Nigeria #1 Cross boader

道中で聞いてきたナイジェリアの評判は、なぜか悪いものばかりだった。

「役人の腐敗レベルがヤバい」
「賄賂の要求がハンパない」
「ナイジェリア人は押しが強い」
「イスラム過激派『ボコ・ハラム』(西洋の教育は罪という意味、、過激!!)が北部で頻発にテロ活動をしている」

などなど。なので、いつも以上に気を引き締めて向かう。

最短ルートでナイジェリアへ入ると通過するLagos(ラゴス)という都市は、なにやら「アフリカ三大凶悪都市」の一つというウワサもある。他ニつはケニアのナイロビと南アフリカのヨハネスブルク、またラゴスに代わってにタンザニアのダルエスサラームがノミネートされることも。鵜呑みにはしていないが、用事が無ければ寄らない方が無難だろう。
また、ポリスが舌なめずりしながら待っている賄賂街道となるのは最も交通量が多いメインルートのはずなので、マイナーっぽい青い点を付けた道から国境を越えるとにした。しかしこのルート上には以前武装強盗が出没していた地帯があり、やはり油断はできない。

15 March ベナン出発。この日から蛍光ベストを着用する。

この先検問の数が増え、突破する難易度も上がることを見据えて、見た目の印象を少しでも明るくして捕まるリスクを減らす作戦だ。まぁこれでもイカツい感じだけど、、、さすがにブルキナファソの時のように投獄はされないとしても、いちいち怪しまれて停められて質問(フランス語だから理解できない)されるのは時間がもったいない。

この国境では、おもしろいことが起こった。知らぬ間にベナンを出国していて、ナイジェリアに入っていたのだ!てっきりベナンの出国手続きをしていると思ったら、係員が
「ナイジェリアの電話番号を書け」
と言ってきた。
「まだSIMカード持ってませんよ、ベナンにいるんだから」
とコイツ何言っちゃってんの〜って感じで答えたら、
「違う、ここはナイジェリアだぞ」

と返された。

、、、こんな簡単に出れちゃう国は初めてだった笑 引き返してベナンの出国イミグレーションを発見、スタンプをもらう。屋台みたいな建物に係員が二人いるだけ、きっと屋台と間違えてスルーしたんだな!

対するナイジェリアの入国イミグレーションにはやたら役人が多く、そしてみんな暇そうだ。バイクの持ち込み手続き含めて15人ぐらいとやりとりし、何人も「金くれ」と言ってきて、うち一人は個室に連れこもうとしてきたが、いずれも何度も断れば相手から引き下がるレベルで全て回避できた。せめて『〇〇税を支払う必要がある』とか、嘘でも言ってくれば騙される可能性があるかもしれないが、みんな飲み食いするジェスチャーの後に「金くれ」と言ってくるから単純でおもしろかった笑

全ての工程をクリアして、あとはこのバーを越えれば終わりだー!いざ出発!!とクラッチレバーを握った直後、レバーにかかるテンションがスッと消えて軽くなった、、、それはつまり、クラッチワイヤーが切れてしまった。

賄賂攻撃を防いだので、これ以上言ってこないうちに一秒でも早くこの場を去りたかったのに、ここで切れるのか〜。。たまに注油もしていたけどやはり元放置車両、予想以上に傷んでいたようだ。とりあえず今日到着を予定している町まで、このまま走れないか策を講じてみるも、できそうにない。ここに長居したくはないけど仕方がない、切れた時用に持ってきた予備ワイヤーと交換だ。まぁ、強盗が出るかもゾーンで切れなくて良かったとしよう!

イミグレの建物からほんのちょっとだけ離れ、作業に入る。

「ここを使うな、使うなら金払え」とか言ってこないか気にしたけど平気で、その場所を見張っているポリスやローカルたちは温かく見守ってくれて、写真もポリスが撮ってくれた。また、作業が終わった後は汚れた俺の手を見て、子供が石鹸と水を持ってきてくれた。

なんだ〜、いい国じゃんナイジェリア!

Keep on Rolling.

05-15 March @Benin days #3 Japanese language school

ベナンに関して事前に唯一知っていたこと、それは『ゾマホン』という四文字だけだった。

1998年〜2002年の間やっていたTBSのテレビ番組、『ここがヘンだよ日本人』を見たことがあれば知らない人はいないと思われる。艶やかな民族衣装を身に纏い、他の外国人出演者よりワンランク上の深く鋭い発言をして、討論が激しくなると誰よりもヒートアップ!早口で叫んで何を言ってるのかわからなくなり、反対派に対して「黙れーーっ!!!」と絶叫したりと、その強烈なキャラに笑わせてもらったものだ。

正直、「おもしろい変なアフリカ人」という印象しかなかったので、ベナンに来てからネットで彼のことを調べてすごく驚いた、、!貧しい家庭に育ちながらも勉強を頑張り、ベナン初の国費留学生として日本へやって来ていて、TVタレントとしてもブレイクを果たし、最近では駐日ベナン特命全権大使、大統領特別顧問などを務めていた。また、私費でベナンに学校を建てたり医療機関への援助をしていて、国際青年会議所の『世界最優秀青年賞』や、ベナンの国民栄誉賞を受賞していた。そして何よりも驚いたのが、日本とベナン間に正式な国交が樹立されたのはゾマホンさんの活躍のおかげだそうな!つまり、国家を動かす力を持った、偉大なお方だったのだ。

普段は日本にいるらしい(ビートたけしの付き人も務めている笑)ので、本人には会えないとしても彼が建てた「たけし日本語学校」は見に行きたいと思っていたところ、首都コトヌーにある『Daruma』という日本食レストランにて学校の先生とばったり出会い、明日お邪魔します!と伝えた。

10 March 午前中は水上集落ガンビエへ行って(内容は前回の投稿を参照)参照)、午後に学校を訪問する。

表札は、ゾマホン/象真翻

所ジョージさんが寄付した車は、やっぱりアメ車!DODGE

日本語の習得に励む彼らにとっては自分の話を聞くことも良い勉強になるということで、ありがたいことに先生役になり自分の旅や考えについて話し、また彼らからもベナンについて教えてもらい、3時間ぐらい交流する時間を持てた。

中でも印象的だった生徒の話は、ベナンの大学では教師によるストライキがよく起こり、その期間が半年以上となるとその一年間は無かったことになってしまうそうだ、、つまりはまた同じ学年のやり直しで、学費も、時間も、まるまる無駄に、、、!!あと数日ストが続くとそうなってしまう生徒もいた、なんてかわいそうなんだ。。。後で調べてみると、大学に限らず公務員業界全般でストが多発しているとのことで、この国が抱える大きな問題だった。

アフリカの若者たちはイカツく見えるけど、話すと真面目な人が多いという印象だ。彼らもとても礼儀正しく、おとなしく、熱心に話を聞いてくれた。そんな彼らが目指している明るい未来が、ストによって左右されない日が来ることを強く願った。

そして何と、ゾマホンさんがちょうど今ベナンに来ているという!数日は生まれ故郷の町に行っているが、戻ってきたら学校に来るから会えるかも??とのことなので、ベナン滞在最終日にダメもとでもう一度学校を訪ねると、ちょうど帰ってくる日だという。そしてしばらく待っていると、、、会えたー!!!

奥さんのポンヌさんにも会えたー!何と東大の教授で日本語ペラペラ、ゾマホンさん以上にベナンにいないレアキャラらしい。幼くして親を亡くし、生前に教えてもらっていた料理を自分で作って売り歩き、学費を稼いで学校へ通ったというスーパー努力家だ。そこから東大教授にまで登りつめ、夫は外交官、、、!ちょっとスゴすぎるけど、この二人の存在は生徒たちにとっての最大のお手本ではないだろうか。

ゾマホンさんの甥っ子も登場!一番右

こうした機会を与えてくれた石田先生(右から二人目)、本当にありがとうございました!!

翌14日、ベナンと日本がより良い友好関係で結ばれることを祈りつつ、この国に別れを告げてナイジェリアへ向かった。

Keep on Rolling.

05-15 March @Benin days #2 Sightseeing

09 March Cotonou(コトヌー)から40kmほど西にあるOuidah(ウィダ)という町を訪ねた。
ブードゥー教の聖地であり、また奴隷貿易に関する史跡が数多く残る町。奴隷貿易が行われていた時代はベナンを始め、南サハラからの多くの奴隷がこのウィダから船に乗せられ、北アメリカやカリブ諸島、ブラジルなどに連れていかれたという。この説明は、ベナンのNPO法人IFEのウェブサイトより拝借。より詳しく知りたい方は、下記サイトをご参照!

http://npo-ife.jp/benin/guide/highlight/ouidah.html

写真を載せる。

ブードゥー教の神々の像、皆ヘンテコな姿をしている。

かつて奴隷達が船積みされ場所に建てられたモニュメント。二度とアフリカへと帰って来られない、彼らにとって最後の旅。

奴隷たちがヨーロッパの品々と交換で買われていたという広場。大きな木陰がまるで悲しい歴史を優しく包み込むかのように広がっていた。

町の見所であるこれらの場所よりも、一番思い出に残ったのは、昼間の暑さから逃れるためにビールを飲んだBarだった。

「アフリカよ、平和、愛、団結に生きよ」

こじんまりとした簡素な建物だがそれがにとても居心地良く、オープンエアな空間にBob Marleyが流れる。静かで優しくのんびりとした時間とレゲエの組み合わせは最高で、ここでの昼寝は超気持ちいい至福の一時だった。

10 March コトヌーの北のノコウエ湖にある、水上集落Ganvie(ガンビエ)へ。以下の説明は、またIFEより拝借。

アイゾ人という民族が集落を形成し、なんと人口は4万5千人という!1717年頃から、奴隷になるのを恐れて湖上に住み始めたらしい。多くの人は漁で生計を立てている。家はもちろん、学校、病院、警察、銀行も全て水上で、アフリカのべネツィアとも言われている。

ファンキー野郎がガイド!

ちびっ子は水に落っこちないか心配だ、、!

サンタ帽が特徴的な漁師少年、船の上に小さ〜い魚がとれてる

↑ 陸へと向かうガソリン調達船、黄色いのは全てガソリンを入れるポリタンク

↑ こちらは地下水を配布する給水所、真ん中の青い服を着たオジさんが右手にホースを持ち水を入れてる

羊も水上生活

モスクもある

美容院だって。こちらは女性用

そして男性用

手作りの帆が付いてる船も

べネツィアは島のようなスケールの海上都市だが、こちらガンビエは建物単位で水上に浮かぶその名の通り水上集落で、がぜんワイルドだ。似てはいないが、どこを写真に撮っても絵になると思わせる点は共通しており、満足度大でした!

Keep on Rolling.

I’m in the Magazine!

スペインのバイク雑誌

『MOTO CLASICA』

http://moto-clasica.com

が、自分の旅を5ページに渡って掲載してくれました。

Madridで三週間骨休めしていた時のインタビューだったから、寝ぼけた顔してるけど笑

とりあえずタイトルの

¿Desde Japon? は、

日本から、、、だと!?

的な意味として、それ以外は何て書いてあるかわかりません。そのうち訳してみよう!

この記事を書いてくれたAngel(アンヘル)はビンテージバイクのレストアもやっていて、ガレージには古いトライアンフやらドゥカティやらノートンやらが転がり、昔のポスターが貼ってあり、果ては1930年代の修理マニュアルまで登場!

タイムスリップしたようなとても楽しい場所でのインタビューだった。

Angel(アンヘル)、そして仲立ちしてくれたAlfonso(アルフォンソ)、

Muchas gracia—s!!

I got Angola visa,thanks to special help by embassy!

6 April 引き続き今回もビザネタです。前回取るのが大変と書いたAngola(アンゴラ)のビザだが、今いるGabon(ガボン)の首都Libreville(リーブルビル)にて入手できたのだ!!!ここで取るつもりはなかったのに想定外の大ラッキー、めちゃ嬉しかったので書き残したい。

アンゴラは石油やダイヤモンドなどの天然資源の宝庫で、それらの輸出が主力産業で観光業に力を入れておらず、むしろ資源を搾取されぬよう外国人には来てほしくないらしい。こういった取得が厄介な国のビザは、申請時に自国の大使館からアンゴラ大使館宛てへの「怪しい者ではござませんのでビザを出してあげてください」という内容のレター(Recommendation Letter / 推薦状)が求められる。まずCameroon(カメルーン)の韓国大使館(俺は韓国籍なので)にてレターの作成を依頼したが、「ここでは作ったことがない」と言われて断られた。

強敵のアンゴラビザだが、Congo(コンゴ)のポイントノアールという都市なら取得しやすいという旅人内情報があり、俺もここで取得する計画でいた。コンゴには韓国大使館が無いので、その手前のGabon(ガボン)がレターを手に入れるラストチャンスになる。がしかし、ガボンの韓国大使館へ行くとタイミング悪く、「今は大使がバケーション中でいないから何もできない、3週間後に来てください」と言われる、、、!まいった。ここでそんなに待つと先の国々のビザ期間を侵食し、全く余裕がなくなってしまう。「ビザの都合で待てません」とお願いするも、「どうしようもない」という返事しかもらえず、さらに「レター無しでも取れるはずだ」と言われる始末。一応アンゴラ大使館へ行ってみるが、「ここではビザは発行できない、コンゴ行けや」と一蹴されて終わった。

翌日も諦めず朝から韓国大使館へ行く。変わらずの反応だったが待ち合いスペースに居座り、必死なことをアピールし続けた。すると、、!昼過ぎになったが、こちらの気持ちを汲んでレターを作ってくれたのだ!しかもそれだけで終わらず、職員の一人のMichel(ミシェル)が「コンゴじゃなくてここでもらえるよう我々から交渉しよう、君の手助けをすることは我々の任務だ」と、一緒にアンゴラ大使館へ行き直談判までしてくれた、、!一発大逆転、ピンチが一転して大チャンスへと変わった!

強力な援護射撃をしてくれた、右のMichel(ミシェル)と左のLilian(リリアン)。リリアンは何と大使館のデータが入ってるUSBメモリまで俺に貸してくれた!笑

日本のルールでは難しいであろう、彼らのこうした手厚いサポートのおかげで、信じられない流れでアンゴラビザが手に入った。まず、そもそもガボンでは発行できないと言われていた。また、通常ならば申請の際とても面倒で膨大なペーパーワークを課される(ポルトガル語で記入しなければならない自己推薦書とか)はずが、書類一枚書くだけで終わった。そして発行までに2〜3週間待たされるのが普通のところ、わずか4日間で手に入れることができた。。とにかく本当にラッキーだった!!

アンゴラ大使館内にて期待とともに待つ

そして晴れてゲットー!

これによって抱えていた大きな不安が一つ消え、南アフリカへと通じる道が開けたような感覚を得た。もちろんまだまだ道のりは長いし、安全面への不安は尽きない。しかし、何となく先が明るくなった気分で心も軽くなった。

日本を出てからこれまでの間、ず〜っと前に進むことばかりを優先してきた心に、遠くではなく足元を見ることに時間を使おうという余裕が生まれた気がする。これを機に頭の使い方も少し変えて、これまでとは違う角度からアフリカと触れ合えればと今思っている。

Keep on Rollig.