Turkey’s big memory #1 Cappadocia

ひさびさの更新になってしまった、、反省です。

激アツな思い出ができまくったトルコ編の第一弾は、ベタなカッパドキア観光から。

11/6にイランからトルコへ入国、一気に寒くなった。ノアの箱舟が眠るとされるアララト山や、山頂に神々の巨大な頭の像がいくつもあるネムルト山には訪れず、やはりここは外せないカッパドキアへ11/9に行った。

ド迫力の奇岩たちと、人々の生活が融合した見たことのない景色は、想像以上にすごかった!

岩場の中でのキャンプを考えるも、絶景を楽しめるPanorama Campingというキャンプサイトを見つけて気に入り、ここを利用した。

オーナーのArmetはちょっとRoberto Bajjio風?

この日はたまたま他の客がいなくて貸し切り状態。2週間ぶりにビールも飲めて、ゴキゲンだ〜!(トルコもイスラム教なのでここまでの間の小さな都市では手に入らなかった)

カッパドキアの夕日、夜景、朝日、名物の気球を楽しむ。(気球は乗らずに下から眺めましたー)

そして独特な景色の世界を走る。

行ったら実際そうでもなかった”観光地あるある”も多い中、ここは本当に行って良かったと思いました!

October 31 – November 3 in Iran

イランのイロンな場所を観光した今回は、写真と簡単なキャプションのみで失礼します。

Oct. 31 @Shiraz(シーラーズ)

ステンドグラスの部屋で有名な通称「ピンクモスク」Nasir al-Mulk Mosque

立派なお城なのに門の上の絵がマンガっぽかった、Karim Khan Citadel

Nov. 1 @Shiraz(シーラーズ)→Persepolis (ペルセポリス)→ Yazd(ヤズド)

スゴすぎた、アケメネス朝ペルシア帝国の遺跡ペルセポリス。紀元前520年に建設が始まり、紀元前331年にアレクサンダー大王に滅ぼされて廃墟と化して以来、スゴイからずっと保存され続けてきたらしい。

Nov. 2 @Yazd(ヤズド)

街の風景。

この辺りは、イスラム教よりも古いゾロアスター教の史跡が多い。

1930年代に政府が禁止するまで、ゾロアスター教徒が頂上の穴で鳥葬をしていた、Tower of Silence(沈黙の塔)。骨が。

Nov. 3 @Yazd(ヤズド) →Karanaq(カルナック) →Chak Chak(チャクチャク) →Kashan(カシャーン)と移動した。

古代都市の廃墟、Karanaq

ゾロアスター教の聖地、Chak Chak

October 24-30 Azerbaijan ⇒Iran

Oct 24 @Baku(AZ)

カスピ海の西海岸に面したアゼルバイジャンの首都Baku(バクー)は、城壁に囲まれた小さな旧市街を中心に、最新と伝統をミックスした新市街が発展を続けている、見応えのあるビッグシティだった。

夜は、ウズベキスタンで会った世界一周の旅を3月から続けているユウタロウ君(写真撮り損ねた)と再会し、お互いの旅についてビール片手に語り合った。

Oct 25 @Baku(AZ)→Lankaran(AZ)

天然資源が豊富らしいアゼルバイジャン。大気に触れたガスが自然発火しているYanar Dagと、泥のマグマ Mad Volcanoに立ち寄り、イラン国境に近い町Lankaranに泊まる。

Oct 26 @Lankaran(AZ)→Astara(IR)

宿の駐車場でオイル交換をさせてもらい、オーシャンビューの気持ち良い道を経て、国境へ。

アゼルバイジャン出国に1時間半、イラン入国に3時間ほどを要した。最近はこの待ち時間も滅多に味わえない貴重な体験と受け入れてニコニコで過ごせるようになっているが、イランはボーダーとポリスのオフィスを何度も往復させられ、またバイクの輸入手続きをする建物が500mぐらい離れた超わかりづらい場所にあったりと、かなり疲れてしまった。

ので、ボーダーを越えてすぐのAstaraでストップ。

Oct 27 @Astara (IR)→Qazvin(IR)

これまでの8カ国の道中には無かったハイウェイが出現(タダにしてくれた)、サービスエリアやETCゲートもあり、周りには紅葉した木々も見られ何だか日本の道を走ってるような気分になったのがおもしろい。インフラの整備状態から、とても発展している国だとわかった。

Oct 28 @Qazvin(IR)→Isfahan(IR)

特に名所旧跡が無い単に大都市で、渋滞がハンパない首都Tehran(テヘラン)には寄らず、見所多しと言われるIsfahan(イスファハーン)へ。

夜の街は活気に溢れ、歩くだけで楽しい。それにしても、あらゆる道路や小道に至るまでビッシリとお店だらけなのには驚いた!街全部がアメ横みたいな感じだ笑

そして車もバイクもとにかく多く、そこかしこに停まっていた。

Oct 29 @Isfahan(IR)

レンタサイクルで街を巡る。

有名な広場やモスクも良かったけど、郊外の小高い丘の上にあるゾロアスター教の古代寺院跡Fire Templeが一番おもしろかった。

Oct 30 @Isfahan(IR)→Shiraz(IR)

この国はいろいろ見たいので、ほぼ縦断して南部の歴史ある街Shiraz(シーラーズ)を目指す。

緑が多かった北西部と違い、景色は赤茶けた大地へと様変わりしいく。