Nigeria #2

アフリカの道路ってどんな感じ?と思われてる方もいるだろう。
7カ国走ってきて、主要な道路を進む限りは以外にも田舎も含めてアスファルトだった。

ただし、そこから一本外れると町中でもボコボコの土で水溜まりだらけの場合も多い。

また、幹線道路でも工事中の未舗装な区間が何キロか続いた、アスファルトにも大きな陥没がたくさんあったり。

まぁこれはヨーロッパを除くユーラシア大陸でもそうだった。質の良くないアスファルトが水分や温度差で分解されて穴ボコになるようで、時には直径1メートル、深さ2〜30cmクラスのものもある。

小さな穴でも段差に乗り上げるような衝撃となるから、車たちは避けるために対向車線も使って蛇行運転をするから怖い。また、これも多くの国で体験したが、上り坂やカーブでも平気で追い抜きをする。そこら中で車は故障やパンクして停まってるし、壊れた車が路肩に捨てられるし、まっすぐの道のど真ん中で横転してるトラックも見かけた。

日本の道路の質の高さ、運転マナーの良さが世界トップレベルなのは間違いない。

16-18 Marchの期間滞在したBenin City(ベニンシティ、この町と区別するために隣国のBeninを『ベナン』と発音するらしい)では、セネガルから西アフリカを旅している女性チャリダーと会う。

何やら自転車の調子が悪いらしく、リアブレーキが効かなかったり、リアディレーラー(変速機)が機能していなかったり。自分もそこそこ良い自転車を持っており、前職では往復40kmをチャリ通勤していてメンテナンスもある程度できる。ブレーキはワイヤーの距離を縮めて、ディレーラーは動くべきはずのアームの根元のボルトが目一杯締め込まれ動かなくなっていたので、緩めると動くようになった。なんとこれ、自転車屋にやられたらしい、、、そして「ディレーラー内部のスプリングが壊れているから交換するしかない」と言われてしまったらしい、、、。アフリカに限らず、海外ではボルト類を力いっぱい締めたがる気がする。自分も一度、トルコにてリアアクスルシャフトのナットをインパクトドライバーでガッチガチに締められて、手持ちのモンキーレンチで緩めるのに苦労したことがある。
乗り物が不調だと快適に旅を楽しめないので、改善してあげることができてよかった!

19 March カメルーン国境に近いAbakalikiという町を目指して東へと進む。道中、突如としてバイクを高々と乗せたオブジェが出現し、テンション上がるー!!

バイクを嗜好性よりも実用性で選ぶアフリカでは、コストが安く扱いがラクな、カブとスクーターを合体させたような中華バイクばっかり走っていたので、なぜここにSUZUKIのビッグアドベンチャーバイク『DR750-BIG』が奉られているのか、不思議に思う。下に書かれていたた字を読むと、どうやらこの道がラリーか何かに使われている?た?らしい。そして、
『DISCOVER YOUR LIMITS』
のメッセージにシビれたー!!

アフリカ西ルートの単独縦断は、自分にとって達成できるかどうかわからない目標設定だ。挑むあたり、果たしてどこが自分の限界なのか?を確かめたい、そしてもしそれに直面した時には越えて進みたいと思ってきたので、自分の心情ピッタリのオブジェに出会えて嬉しかった!

20 March  Abakalikiという町の宿で、朝オイル交換をしてから出発する。今回入れたのはブルキナファソで買っていたアフリカ版のYAMALUBEで、Made in Singaporeと書かれていた。

日本やヨーロッパで売ってるYAMALUBEとパッケージデザインが違う。果たして中身=クオリティにどんな差があるのか気になったが、キャップを開けてみるとさらにアルミ紙で塞がれた二重カバーになっており、しかもアルミ紙にはYAMAHAの音叉マークの刻印があるというコダワリが。このように二重カバーされているオイルは初めてだ。また、オイルの色もサラダ油より薄く、確実に化学合成油=Syntheticだとわかる、鉱物油=Mineralではなくて(前者の方が高性能)。お〜いいじゃんアフリカYAMALUBE、これでリッター700円もしないからお買い得だろう!

この日でナイジェリアとはお別れをして、お次はカメルーンへ!

Keep on Rolling.

Nigeria #1 Cross boader

道中で聞いてきたナイジェリアの評判は、なぜか悪いものばかりだった。

「役人の腐敗レベルがヤバい」
「賄賂の要求がハンパない」
「ナイジェリア人は押しが強い」
「イスラム過激派『ボコ・ハラム』(西洋の教育は罪という意味、、過激!!)が北部で頻発にテロ活動をしている」

などなど。なので、いつも以上に気を引き締めて向かう。

最短ルートでナイジェリアへ入ると通過するLagos(ラゴス)という都市は、なにやら「アフリカ三大凶悪都市」の一つというウワサもある。他ニつはケニアのナイロビと南アフリカのヨハネスブルク、またラゴスに代わってにタンザニアのダルエスサラームがノミネートされることも。鵜呑みにはしていないが、用事が無ければ寄らない方が無難だろう。
また、ポリスが舌なめずりしながら待っている賄賂街道となるのは最も交通量が多いメインルートのはずなので、マイナーっぽい青い点を付けた道から国境を越えるとにした。しかしこのルート上には以前武装強盗が出没していた地帯があり、やはり油断はできない。

15 March ベナン出発。この日から蛍光ベストを着用する。

この先検問の数が増え、突破する難易度も上がることを見据えて、見た目の印象を少しでも明るくして捕まるリスクを減らす作戦だ。まぁこれでもイカツい感じだけど、、、さすがにブルキナファソの時のように投獄はされないとしても、いちいち怪しまれて停められて質問(フランス語だから理解できない)されるのは時間がもったいない。

この国境では、おもしろいことが起こった。知らぬ間にベナンを出国していて、ナイジェリアに入っていたのだ!てっきりベナンの出国手続きをしていると思ったら、係員が
「ナイジェリアの電話番号を書け」
と言ってきた。
「まだSIMカード持ってませんよ、ベナンにいるんだから」
とコイツ何言っちゃってんの〜って感じで答えたら、
「違う、ここはナイジェリアだぞ」

と返された。

、、、こんな簡単に出れちゃう国は初めてだった笑 引き返してベナンの出国イミグレーションを発見、スタンプをもらう。屋台みたいな建物に係員が二人いるだけ、きっと屋台と間違えてスルーしたんだな!

対するナイジェリアの入国イミグレーションにはやたら役人が多く、そしてみんな暇そうだ。バイクの持ち込み手続き含めて15人ぐらいとやりとりし、何人も「金くれ」と言ってきて、うち一人は個室に連れこもうとしてきたが、いずれも何度も断れば相手から引き下がるレベルで全て回避できた。せめて『〇〇税を支払う必要がある』とか、嘘でも言ってくれば騙される可能性があるかもしれないが、みんな飲み食いするジェスチャーの後に「金くれ」と言ってくるから単純でおもしろかった笑

全ての工程をクリアして、あとはこのバーを越えれば終わりだー!いざ出発!!とクラッチレバーを握った直後、レバーにかかるテンションがスッと消えて軽くなった、、、それはつまり、クラッチワイヤーが切れてしまった。

賄賂攻撃を防いだので、これ以上言ってこないうちに一秒でも早くこの場を去りたかったのに、ここで切れるのか〜。。たまに注油もしていたけどやはり元放置車両、予想以上に傷んでいたようだ。とりあえず今日到着を予定している町まで、このまま走れないか策を講じてみるも、できそうにない。ここに長居したくはないけど仕方がない、切れた時用に持ってきた予備ワイヤーと交換だ。まぁ、強盗が出るかもゾーンで切れなくて良かったとしよう!

イミグレの建物からほんのちょっとだけ離れ、作業に入る。

「ここを使うな、使うなら金払え」とか言ってこないか気にしたけど平気で、その場所を見張っているポリスやローカルたちは温かく見守ってくれて、写真もポリスが撮ってくれた。また、作業が終わった後は汚れた俺の手を見て、子供が石鹸と水を持ってきてくれた。

なんだ〜、いい国じゃんナイジェリア!

Keep on Rolling.

05-15 March @Benin days #1 Work for visas

今回は、アフリカを旅する上で避けては通れぬ仕事、ビザ取りの話を中心に。

Mali(マリ)、Burkina Faso(ブルキナファソ)を抜けてBenin(ベニンじゃなくてベナンと読む)へと入ったことで、結果的に海岸沿いの小さな国々をショートカットして時間と費用(滞在やビザ代)の大幅な節約となった。(赤ピンが通過ルート)

最初から狙っていた訳ではなく、2月下旬からブルキナで開かれたマスクフェスティバル『Festima』(記事へのリンク)を観に行くためのルート変更によるラッキーだった。俺のように西側からアフリカ縦断を目指す旅人で、効率よく抜けて行きたい人にはオススメのルートと思われる、その時々の情勢によりけりだが。

5 March ベナン入国。長細い小さな国だがなんだかんだ11日間滞在し、うち10日を沿岸のCotonou(コトヌー)という町で過ごした。内陸部の乾いた暑さが湿気を含むムシムシとした感じに変わり、それが日本の夏を思い出させてくれた。

町の郊外にはこんなのどかな景色が広がる。

地引き網やっていた。

一方こちらは市内。ベナンは中華製スクーターがジャンジャン走っている。

07 March Cotonou到着の翌日、まずは何よりNigeria(ナイジェリア)のビザ取りにかかる。アフリカではほとんどの国でビザが必要なので、ただ走っているだけでは先へは進めない。基本GoogleMapで大使館の場所を調べるが、間違っていたり引っ越していることも多く、ナイジェリア大使館もそうだった。人に聞いて見つける、たいそう立派な建物で厳重な警備体制だ。いつも通り「ビザちょうだい!!」と言うと、旅の目的を聞かれて答えたら、「それならトランジットビザを取ることになるが、通過した先のCameroon(カメルーン)のビザを持っていなければ発給はできないぞ」と言われてしまった。

しかしベナンにカメルーン大使館は無く、代わりに「この人に電話しろ」と個人の携帯番号を教えてもらった。この事実上の領事と会ってカメルーンビザは手に入るのだが、ビザ代50,000CFA(約10,000円)に加えて取得代行の手間賃(書類作成やカメルーン大使館まで行く旅費)としてさらに50,000CFA(最初は手間賃だけで100,000CFAと言われるも交渉した)払うことに。。誤算だったが、ここにカメルーン大使館が無い以上この人物に頼るしか打つ手はない。、西アフリカではビザ取りの苦労が付き物だし、まぁ書類一枚も書かずにただ待っていればカメビザを持ってきてくれるのは正直ラクだから、これはこれで良しとしよう!この日の午後に申請し、受け取ったのは5日後の12日だった。

13 March 午前中に再びナイジェリア大使館へ。予めオンラインで作成したビザ申請書をプリントアウトして持参、その他にも

●パスポートの全ページコピー(空欄ページ以外)

●これまで通過してきた国とその日程(8月14日〜3月13日で27ヵ国)

●ナイジェリアのホテル予約書(その場しのぎ、ビザ取得後にキャンセルした)

が必要だった。手続きを終えると16時に来たらあげると言ってくれた、その日中にくれるとは予想外だー!そしてニコニコ顔で16時に行くと、もらったのはビザじゃなく

「お前の申請書はどこだ??」

というまさかの言葉だった、、、!どうやら無くされてしまったようだ、おいおいおいっ!

「朝渡したよ!最後にサインしてなかったの見つけて、書けって言ったのあんたじゃん!」

と伝えると、それまで堂々としていた担当者に気まずい表情が。しかしすぐさま、

「心配するな、お前のビザはもう作ってあるぞ、ほら!!」

と得意気に見せてきた。

「じゃあくれよ!」

と言うと、申請書が無いと渡せないらしい。申請書無しでも作れるけど渡せないって、普通逆だろ!笑

結局、大使館のパソコンで申請サイトにアクセスして再度プリントアウト、おかげで余計な時間がかかったが、カメルーンビザに続いてナイジェリアビザもゲット!後でわかったのだが、どうやらベナン以外のナイジェリア大使館ではビザが取れない状況下にあるらしく、ここで会ったポルトガル人は他ではどこも断られたと言い、取れて大喜びしていた。また、ここでも必ずしも全員が取れるようではなく、断られている人もたくさん見た。。その時々の情勢や国同士の関係で、ビザの取得難易度は変わる。今回一発で簡単に取れたのはラッキーだった。ちなみに値段は50ドル、トランジットビザなのに有効期限はタップリ1ヶ月間もあった笑

さらにその足で、コンゴ民主共和国(Democratic Republic of the Congo、以下DRC)のビザも取ってやろうと大使館へ猛ダッシュ!!まだまだ先に行く国だが、この町Cotonouの大使館だと簡単にビザが取れる(本来ならいろいろと書類を用意したりちょっと面倒なビザ)という噂を信じてトライする。

ナイジェリア大使館でのすったもんだのせいで17時を過ぎて着いたが、「OK」と受け付けてくれた!このウェルカムムードなら期待できるぞ!?そして、噂通り「トランジットビザならいろんな書類はいらないよ、写真2枚あればいい」と言ってくれて、その場で申請用紙を書き、8日間有効のトランジットビザ(DRCは大国だが通過予定の西海岸付近だと極めて小さい)を、15,000CFA(約3,000円)ですぐに作ってくれのだった!親切すぎる!

いつからいつまで有効のビザにするかが問題だったが、かなり先の5月5日から12日までの8日間に設定した。この国の一つ手前のコンゴ共和国(同じコンゴだが別の国でこちらはRepublic of the Congo、以下コンゴ)にて、世界最高峰に取るのが難しく時間を要するAngola(アンゴラ)ビザ取得に挑むため、そこで最悪1ヶ月待っても平気な時間を用意したのだ。

これによって、5月5日まではDRCに入れないという縛りができてしまうが、コンゴでアンゴラビザが取れるまで粘るつもりで余裕ある時間設定にした。もしもビザが早めに取れたら逆に時間が余ってしまうが、その場合はのんびり過ごすとしよう。事務的な作業で面倒に感じるビザ取りだけど、これが無いと先には進めない。そのための算段や苦労も、旅ならではの醍醐味だろう。

こうしてこの町Cotonouでは、カメルーン、ナイジェリア、コンゴ民主共和国という3ヵ国のビザを取ることができた!

Keep on Rolling.