DAYDREAMER

この2~3年間で、世界史に残るレベルの新型ウイルスパニックと戦乱が発生し、世界が激震している。あと半年もすれば両方とも終結し、世の中落ち着くはずだ、、、とか考えていない。むしろ新しい大きな問題があといくつか発生する気がする。そういうタームに入っている気がなんとなくするのだ。

ロシアの石油や天然資源を頼らない覚悟を決めることは、大々的なエネルギーシフトを加速させることであり、人々の常識と行動と日常が激変していくはずだ。いや、そうならないと実現できない。そのためのカギは、日本はもちろん特に西欧諸国がこれ以上の経済発展や便利さ・豊かさを追い求めず、消費型社会から脱却し、バックステップできるかどうか?にあるだろう。俺はそう生きる方向に舵を切っていきたい。

まずはささやかながら、ソーラーチャージングシステムを自作して、電動バイクの充電は100%自給を目指す。同時に、7月末にはガレージを建てている千葉市へと引っ越して、土地付きの住居を手に入れてある程度の食料の自給をはじめる。

本来ならば緩やかに訪れるはずだった変遷が、急激に起こることになる。時代が、歴史が転換するすさまじく大きな潮目が出現していて、その中へと巻き込まれている今。逆らわず、目をそむけたり他人事だと思わずに、むしろ飛び込んで新しい潮流を進む方がおもしろい。

決して悲観はしてなく、むしろどう変化していくか楽しみでならない。過去の延長線上におぼろげながら想像できていた未来は、もう無い。新しく生まれる世界と秩序の中を力強く生きて、できればそれを創り出せる側の人間になりたい。

そんな世界の動きに呼応し、考え込む時間が増えた。空想の読み物も増えた。

これは相当におもしろい。好きな映画のひとつ『ブレードランナー』の原作を初めて読んだ。作者は強烈なイマジネーションとインテリジェンスの持ち主であることが、読み進むほどにビシビシと伝わってくる。
大げさすぎる表現だが、バガボンド終盤の武蔵の気持ちがよくわかるお年頃になってきたので、いまさらながら全巻一気買いしちゃいました。
暴れまくり天下無双の階段を駆け上がったのち、農業に没頭して生きる。日本漫画史上に残る名作は、農業編に突入して全く方向性が変わったのち(バトル漫画から農業漫画になった、、)休載に至る。世間からは全く理解されない意外で異常な結末だが、むしろ共感できる。それほど農業は「生きる」ことと直結し、描きようがないほど大きすぎるテーマなのだ。

やはり、という感じだが。1977年のSF小説と、1998年からはじまった日本の人気漫画を並列する自分の振り幅は、我ながら不思議なものがある。なんでこんなあっちこっちにいけるのか?

でもそれこそが、俺という人間の強みであり個性なのかもしれない。