できてよかった。

次は点火とタイミングの確認。プラグに火が飛ばないからポイントの接点をきれいにし、早すぎる点火タイミングを適正範囲に調整したりと、相変わらずすんなりといかない事だらけで時間を費やし、夕方になった。そして、、、

キックしまくって、かかったー!!!!
アイドリンクも安定して打ってくれて煙も出ない、異音もない。ついにやったぞー!!!!
その勢いで今日22日㈮、ギアチェンジやクラッチが正常かチェックするため、ちょろっと走らせた。
異常なフィーリングは皆無で、普通に走れた!!!!

必死で世界中を探して取り寄せ、そんな寄せ集めパーツで組み立てたエンジンが調子よく動いてくれて、絶対になにかあると思っていたからちょっと信じられないぐらいで、夢のような気分だ。エンジンは結果フルオーバーホールとなり、ようやく、ようやく走れる段階まで漕ぎ着けた。この一年半、心の中にずっとあった「無事直せるのか?」という不安とモヤモヤがやっと消え、胸が軽くなった。

オーダーしていたオリジナルシートも製作完了して受け取り、外装と保安部品を装着すればいよいよ、道を走れるようになる。この先まだもう少し続く完全復活への工程は、これまでにくらべればはるかに気楽で楽しい道のりとなる!

TRIUMPH Restrore Diaries

一年半かけてコツコツ進んできた復活への道のりも、いよいよ最終段階に入った。

ここ数日で、点火タイミングを司どるデスビを取り付け、マフラーを付け、パーツ製作待ちだったオルタネーターを取り付け、同じくパーツ製作待ちだったキックリターンスプリングを取り付けて、ギアボックスをカバーを閉じた。

デスビをインテークカムシャフトへと通ずる穴に装着。ピストンが圧縮上死点にあるタイミングで、デスビを点火直前の位置にしてはめ込むのは、少しコツがいる。
デスビ本体の動きをプラグコードへと伝えるカバーを取り付け。
これで点火ラインが復活!CHAMPIONプラグコードが久しぶりにカムバックした。
長い間ビニールで目張りし塞いでいたクランクケース左側をようやく進める。クランクシャフトとオルタネーターの間に付ける半月キーが出来上がってきたから、オルタネーターを装着した。
続いて、マフラーの装着に入る。ノーサイレンサーのただの鉄パイプ、超シンプルで感動的に軽い!
限界まで車体に近づけつつも、ギリギリでフレームに当らないように設計されている。
現状だと二本とも同じ長さだが、上の一本のエンドを10cmほどカットして変化を出したい。
500のエンジンに650用のものを取り付けるため、エンジン側の排気ポート外径とエキバイの内径にサイズ差がある。対応するスペーサーを噛ませたがそれでもガタつくため、現物合わせのスペーサーをワンオフで製作する必要がある。おそらくこれが最後の製作パーツになるだろう。

振り返れば膨大な時間とエネルギー、そして100コは超えるパーツを世界中から探しては取り寄せ、ワンオフで製作するものも多数に及んだ。自分でやるから工賃や中抜きは無く、一番安く済ませたとはいえども、決して安くはない金額と心血を捧げてきた日々だ。

それが、ようやく、ようやく終わるのだろうか??出口の光をかすかに感じるようになっている、、、!

TRIUMPH Restore Diaries

シート屋に製作依頼中のワンオフシートが、アンコまで出来上がりチェックしてくれと送られてきた。こんないろんな色が散りばめられたスポンジ初めてみた!
乗せてみる。もっと小さくてもよかったかな〜とかも思うけど、まぁタンクが大きめだからバランス的に悪くないだろう。表皮を張って黒くなれば、ちょっと小さくなったように感じるはずだし。
形はこれでオッケーとし、すぐに送り返す。いやー完成が楽しみ!!
あと、オイルラインを組む。
インテークのカムシャフトとタイミングギアの上にオイルポンプを装着し、オイルタンクからオイル送り/戻しのホースを付けてクランク下部へとつなぐ。
送りの方に仮に付けた黒いゴムホースも、そのうちステンメッシュに変えるつもりだ。
リターンオイルがめぐってロッカーやバルブを上から潤滑する、細いパイプラインもいい感じでおさまった。

Let me wish shooting star

7月7日、一日中タイムトンネルでトライアンフの修理をした。帰路につきバイクで六郷橋を渡ろうとしたその時、22時30分頃、東の空にかなり大きな流れ星が輝いた。黄色く輝く球体が夜空を堕ちていき、一瞬消えたがまた現れて再び消えるまでにおよそ一秒間。一瞬で消える線ではない、はっきりとした球体は、いままで偶然見えた流れ星の中では最大級かもしれない。今日という素晴らしい一日にふさわしい幕切れとなった。


5月8日にピストンとシリンダーを装着してから実に2ヶ月間、上の写真のようにピストンむき出し生活を送りずっとカバーをしていたエンジン。
インテークバルブのシートカットとすり合わせを内燃機屋に出していたヘッドが、先週の金曜7月1日に完了してついに送り返されてきたから、必要な処理を施して今日シリンダーに乗せてその上にロッカーも組み、
そして、、、
じゃじゃーん!!!!!
ようやく、ようやくエンジンを組み上げられたのだー!!!非常にシビアな作業のためハナから作業工程を写真に撮る気なかったから、いきなりこの状態になっている。
圧縮もちゃんとあり、ひと安心だ。プラグ外した状態でのキックがまぁまぁ重たいのが気になるところだが、クランク、クランクベアリング、コンロッド&コンロッドメタル、ピストン、タイミングギアなどの走りの根幹を成す一番重大なパーツをことごとく変えて、みんなはじめまして状態に加えオイルが入って無くてカチカチ状態だから、こんなもんだろうと考えよう。

これであと、キャブを装着してアクセルワイヤーを作り、オイルラインを引き直してオイルの循環を戻し、オルタネーターとバッテリーを付けて電流を復活させ、デスビを付けて点火を整え、マフラーを装着して排気の流れを生めば、ついにエンジンがかけられる!

ヘッド待ちの2ヶ月間なんにもしていなかったわけではなく、いろいろと進めて激変したダイジェストを。

もともとのサイドスタンドがずっと気に入ってなかったから、古いトラによく付いてる棒サイドスタンドに変える。こう見ると上は骨みたい、、、
が、付け根の開口部が狭くてポン付けできず、グラインダーで削って広げて装着した。こんな場合は切り落とすじゃなくて刃先だけを当てて少しずつ削っていく。グラインダー扱いもかなり慣れた。
バッテリーケースも、もともとのものは左サイドカバーの下部に無理やり吊るしてあってガッチリと付いてなくて要改善だったから、タイムトンネルにある適当なケースを加工して製作する。
底の部分を溶接して、
既存のステーに付けられるようにボルト穴をいくつか開け直して、取り付ける。
メッキ処理されていない珍しい生鉄マフラー。なかなかお目にかかることがない地金むき出しの質感でも荒々しくてかっけーかも??と考え、当初予定していたマットブラック塗装はやめてそのままの色を楽しむことにした!といってもそのままだとソッコーでサビるから、耐熱クリアを吹く。1000℃まで平気と謳うこと缶スプレーだが、果たしてどんだけのものか!?
ガスタンクにラインを書き足す。本来はハーモニカエンブレムが付いて隠れるところだが、俺のスペシャルエンブレムだとラインが無いところまで見えるから書き忘れみたいになるので、自分で書くことにした。本当はフリーハンドがいいけど失敗して何度も書き直すことが目に見えているから、無難にマスキングテープ作戦にでた。
違いを出すために、あえて少し濃い目のブルーをチョイス。
こんな感じに仕上がった!なんかクジラみたいだな〜
程度が悪くないから交換しなかったエキゾーストバルブをすり合わせ。簡単にいえばヘッドとバルブの接点をやすって整えてあげること。
この通称「タコ棒」にバルブを付けて、バルブの傘の端っこに研磨剤を塗って、ヘッドに当てて回してお互いの接点をピッタリフィットするように少しだけ削ってあげる。
その後、バルブスプリングを取り付けてバルブをヘッドに固定する。
こんな専用工具でバルブスプリングを縮め、コッターという小さなパーツを的確な位置におさめてバルブとスプリングと一つにする。コツがいる作業だった。
こうしてバルブ4つがヘッドに装着!
内側から見るとこんな感じ。
ヘッドを乗せる前に、ロッカーと共締めのボルトを全部ダイスにかけてまず舐め無いように下準備をする。
シリンダーとヘッド間の銅ガスケットは再利用。炙って汚れを落として少しでも厚みを回復させて使った。干物みたいだな〜笑

ここには書いていないが、他にも様々な地味な作業とかもたくさん経てきた。オイルタンクの取り付け、バッテリーケース、コイルマウント、レギュレターマウントなども配置を考えながら作り、そしてついにエンジンが組み上がり、、、!

なんとなくだが、走れる状態にまで戻す回復段階的には80%まで来たんじゃないかと思う。細かい点まで含めればまだまだやることはたくさんあるが、とりあえず7月中にエンジンはかかるようにまで持っていって白馬に運び、ヘッドライトやウインカーやテールランプなど公道走行に必要な保安部品を取り付けて、8月中の完成を予定しがんばります!

UKRAINE

5年前にタジキスタンのドゥシャンベで出会い仲良くなった、ウクライナ人のMykhailo(ミカイロ)に、3月3日にメッセージを送ったが、ずっと返信が無かった。

何年間もウクライナに帰らずに世界中を転々とする生粋の旅人だったから、他国にいて危機を逃れたか、返信できない状況下にあるか、もしかしたらもしかすると命を落としてしまったか。。

いろいろ心配しつつ日々の喧騒によってそれも忘れつつあった6月26日、4ヶ月近くが過ぎようとしていた頃に突然返信が来た、、!

以下がMessengerでのやりとり。

なんと!!!今はジョージアに避難している彼とその家族は、難民として日本に来る申請をしている最中だという。

ぜひうまく事が運んで日本で暮らすようになってほしい。できることがあればいつでも何でも相談してくれと伝えているから、難航した場合は俺が直接日本財団に連絡してサポートしていくつもりだ。