Feel knockin’ on dream’s door! Ride Erectric Motorcycle

かつて、今後の生き方を左右するような「これだ!!」というものに出会った人から、その瞬間を「まるでカミナリに打たれたような衝撃に襲われたんだ」と聞いたことがあり、とても印象的だった。自分も今日2022/01/13、その”Shock of the lightning”に近い、ここ最近でバツグンにワクワクする体験をすることができた。

この一見自転車のような乗り物は、バッテリーでモーターを回して走る電動バイクで、メーカーは中国のSUR-RON(サーロン)、車種はLight Bee L1eといい125ccナンバー登録で公道走行も可能だ。ユーラシア最東端を目指すチャレンジの第一候補バイクとして試乗車を探していたところ、奥多摩の入り口に位置する東京都西多摩郡日の出町の『鈴木オート』さんのブログを見つけ連絡し、川崎からはちょっと遠いが乗りに行った。

代表の鈴木さんは忙しいにも関わらず、すぐにサーロンバイクの特徴をすごく詳しく説明してくれて、こちらが聞こうと思ったことを良し悪しを隠さず全て先に教えてくれた!しかもなんと!電動バイクのサーロンが昨年エンデューロレースWEXにて、エンジンバイクを抑えて好成績を叩き出し続け、シリーズ優勝するという前代未聞のニュースを聞いていたが、鈴木さんがそのチャンピオンライダーだったのだ。

何となく「これはやるべきだ」という直感が働いた時は、いつも即断即決で瞬発力のある行動をとり、その結果が想像以上に良い方向へ展開していく体験を何度かしている。何となく、今回もそうなるかもしれないな、という匂いを感じていたが、この店に来て5分後には「このお店を選んで本当に良かった!!早起きして凍結もある寒い中バイク走らせてきた甲斐があった!」と喜んだ。

鈴木さんが林道の入り口まで案内してくれて道を説明し、あとは店まで自分で帰ってきてください、となった。いきなりフリーで林道を走らせてくれるなんて、超太っ腹だ!林道の入り口には通行止めの看板が出ていたが、俺が「まぁ行って無理だったら引き返してきますよ」と言うと、「そんな感じでいいです!じゃあ!」と返してくれる、そのアバウトさとおおらかさも最高だ。

試乗して一番感動したのは、エンジンの振動と騒音が無い分そこに感覚が奪われず、五感全てが100%ライディングに注がれるということ。シフトチェンジやリアブレーキといった足での操作が不要で、そこへの意識がゼロになることも理由だろう。車体の軽さとそれによる良い意味での剛性の欠如も相まって、バイクへの入力や地面から伝わるリバウンドは限りなくピュアでダイレクト。加えて、初めて聞いた排気音に邪魔されない駆け抜ける時の風切り音。お世辞に聞こえるかもしれないが、林道を走る楽しさが倍以上、何倍と表現できないぐらいに大きくなった。

「俺が求めていたのはこれかもしれない!」そう思えたほど素晴らしく、本当に目からウロコの体験だった

バカでかくてパワフルなテネレも、良いマシンだ。だがシチュエーションを変えれば、特に自然の中を歩み寄るように走るのであれば、サーロンは最高の相棒だ、と一発で惚れた。わずか15分程度の林道ツーリングだったが、それはそれは濃密で、言葉にはできないぐらい楽しかったのだ!林道からお店に戻る時は舗装路で加減速を繰り返してその乗り味も試したが、充分に満足できるものだった。

本当に乗って良かった。旅の相棒が見つかった。

間違いなく近いうちに手に入れます。しばし日本の中を走るのを楽しんで、5月にはロシアに運んで東へ向かって走ってやる。サーロンで海外ツーリングは日本初らしい。問題は充電のみ、と思いたいか、多分他にもあるのだろう。

とはいえ、楽しみでしょうがないぜ!!

Keep on Rolling.

My Way

1月5日の今日、奥多摩林道ツーリングに行ってきた。バイクはスーパーテネレで。

リアブレーキがほとんど効かなくなってフロントしか使えない状態だったから、前日にパッド交換とピストン掃除とフルード交換。安心して使えるリアブレーキに1ヶ月ぶりに復活させてから走る。しかもパッドはもう完全にアウトで、ディスクローターアタックまでほんとあとわずかだったから、やって良かった~。フロントも時間つくって早いうちにやろう、まだ効くけどフルードが古すぎるし。

正直、朝出る時はけっこう憂鬱だった。重いテネレでの林道走行はただでさえ勇気がいるのだが、この時期の奥多摩は非常に寒くて舗装路も未舗装路も凍結が潜む。でも、ロシア最東端に挑むつもりならば、こんな程度で尻込みしてる場合じゃないという気持ちで飛び出した。

結果、凍結箇所はそれほどなく、予想していた苦戦や転倒なく走り切ることができた。まぁ、優しいコースということもあったけれど、一応うれしい。案内してくれた人や一緒に走った人たちに感謝だ、楽しかった。

走りながら、俺はバイクで何がしたいのだろう?と考えた。

もともと、行きたい場所へ自由に移動したい、という気持ちが原動力で乗り始めたバイク。走りまくり行動範囲がどんどん広がり、気がつけば地球規模で道なき場所も走るようになり、結果としてオフロードライディングが必要となった。だから、自分がオフロードライダーだとは思ってないし、そう言っては本気のオフロードライダーに失礼な気がする。

俺はなぜ、何のために走るのだろう?と考えた。

答えは出なかった。ただ何となく走りたいから、としか思い浮かばなかったし、全てのものに答えがあるわけではないことが今はわかっている。

そして、俺は技術的に優れたライダーではないから、そんな俺にできることはバイクという乗り物を地球スケールで描き、無理とか限界とかいう決めつけを恐れずに走らせることだけだ、と改めて心に刻んだ。

それ以外のことは、俺以外の人がやればいいのだ。

Song 『Walk on the Wild Side』/ Lou Reed より

She says, “Hey, babe. Take a walk on the wild side”

Said, “Hey, honey. Take a walk on the wild side “

FUJI ROCK FESTIVAL 2021

今年のフジにはかなり行きたかったので、ギリギリで予定を変更して二日目の21(土)1day日帰りで参戦した。

前回13万人が参加した日本最大級のイベントが、様々な困難を乗り越えて、このコロナ禍でどう開催するのか?

イベントの運営業務をすることもあるから、どうしても観てみたかったのだ。

KEMURI

何年ぶりだっけ?と過去のリストバンドを探したら10年ぶりだった。

イベントには大逆風の中、酒類の販売も持ち込みも無し、国内アーティスト出演のみ、客は声は出さずに心の中で歌い黙って聴くなど、他にもいろいろな制限を設けた上で決行する、異例の今回。

本当の自由とは、束縛されないことではなく、不自由の中でも譲れない信念を貫き通すことだと思う。

やらないという選択肢が最も無難で安全な中で、非難や批判を浴びることも厭わずに決行した主催者、出演者、そして地元の方々の協力に、

心から感謝します。楽しかった!!

クロマニヨンズ

何もかもが自粛という喪に服しまくっているお通夜ムード漂うこのご時世で、

最高にどデカイお祭りをやって希望をくれて、本当にありがとう!!

KEN YOKOYAMA
KENちゃんはなんと、小山田さん率いるコーネリアスが間際でキャンセルになった代打として緊急出演することになった、ラッキー!
ということで敬意を評し、久々にPIZZAのTシャツを引っ張り出して着て参戦したのだった。

Next Dream/ Hard Expedition

北極圏野生動物保護区の深淵なる自然美を愛し、幾度となくアラスカをカヤックで旅している中島和也さんの話を聞きに、北杜市へ。会った瞬間「よく来てくれたね!!」と言ってもらえてとても嬉しかった。

アラスカを旅する中島和也さん

最初に登場した地図には、アラスカの対岸にロシア最東端のデジニョフ岬が映っていた。左上のRUSSIAのAのあたりになる。

たとえ命懸けの遠征になったとしても、ウラジオストクからスタートして今度は東へと走り、到達してやろうと自分が夢見ている場所だ。ここを踏んでこそ初めて、ユーラシア大陸を完全に横断したことになるのだ、二分割だけど。

カムチャッカ半島の手前にあるマガダンという名の街以東、つまり全行程の半分以上は純粋な荒野の世界が待っている。ようは、道はもちろん何もない。

アラスカを知りたくて来たが、途端に次なる挑戦のイメージとシンクロさせていた。

熊の対策や補給をどうするかなどの話を聞けたり相談できたりして、想像以上に得る物が大きく、行って良かった。中島さんありがとうございました!

——–

もう一度、夢を実現させる勝負の旅に出ようと決めた。必ず挑戦してみせる。

2022年の夏に、現地に行ってテストランを目指す。

ユーラシア最東端へバイクで到達した日本人の話は、聞いたことがない。

ウラジオストク→ロカ岬→アフリカ大陸縦断のバイク旅は、自分にとってあくまでも壮大なるロングツーリングとしておさめてあるが、

次なる挑戦は”冒険”という言葉を使っていいと考えている。

久々に、心の底から狂熱がたぎってきたのを感じる、、、!!!

Keep on Rolling.