October 20-23 Russia Georgia Azerbaijan

Oct 20 Russia →Georgia

何だか良い評判(洗練された街並み、治安良し、食べ物良し、物価安しなど)を聞いたので、アゼルバイジャンの前に寄り道感覚でジョージアへ。

ロシアとの国境は山間部にあり、ジョージアへ入るとしばらく登りが続き、雪が積もる中を走る。この日は天気が良くてよかった。

途中、思わず停まりたくなる古い教会などの見所もあった。

キレイな建物が多い便利な都会、首都Tbilisi(トビリシ)へと着く。

Oct 21 Georgia

Tbilisiから北へ約25km、古都Mtskheta(ムツヘタ)をちょこっと観光、のどかなフンイキに癒やされた。

Tbilisiでの二晩を過ごしたHostel「Soul Kitchen」は、客とオーナーで毎日「ダバイ!」(ロシア語の乾杯)を言いまくる、文字通りアツい宿だった。アルコール度数が50%あるジョージアの名物酒「チャチャ」と、5Lのワインボトル(ワインがとても安い)が空になるまで続き、寝たのは朝6時!

Oct 22 Georgia →Azerbaijan

起きた途端に、

「今日もチャチャタイムだろ?」「もう一泊だろ?」

と甘い誘惑を浴び心揺さぶられるも、予定よりも進行が遅れている状況のため、名残り惜しくもこの宿を後にする。

午後からのスタートだったが、ジョージアからアゼルバイジャンへと入国し、Ganja(ガンジャ)というインパクト大な名前の町まで進んだ。

ジョージアもアゼルバイジャンも、正直さほど違いは感じられない。これまでのシベリアゾーンロシアや中央アジア諸国と比べ、どちらも開発されている国という印象だ。国土が小さいから手が行き届くのもその理由に違いない。

Oct23 Azerbaijan

カスピ海に面した首都のBaku(バクー)を見てみたくて、この旅で初めて東へ向かって進む。青空のオーシャンビューロードを鼻歌まじりで気持ちよく走り、約20kmほど手前まで来た時、突然「ブワァーーーン!」と大きな空吹かし音を出した後、駆動力がゼロになった。力無く惰性で進むバイクを路肩に停め降りて見ると、ドライブチェーンが切れていた。

伸びてると知りつつもうちょっと!と欲張って使ってきたが、切れたチェーンが引っ掛かり後輪がロックしなくて良かった。。

携帯していた新品との交換をその場で行っていると、車が停まり、「俺もHONDAのCBRに乗ってるんだ、手伝わせてくれ!」とアンドレという男が降りてきた。チェーンの強力なベッタリオイルで手がめちゃくちゃ汚れるのを気にもせず、明るいノリと笑顔で手伝ってくれるアンドレのおかげで、時間短縮はもちろん凹んだ気分も消してくれた。

そして再び走り出し、無事Bakuへたどり着いた。

ありがとう、アンドレ!

10/15-19

最後に雨の中を走ったのはいつだか忘れてしまったぐらい、9月半ばに中央アジアに入って以降恵まれ続けてきた天気だったが、カスピ海北部に来て久しぶりに荒れた。

10/15は、前日からの豪雨で町のあちこちが冠水したため、動かずAtyrauにもう一泊。スペイン人のJoanと仲良くなり、12月に彼の故郷の村Rosesでの再会を誓う。

10/16 カザフスタンから、この旅三度目のロシアへと入国。ここはカザフスタンの出国検問所から、ロシアの入国検問所まで10kmぐらい離れており(普通は隣接するか少し離れている程度)、しかも道中には別れ道もあった笑 行かなかったけど、先はどこへつながっているのだろう?

こじんまりしたコンテナ作りの検問所では、バイクの登録に雨混じりの強風が吹きつける中で1時間ほど待つ。ロシアを走る上で必要な保険の有効期限が切れているせいか?いや、俺はこの国の適当さを知っている、誰もそんなの見やしない、、、案の定、無事入国!Astrakhanという町まで進んだ。

10/17 この日も雨と強風は止まず、ちょうどバイクのメンテも必要だったので動かず。いつの間にかぶら下がっていた右リアウインカーの取り付け、クラッチの切れが悪くなったためワイヤーテンションの調整、リアブレーキパッドの交換(ピストン側のみ片ベリしまくりのため片方のみ)。とりあえずここまでは深刻な問題は発生していないので、助かる。この先もよろしく!

10/18 カスピ海の西側を南下する。なんだかアフリカっぽいな〜と勝手に思った道を走った。

10/19 ジョージアとの国境を目指して進む。かつて走ったシベリアゾーンは、今にも壊れそうな古い木造住宅をよく見かけ、大地も何だか荒涼とした印象だったが、カスピ海ゾーンは建物も生態系もより豊かな気がした。そんな景色に包まれた道中は、暑くも寒くもない気温にも味方され、素晴らしかった。イスラム教モスクもよく見かけた。

途中のGroznyで見かけた、ロシアでは珍しいチョッパースタイル(国がバカでかいからみな早く進みたいのか、スポーツバイクが多い)のバイカー。ボクサーツインエンジンでBMWのタンクだったから、おおっビーエムのチョッパーはさらにレアだ!と思って話しかけたら、URALとのこと。URALのチョッパーでも珍しいけど。

ちなみにこれはAstrakhanで売ってた、YAMASAKIのバイク笑

ロシアで最後に滞在する町となったVladikavkazは、約13,500km前のこの旅の出発地Vladivostokと似たような景色と雰囲気だから何だか不思議で、そして懐かしくも感じた。

914-16 Bye-bye RUSSIA,Hello KAZAKHSTAN!

9/14 Biyskという町からは南西へ舵を切り、カザフスタンの国境に近いRubtsovskへ。進むにつれてだんだん寒さが和らぎ、乾いたエリアへ向かっていることを強く感じさせた。この町でこれぞアイアンホース!を見つけたので、思わずパチリ。

9/15 約40km先のカザフスタン国境へと向かう。ロシアを出る前にオイル交換をしようと、道中見つけた車の修理屋に一方的な都合だが「廃油だけ捨てさせて、お金払うから」と言ってみるも、「Nyet(ニィェット)=No」攻撃で二軒断られて退散、そうこうしてるうちに国境へ着いた。

ロシア側の検問所に入る時と出国スタンプをもらうまで合わせて一時間以上は待ったが、荷物の検査は積荷をポンポンと二回叩かれて、「ドラッグは入ってないか?」→「No」、「武器は隠し持ってないか?」→「No」とわずか5秒で終わった。

カザフスタンの入国は、パスポートと荷物検査(ロシアと同じくノーチェック)合わせて5分で終わった。なんて楽なんだ〜!!

めでたくカザフスタン入国!して100m進むと、車修理の看板が見えた。そしてNOMAD insuranceという文字も。

ここのマラットというオジサン(写真右)が超いい人で、廃オイルバットを貸してくれて、捨ててくれて、オイルフィルターを洗う灯油をくれた。お礼に!と余っていたロシアのお金を渡そうとすると、「いらないよ!だって今日はこんなに天気がいいんだから!アッラーの神様ありがとう!(ジェスチャーからの推測)」と言い、受け取らない。ならばせめてタバコを!→「いらないよ!2008年からやめたんだ!」ならばロシアのイチャモンポリスに渡さず残った賄賂用ウォッカを!→「いらないよ!!私ムスリム、ムスリム!!」と、彼は心優しき本物のイスラム教徒だった。 マラットに感謝しつつ、この日はSemeyという町に泊まった。

9/16 Semeyから首都Astanaへと向かう道は半分ぐらい工事中で、このような状態でも普通に車を通す。

この日の宿が洗車場も経営していたので、どうせまたすぐに汚れるとはわかりつつも、きっとこんな時しか洗わないから相棒をキレイにしてもらった。これで明日はいつも以上に気持ち良くスタートできそうだ!

9/12-13 この旅2回目のロシアを行く

9/12 「さぁ、ほんの数日だけどまたロシアを走るぜ!!」と、Kosh-Agachという町の宿を鼻息をフガフガさせながら出発したわずか10秒後、最初の右コーナーでリアタイヤがズルッ!と滑った。リカバーして「石かオイルか踏んだかな!?」と思い再び寝かせたところ、今度はズルズルッ!!となった。「こりゃパンクっぽいなぁ。。」と路肩に停めてタイヤを見ると、手で押せるほど柔らかくなっていた。どこかで必ずパンクに遭うと思っていた日が来たのだ。すぐ横の開店前のお店のベンチに荷物を全部置いて、予備チューブとの交換作業を行う。

原因は、小さな小さな針が刺さってた。

外国人が何かやってるよ!と子供達が集まってきたので、携帯用の小型ポンプゆえ100回以上は押さねばならない最後の空気入れ作業を手伝ってもらった。スパシーバ!(ありがとうのロシア語)

ちょっと一息つきたいな、とも思っていたので、この日はアンラッキーデーなのだ!と割り切り、同じ宿に戻ることに決めた。この宿にはキッチンがあるので自炊をしていると、昨日は普通だった宿のおかみさんが入ってくるが、目が明らかにイッちゃってるので、危険を感じて追っ払う。そういえば昨晩、女性の鳴き声やわめき声がうるさく、どの客だ!?と思っていたが、オーナーじゃん。。

その後エディというイギリスからやって来たライダーが泊まりたいと入ってきたので、「おかみさんヤバイよ」と忠告してあげた。モンゴルからロシアを抜けて日本へ行く彼と、互いに来た道の情報交換をガッツリした。また、エディは俺が昨日モンゴル国境を抜けてすぐに会った、俺と同じTT-Rに乗るイギリス人のダニエルとキルギスで会っており、連絡先を知りたがっていたので教えてあげた。「ライダーはみんな家族みたいなもんだな!!」と笑った。

9/13の朝、おかみさんは普通だった。。躁鬱病か何かかな?

Biyskという町まで来る山間部のルートには雪が積もっており、走ってる最中にも雪が降った。もう少し遅かったら通れなかったかもしれない、ラッキーだ。

雪ゾーンを抜けた後寒さでヘコんでいたガススタで、給油している牛(給水だけど)を見て、笑わせてもらった。

あと、こんなのにも。

早ければ明後日にはカザフスタンに入ります!

8/28 モンゴル大使館に現れた男

金曜日に言われた通り、9時にモンゴル大使館へ行くと10時からだと言われる。すでに2日と半日待っているので、1時間ぐらいで腹立たない私に仕上がっている。とりあえず宿に戻り、朝食をとったりタイヤの空気を入れたり朝やれなかったことを済まし、9時55分に再び訪れる。

先客の女性がいたのでモンゴルビザをとるのか聞くと、そうだと言い英語が話せた(ロシア人はほとんど英語が話せない)ので、この人に従いメインエントランスでは無い横の入り口から申請窓口に進む。一人だったらここすらわからずにいきなり右往左往しただろう。。書類を書き終えて提出しようとした時、ヨーロッパ人の男性が現れて彼女にビザはいくらか尋ねたが、知らないせいか返答に困っているように見えたので、「今日の午後ほしいなら70ドル、水曜日でいいなら30ドルですよ」と教えると、お礼の後にどこから来たのか聞かれた。「日本からバイクで来ました」と話すと彼は満面の笑みになり、「素晴らしい!俺もバイク乗りで、パリ·ダカールラリーに4回出たんだ。バイクで2回、車で2回だけど」と返された。。!

「世界一過酷なラリー」と称されるパリダカは、尊敬するバイク冒険家で、幸運にも7月までその下で働くことができた風間深志さんが過去二回出場しており、その三男の晋之介さんも今年出場したので、その意味で親近感がある。年齢的に風間深志さんに近いようにも見えたので、もしかしたらと1982年=風間深志さんが日本人として二輪部門初出場を果たした年は?と尋ねると、「俺もパリダカにいたし、日本人がいたのを覚えているよ!」と。。!まさかロシアのモンゴル大使館で、知り合いを知るスペイン人に出会うとは!

彼の名前はAlfonso Victorといい、アフリカはもちろん南極含めて世界中を旅した経験を持ち、今回もとりあえずロシアとモンゴルをブラつこうとウラジオストクからシベリア横断鉄道に乗ってやってきていた。彼は待っても構わないから水曜日の発給で、俺は早くモンゴルに行きたいから今日の発給で申請するもビザの出来上がりは今日の17時と言われ、またしても時間ができた。バイクをきっかけにすぐに意気投合したAlfonsoは、「私が知っているヨーロッパやアフリカの情報、そしてオススメの道や場所を君に何でも教えよう!あとバイク見せて」と言った。

この時点で、この日もウランウデに泊まることに決めた。ビザを受け取れる17時まで荷物とバイクの保管場所が無いこと、受け取った後モンゴルとの国境の町キャフタへ向かっても時間的にボーダーは閉まっており宿を探さねばならないこと、ウランウデで泊まってる宿が一泊800円程なので延泊しても痛くはないこと、そしてAlfonsoと少しでも長く話して多くの情報を入手した方が有意義だと考えたからだ。

結局、23時過ぎまで12時間以上ずっと話した。「スペインまで来たら一緒にバイクで走ろうぜ、ヨーロッパ中を案内してあげよう!」と言われ、旅先で何より頼りになる「現地に住む友人」(しかもバイクと旅の達人)をつくることができた!私がモンゴルで滞在する予定の、日本人の味戸さんが営む「OASIS」を紹介したところ彼もそこに泊まろうと言い、ウランバートルでの再会を約束して別れた。

モンゴルビザ待ちによるウランウデでのストップは、結果的にとても大きな出会いをもたらしてくれた。